[TRI] Total Renovation Institute Clear GIF 新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225 


新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています
トップページ

【「ワタナベ式問題解決へのアプローチ」ご利用案内】



2017年4月14日全面的更新(2018年4月15日更新)   

                     もくじ
斬新な着眼に基く創造力注入にご期待ください
情報収集が容易になった。にもかかわらず、立ち往生状態から脱出できないセクターが多いのはなぜか?
  諸悪の根源「創造力欠如」の払拭に結びつくQ&Aがあなたを待っている
  あなたの潜在脳力は全面的に引き出される
新創業研究所が提供するサービスの全体像
独自のプロジェクトの必要性を示す例1:渡辺高哉が主導する集団議論
独自のプロジェクトの必要性を示す例2:ときめき感ある仕事にするためのQ&Aサービス
用意されているサービスの選択肢
ぶっつけ本番のQ&Aで各種悩み事相談に応じることも可能です
  新創業研究所が提供する一連のサービスには主宰者の4脳力が反映されています
  営業時間
  サービス提供の手順
サービス提供体制の確認
6 各人(社)各様の潜在脳力引き出しが最優先の投資案件になった
世界経済が不安定なのは、リーマンショックの根本的原因が放置されたままだからだ
  日本経済に成長余力がたっぷりあるか否かは創造力の肝「現実直視力」次第だ 
  日本経済の成長余力引出しの鍵は人間理解のあるべきスタンスを持つことだ
7 「電話での悩み事相談は邪道」は極めて短絡的な見解
8
「悩み事相談は電話でもOK」の証明に役立つコンテンツ集

Google Chrome でご覧になっている方へ
バージョン:56以降フォントがMSPゴシックからメイリオに変更されました。このためレイアウトが崩れたり読みにくくなりました。以下の方法で元に戻すことができます。

Google Chrome の「設定」→「デザイン」→「フォントをカスタマイズ」→「標準フォント」と「Sans Serifフォント」をメイリオからMSPゴシックに変更する


斬新な着眼に基く創造力注入にご期待ください

情報収集が容易になった。にもかかわらず、立ち往生状態から脱出できないセクターが多いのはなぜか?

当たり前化している横並び人生が創造力を培う機会を奪ってきた(理由1)

 問題解決の知恵を提供すると、「実によく勉強していますね。そのアイディアをどこで見つけましたか?」という人が少なくありませんが、今はそんな楽ちんな時代ではなくなりました。世の中が成熟・複雑化したために、真実は深く深く潜在するようになったからです。

 だから、多くの経営者は「社員から役に立つアイディアが出なくなった」と嘆くようになったのです。人間を取り巻く環境が複雑になったので、生物学モデルで患者を診断できなくなったために、うつ病は多くの精神科医の手に余る病になったのも同じことです。(関連記事 ⇒ 『専門家初め日本人に潜在しがちな弱点複雑時代における専門家の陥穽少女を翻弄した精神的視野狭小症の有名医師等の現実直視力欠如症候群 』)

舵取りをしても陳腐化した枠内思考にしがみついているので、努力は決して結実しない。場合によっては悲惨な結果を招く(理由2)

 陳腐な枠内思考にしがみついた状態で努力する先には、セウォル号悲劇の元凶「合成の誤謬」、便益を生まないどころか膨大な損失を招く臨機応変の全体知欠如症、更には人生・経営の台無しが待ち受けています。

窮地脱出を可能にする斬新な着眼が思い浮かばない(理由3)

 「職業別電話帳があれば、新規事業開発は簡単だ」と豪語する経営者が昔いましたが、そういう時代は完全に終わりました。過去の延長線上に新成長機会が存在しない時代になったからです。(関連記事 ⇒ 『構想力・独創力を身につけることを最優先させよう!』)

  (2015年1月31日のTwittter)  
ピケティ著『21世紀の資本』は「環境不適応の教育→成長の限界」と解すべし。世界史は「新成長機会が顕在→凡人でもOK→資本主義順調」から「新成長機会が深く潜在→凡人ではNO→資本主義不順調」になったのだ。潜在事象発掘力を急いで強化しよう!http://www.trijp.com/index11.shtml

 上記したことは人生や人間関係にも当てはまります。「なんとかしなくては」と思っても過去の歩みを生かす斬新な着眼がないと、努力は空回りしてエアーポケットの中をもがくが如き状態になるからです。(関連記事 ⇒ 『斬新な着眼なくしては活路が開拓できにくい時代になった

ロックイン状態の習慣が新しい行動を粘り強く採ることを妨げる(理由4)

 窮地脱出を可能にする斬新な着眼を入手できさえすれば、万事OKとなるでしょうか? 「否」です。長年の習慣が災いして新しい行動は緒に就かなかったり、緒に就いても長続きしない場合が殆どだからです。過去の延長線上を歩むことでOKの時代には自動反応を可能にする習慣は好都合でした。ところが、新しい行動を採る場合は大きな障害になることを認識しなければなりません。

 (関連記事 ⇒ 『各人各様の“小宇宙”を洞察した対策の必要性マジカルパワーを持つ会議などの手法を開発して次々と驚異的な成果を挙げた』)

臨機応変力が不足しているので、環境変化に適応できない(理由5)

 窮地脱出策に 「かくかくしかじかである。したがって、かくかくしかじかの行動がベストである」という論理構成がある + (心に火が点いた状態が維持されている ⇒ 現実直視力がある) ⇒ かくかくしかじかになった。したがって、かくかくしかじかの行動に変更しなければならない──、という図式が実現していない場合が殆どなのです。

諸悪の根源は「自分を正しく認識していない」。その結果が「自信を持つことができない ⇒ 舵取りをせず漂うように生きる ⇒ 性格を乗りこなす効用が得られず、性格に振り回される弊害が生じる」の図式になっている(理由6)

 自分を正しく認識しない人生は「難問に真正面から取り組まない ⇒ 試行錯誤を厭わず粘り強く思考することをしない ⇒ 脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身につかない ⇒ 鋭い直観回路に基づく果敢な行動とは無縁になる ⇒ 絶好の好機が素通りしたり、深刻な危機に襲われたりする ⇒ 人生・経営を台無しにする」という図式の犠牲になりやすいのです。

諸悪の根源「創造力欠如」の払拭に結びつくQ&Aがあなたを待っている


 

 企業経営・人生の長期閉塞や人間関係における深い亀裂の根本的原因を洞察し、Q&Aで創造的解決を誘導する。この脳力は日本一…と自負しています。

  (2017年10月1日のTwittter)  
「五里霧中。漂うのではなく舵取りが必要。無力化した経験則に代わる知見を入手したい。豊富な情報の前でお手上げ」となっているセクター多し。コンサルは「先端的知見収集・整理+診断→適切な解決策選定→ピンポイント力欠如」。創造力注入を急ごう!
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml#takaya-tokugi
   2017年11月10日のTwittter
OnlyForYouの創造的問題解決策共創が可能になるのは「あなたの悩み吐露→(私共が重大な盲点指摘→あなたの習慣の鍵解除)+私共はあなた固有の“小宇宙”認識→斬新な着眼注入の容易化→あなたは陳腐化した枠内思考から適切な枠外思考に転換」故だ。
http://www.trijp.com/profile/index.shtml#individuality
(関連記事 ⇒ 『各人各様の“小宇宙”を洞察した対策の必要性』)
  (2017年12月20日のTwittter)  
最近増加の医療現場「(世の中複雑化→病の原因複雑化→治療方法特定困難化)+医師の脳力・時間的制約→医師は治療方法の選択肢提起→患者はぶら下り習慣が災いして選択肢選定のために必要な質問が不可」。悩み事相談も同じ。深層事象発掘Q&Aの意義有。
http://www.trijp.com/abe/abe5-1-3.shtml
  (2017年1月10日のTwittter)  
永井千彩希さんがドボジョになったは「(先行き不透明→確かな達成感希求)+(2週間の3K現場体験→トンネル貫通最後の壁をポン→差しこむ太陽光に感動)→繰り返しの快が生き甲斐に」故だろう。苦労の先に光明が待っている創造力注入を受けよう!
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml#takaya-tokugi

あなたの潜在脳力は全面的に引き出される

  「ここに新創業研究所が提供するサービスメニューがあるのだ」となるのでしょうが、五つの問題点が思い浮かびます。克服できるでしょうか?

  必要とされる創造力にまったく自信がない ⇒ 渡辺高哉の特技にお任せください
  必要とされる脳力進化に自信がない ⇒ 多くの場合、脳力の98%は潜在したままなのです
  挑戦の心理的壁を乗り越えることができない ⇒ 意欲満々になるための定石があります
  類例なき革新的方法なので、不安がある ⇒ 問題解決策は共創であって、押し付けるのではないのが基本。したがって、円滑な意思決定ができる(展開されるQ&Aの詳しい事例 ⇒ 『真空機器振興ビジョン創造的問題解決の源「悩み事の根本的原因解明」の勧め』)
  自信満々だが、格言「餅屋は餅屋」をどう考えるのか? ⇒ 脳細胞間の円滑なネットワーキング力は万全ですので、Q&Aを際限なく続けられる超深層学習AI機能を提供できます(関連記事 ⇒ 『新創業研究所代表が超難問解決の達人である根拠』)

 世俗的幸せを捨てて総合的創造的脳力を極めつつある渡辺高哉の執念が上記「五つの問題点」を克服するのです。だから「諸悪の根源『創造力欠如』の払拭に結びつくQ&Aがあなたを待っている」と申し上げているのです。


新創業研究所が提供するサービスの全体像

 私共のサービス提供のあり方の理想は、トップページに紹介してある講話(動画)とその前提となるコンテンツのリンク先を踏まえて独自のプロジェクトを発想し、注文して頂くことです。プロジェクトの進め方、費用などは相談の上、決めさせて頂きます。

独自プロジェクトの必要性を示す例1:渡辺高哉が主導する集団議論
 仕事探しの今昔と未来を考えてみましょう。過去の延長線上に未来がある時代は職種で仕事を探すことができました。しかし、今はそうではなくなりました。「市場成熟の度合いが進展している ⇒ 企業間競争の厳しさの度合いが増す一方である ⇒ 製品・サービスの氾濫度合いは増す一方である ⇒ ありきたりの製品・サービスは売れにくくなった」となり、 企業成長の鍵は深く潜在している新成長機会の発掘力になったからです。

 「一流企業で開発部長や営業部長に上り詰めた」だけでは「新成長機会が顕在化していた時代の実績にすぎないのではないか」、「一流企業で経理部長に上り詰めた」だけでは「銀行との長い付き合いや決算の達人としての実績に過ぎないのではないか」となるかもしれないからです。

(理由1) 時代はどんどん様変わりしている

(関連資料 ⇒ 『和を重んじれば存続できる。この時代は終わった日本人に多い「0、1」判断しかできないと、深層強化学習AI時代に呑込まれる。そうならないためには、「学問力・発想力の抜本的強化→ピンポイント力入手→Q&Aによる創造的問題解決策引出し」という図式が必要不可欠

(理由2) 垂涎の的は未来開拓力の持ち主になった

(関連資料 ⇒ 『経済の好循環実現は今でも可能。これを阻んでいるのが超長期間続いた学歴等の表層的実績偏重である

(理由3) 専門知識より遥かに大事な脳力がある

(関連資料 ⇒ 『第4次産業革命を生き抜くためには脳細胞間の円滑なネットワーキング力を身につけなければならない』)

 したがって、ハローワークでは適切なマッチング(採用側vs被採用側)はほぼ不可能です。人伝は不正抑止では効果がありますが、上記の理由1・2・3への対応は困難な場合が殆どです。そこで、提起するのが「渡辺高哉が主導する集団議論」です。期待値は「集団議論のビデオ録画 ⇒ YouTubeにアップロード ⇒ リクルート担当者から人物を特定して問い合わせ」です。

 この集団討議への参加は貴重な副産物を生み出す可能性があります。なぜなら、時代が要求する「調査と構想・独創を並行できるQ&A」のノウハウを実践を通じて学べるからです。

 この「渡辺高哉が主導する集団議論」をプロモートしてくださる企業・地方自治体・個人を募集しています。費用・場所・運営方法・時間などを相談させてください。→営業時間。ご要望「渡辺高哉の会話力を電話で試したい」への無償対応OKです。集団議論のテーマは下記のサービスメニューをチェックリストに用いてお考えください。「窮地脱出に役立つ知恵集── 知的アクロバットの具体例 ──」から選んでくださっても結構です。

 特定人物の言動の謎解きをして、行動期待値を引き出したい。ついては「クライアントにとって役立ちそうな資料あるいはドラマを選定・送付する ⇒ 私共が分析する ⇒ 私共の分析結果に基くQ&Aをする」ということをやって欲しい。こういう要望に応えることも可能です。(この面での私共の力量 ⇒ 『“各人各様の小宇宙”の洞察が不可解な言動の謎解きを可能にする人生・仕事・人間関係の問題解決者の思想紹介』)


独自プロジェクトの必要性を示す例2:ときめき感のある仕事にするためのQ&Aサービス
───  今の立場を適切で好きな道にして努力継続力を身に着けよう! ───
 ニーズとシーズの際限なきマッチング等、仕事を理想的に進めるための方法が分かっている ⇒ (フェイル・ストーリーが自分で想定できる ⇒ 予測制御できる ⇒ 安心して仕事に取り組める ⇒ ストレスが溜まらない) + (適切に自己研鑽できる ⇒ 自分の仕事能力が進歩し続ける ⇒ 自分のことが好きになる一方である)、──── この図式が実現できている状態がときめき感のある仕事です。

  (2017年10月4日のTwittter)  
日本の企業は「過去の延長線上でOK和気藹々重視→創造力発揮困難+長時間労働」となりがち。期待値は「明確な目的意識の下で仕事→眼窩前頭皮質の活性化→内発的動機に基づく意思決定力・計画性引出し→創造力発揮」。これこそが働き方改革の目的だ。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-2-6.shtml
  (2018年1月2日のTwittter)  
日本の特徴「高い技術(教育水準)はある。ないのは変る勇気」は、多くの企業と個人にも当てはまる。政府の「教育無償化と生産性向上」は碌なことにならない「子離れしない親」と酷似。注力すべきは「イノベーションのロジック注入→潜在脳力のフル発揮」だ。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml#kfs-of-watanabeshiki

  渡辺高哉の仕事歴の初期(安宅産業時代)は必ずしもこうなっていませんでした。新しいビジネスを創ることに成功しても、ビッグプロジェクトをものにできませんでした。スモールプロジェクトの成功を積上げても、ナンバーワンの三菱商事との業績格差は拡大する一方でした。

 ビッグプロジェクトをものにできなかったのは当然の帰結です。なぜなら、行動期待値を引き出すための合理的説明がなかったので、社内外の協力を引き出すことができなかったからです。

 男芸者のような先輩を批判して「商社マンは企画で勝負すべし」という主張は生意気だったのです。この反省とその後の経験を踏まえて提唱するのが3ステップ・アプローチです。

私共は今就いている仕事の実態を認識するために、「どのような失敗をしたことがあるのか?」「失敗を未然防止するためにはどうすべきだった…と反省しているのか?」「どのような成功を収めたことがあったのか?その理由は何か?」「どんな不満があるのか?」をあなたから聞き出す。(の前に記憶を整理し、その結果を私共に書類にして予め提出した上で、に臨んでください)

仕事を理想的に進めるための方法並びに性格と歴史的立場の洞察を目的として、の書類に基いてプロフェッショナルQ&A深層事象発掘型Q&Aを粘り強く行う。必ず録音してください。

  の結果を総合的に考察して、あなたの性格と歴史的立場に合致するような仕事を理想的に進めるための方法を設定する。

 深層事象発掘型Q&AやプロフェッショナルQ&Aサービスを予約した日時に提供させて頂きます→目的達成の手順と費用の資料分析費用「手取り5万円」は含まれていません。は別扱いですので、相談させてください。(の結果である録音を繰り返し聞けば、必要なくなる可能性大です)

ときめき感のある仕事にするための別の方法もあります
  (2017年12月28日のTwittter)  
変化を乗り切りたければ、「魅力的履歴書を創る→わくわく感が生れる→半歩踏み出す勇気が生れる→斬新な着眼を入手して夢を持ち、追い続ける→問題意識が旺盛になる→現実直視力が抜本的に強化される→危機回避&好機獲得が可能になる」となることだ。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml#CreativeResume

 サービスメニューにないし、「渡辺高哉が主導する集団議論」や「ときめき感のある仕事にするためのQ&Aサービス」でもない助力をして欲しい…ということがありましたらお問い合わせください。遠慮無用です→メール


用意されているサービスの選択肢

 上記したような独自プロジェクトでない場合は、サービスメニューを選択してください。サービスを受ける際の心構えに資することができるTwittterを紹介します。

  2017年11月9日 のTwittter
新創業研究所の利用が創造力注入に結びつくのは「サービスメニュー熟読→問題の切り分け→解決すべき問題の明確化(五里霧中状態から脱出)→眼窩前頭皮質の活性化→超深層学習可能なQ&Aの効果的実施→OnlyForYouの創造的問題解決策が身につく」故だ。
http://www.trijp.com/#watanabeshiki

業績低迷打開・赤字解消をして成長路線に乗るためにどうすべきか?── 現事業強化と成長分野進出の同時実現だ ──

イノベーション力をプロジェクトチームに一気呵成に注入できます

家族間亀裂解消・婚活の秘策 ── 精神的視野狭窄症が窮状の源。最善策は性格乗りこなし ──

電話でQ&A繰返し→家族間亀裂解消・婚活の核心を突いた知恵入手→仕事力もアップ

難交渉成功支援── 相互利益創造が難問解決を解決します──

悪循環「進取の気性喪失→不安の募り→進 取の気性喪失→台無し人生」と無縁を可能にする若々しい脳力復活 (若返り) 支援

新時代の成功の鍵「求心力と自信力」を同時に抜本的に強化する魅力的履歴書の創造支援

日本人に潜在しがちな弱点の払拭&活路開拓の必須条件「斬新な着眼力」の強化する脳力増強型の日記分析指導

相談者が提出する資料に基づくQ&Aで悩み事解決を誘導するその他の手法

 成長の限界打破の決め手「人間洞察による誤解払拭」の趣旨は、企業経営にも必要不可欠になりました。ところが、短絡的に貼られた(自ら貼った場合も含む)心理的レッテルにより羽ばたきの自由が奪われ、埋没している人間と企業が多いのが実情です。この打開のためのイメージ刷新支援
先行き不透明度増加時代異変待ち受けの可能性拡大」「変革期に必要不可欠な斬新な着眼力を日本のエリート(勝ち組)に期待しにくい」を念頭に置いた負け組の逆転勝利誘導 

雑多な情報を独創的構想に大化けさせる脳力を駆使して社内埋没資料から業績拡大策創出

内発的動機に基づく意思決定力・計画性を相談者に身につけて頂くためのQ&Aサービスから始まる新しい分野・製品・サービスの開発成功支援

御社内に深く潜在している知見の洞察・体系化などによるコンサルティング・セールス力の抜本的強化支援

Q&Aだけで悩み事解決を誘導する「お勧めの手法」

斬新な着眼で人生史・仕事史を分析する→磨くに値する脳力・能力を見つけ出す→新しい人生・経営の指針を提案する」の3ステップからなる新創業支援
「あなたの生き方(御社の経営方法)が環境に合っているか否かが人生(経営)の順調・不順調を決める」という考え方に立って、斬新な着眼の下に粘り強く考えて窮地脱出を誘導するポジショニング手法
深く潜在している新成長機会発掘のための提案書や企画書の作成指導
「(先行き不透明度増加時代異変待ち受けの可能性拡大)+習慣の壁の存在→小が大を制する鉄則「先手必勝」の可能性拡大を念頭に置いた戦略発想力強化塾
重大事決行時の“転ばぬ先の杖”になるプロフェッショナル・シミュレーション
「提起されるアイディアは、あなた(御社)の現場感覚と持ち味を見抜くための絶好の材料になる」という考え方に立って、斬新な着眼の下に粘り強く考えて最善策創出を誘導するプロフェッショナルQ&A

  (2016年8月28日のTwittter)  
真面目人間・企業がエアーポケットの中をもがくが如き状態になっているのは「一定方向での長年の努力→それなりに存続→習慣のロックイン→苦境打開のための学問無縁→思考のベース不変」故。知るべきは救いの神「学問力・発想力の飛躍的強化の方法」。→http://www.trijp.com/skype.shtml
 (学問力・発想力の飛躍的強化もサービスメニューの中に入ります。気楽に問い合わせてください)

個人ではなく組織として上記「サービス」を受けたい方→ビジネス・クリニックの受託

サービス提供を中止しているが、参考にして頂きたいコンテンツ
クイックコンサルティング(経営革命人生の重大な岐路選択ままならぬ人間関係打開
引きこもり人生からの脱出・躍進支援
イメージ刷新支援サービス

 ぶっつけ本番のQ&Aで各種悩み事相談に応じることも可能です
 自分のことであれば、どんな質問にも速やかに答える自信があるので、悩み事の種類別に用意した手法の代りに本格的な潜在事象発掘のための執拗なQ&Aサービスを提供して欲しい。こういう要望があれば、願ったり叶ったりです。

 渡辺高哉は目から鱗が落ちる会議力に絶対的な自信を持っているからです。(参考記事 ⇒ 『問題解決型会議の例深層事象発掘の例』)

 受注・失注の原因分析を目的とする「
潜在事象発掘のための執拗なQ&A」を行うことにより某企業を「闇雲同然の営業活動」から「適切な標的市場を適切に攻略する営業活動」に転換させて業績を飛躍的に向上させたことがあります。

 効果を挙げることができるのはビジネスだけではありません。「切望して止まない結婚が前途遼遠になってしまった」「亀裂が入った家族が崩壊の危機に瀕してしまった」「臨機応変力欠如が露呈して人生・経営が危機に陥ってしまった 」場合でも応用可能です。

 (関連記事 ⇒ 『心がスイッチ・オンとなったが故に努力継続力入手となった
結婚難は「自ら心理的レッテル貼り→精神的視野狭窄症→エアーポケットの中をもがくが如き努力」の所産ということもある悪循環の夫婦関係がフィードバック回路を奪った』)

 この場合の費用は手取り5万円/1回当たり90分以内」となります。回数は私共の質問への回答の質次第です。(回答が敏速、かつ適切であればあるほど回数は少なくなります)

 私共のサービスを受けたい方は営業時間&サービス提供の手順をお読みになった上で、仕事の発注をしてください。


 「この種の経験が全くないので、相談者の準備なしの悩み事相談はちょっと無理だし、自分で準備する自信もない。しかし、本格的な 潜在事象発掘のための執拗なQ&Aサービスを受けて手に負えない悩み事を解決したい」という方でもOKです→本人が準備を一切しない丸投げをした場合の作業手順。但し、私共の負荷を予測できませんので、それ相応の費用がかかります。


新創業研究所が提供する一連のサービスには主宰者の4脳力が反映されています

知識不足の気づきを可能にする脳細胞間の円滑なネットワーキング力に裏打ちされた総合的創造的脳力を持っています。したがって、会話録音前提のサービス提供であれば、全体知欠如に陥ることは殆どありません
相談者(企業)の歩みから「脱閉塞→躍進」の種を発見できます
雑多な情報を独創的構想に大化けさせることができます
相談者はQ&Aにいつの間にか引き込まれてイノベーションのロジックが注入されます

 (関連記事 ⇒ 『どんな人物が指南役として適切なのか? 刮目して確認すべきは7要件』)


営業時間

相談可能時間 1時間30分以内 (am5時~pm4時、予約前提の年中無休)。 「1時間30分以上の時間を割いて欲しい」となり易いご訪問の場合は所要時間を予め申し出てください。
am5時~11時は電話「029-229-0225」のみ、am11時~pm1時はskype電話「029-229-0225」・ご訪問…のいずれもOKです。
am11時~pm1時の電話サービスは高哉節子で対応することを原則にしている関係上、三者通話可能な電話を使います。したがって、私共に電話がかかってきてから1~2分の準備時間が必要です。このことを予めご了承ください。
「複数の人間が電話会議に参加したい」場合はアールトークEX800等の電話会議システムをお使いになってください。
「遠隔地でも大勢の人が会議に参加できるようにしたい」場合はskypeをご利用ください。スカイプを使った会議の出席者数はプラットフォームやデバイスによって変わりますが、2016年以降最大25人(24人+自分)になりました。(要参照 ⇒ 『イラストスカイプ利用環境の準備』)「スカイプは面倒だ」の方は上記の電話会議でもOKです。
独自のプロジェクトの必要性を示す例:渡辺高哉が主導する集団議論を上記の電話あるいはスカイプを使って行いたい」への対応OKです。この場合は「集団議論の電話orスカイプ録音 ⇒ YouTubeにアップロード ⇒ リクルート担当者から人物を特定して問い合わせ」のための「集団議論の電話orスカイプ録音」にはひと工夫が要ります。
私共との会話は後で繰り返し聞けるようにするために、録音することを強く勧めます。
私共の声が聞き取りにくい場合はその旨を直ちに伝えてください。クライアント側が複数ですと、遠慮しがちになることにご留意願います。
電話「029-229-0225」での問い合わせ・予約申込み可能時間
am5時~pm1時
相談中は電話に出られませんので、悪しからずご了承ください。都合の悪い日時などを記したメールをして頂ければ、こちから電話します。


サービス提供の手順

 あなたの方から「029-229-0225」に電話をする(予約に基づくサービス提供を間近に控えている場合は「改めて電話ください」と伝えさせて頂きます) ⇒ 悩み事の実態をお話し頂いた上で、受けるべきサービスを特定する ⇒ 特定したサービスの疑問点などをクリアーするためのQ&Aをする ⇒ 相談日時を相談して決める

  ⇒ 所要費用を事前に振り込んで頂くために振込指定口座を伝える ⇒ 指定口座に所要費用を振込み、その旨を直ちにメールする ⇒ 私共から確認メールをする(あなたからの振込通知メール到着が土日祭日にまたがる場合は翌銀行営業日以降に確認メールを送ります) ⇒ この確認メールを受けてからあなたの方から私共に連絡する(十分準備をしてスカイプを使って会話をする
o r 電話をする)あるいはご来訪頂く。

 このホームページ上に振込先の口座番号を記載してサービス提供手順を簡略にしないのは、インターネット上の犯罪を防止するためです。インターネット上の犯罪にはウイルスを使ったなりすましもあります。これにも備えなければなりません。そこで、所要費用振込通知に使ったメールアドレスは発注した仕事が終わるまで変更しないようにお願いします。

 なお、相談者の都合で受注した仕事がキャンセルされる場合は入金済みの代金は返却しません。私共の都合によるキャンセルの場合は全額を直ちに返却します。

 スカイプが何らかの事情で不通の場合は、電話で悩み事相談に応じさせて頂きますので、「029-229-0225」に速やかに電話してください。


サービス提供体制の確認

 私共の所在地は「最寄駅:JR常磐線・勝田駅に隣接するひたちなか海浜鉄道・平磯駅」下車徒歩4分。スマイルあおぞらバスご利用の方は停留所・平磯駅北から徒歩1分以内、「くるま ねもと」の斜め前の新創業研究所。住所は茨城県ひたちなか市平磯町414-7。2011年5月に東京都大田区山王から柏市西柏台に、2015年1月に海まで徒歩10分の頭脳活動最適地に引越して ──────

 恵まれた自然環境「オゾン・ミネラル充満の新鮮な空気、豊かな陽光、海岸線の美しい景観、地震に強い地盤(活断層なし)、積雪・台風なし、海近くなのに大津波なし、住民の人柄の良さ」のお蔭で渡辺高哉は所期の目的「脳力大幅アップ」を達成しました。水飛沫を浴びることもある、毎朝50分の特殊歩行訓練も加わり、奇跡的な健康回復・増進を成し遂げることができたのです。

 お蔭様で頭脳は快調。これまでの人生で能率一番の知的生活を送ることができるようになりました→窮地脱出に役立つ知恵集しかし、持久力不足で休憩を入れないと、思考停止。そこで、濃い紅茶と濃い緑茶の間に濃いコーヒーを挟む生活にしたところ長時間連続の頭脳酷使が可能になりました。

 年齢の壁を乗越える秘訣はその他にも色々あります。海岸沿い遊歩道での後歩き等々がそうです。なお、車をご利用される方に来客用の駐車場(2台分)を用意してあります。


 「ローカル線の平磯駅は遠距離過ぎる」と思われるかもしれませんが、えきねっとが教えてくれるように乗車時間はそんなにかかりません。例えば、週日に8時30分上野発の特急ときわ53号を利用しますと、平磯駅に10時29分に到着します。それに終始座ることができますので、時間を無駄にすることもありません。ご訪問を心からお待ち申し上げております。

 悩み事相談のついでに素晴らしい風景と料理を堪能し、かつ貸道具を使って海釣りをしたい方 ⇒ 平磯館。(新創業研究所に近いその他の宿泊場所 ⇒ 平磯地区宿泊施設)。車をご利用の方は真冬を含む一年中楽しむことができる日本有数の観光スポット「国営ひたちなか海浜公園」を訪れることができます。この公園はアメリカのCNNから「日本有数の魅力的観光スポット」と評価されました。

 
                         新創業研究所近くの海岸      

悩み事相談を終了して行動する際の心得
  私共が提起する悩み事解決策は仮説として受け止め、仮説の検証と肉付けをする意識を持って行動するようにしてください。そうすることが人生・仕事・人間関係の達人になる近道だからです。(関連記事 ⇒ 『キャッチャーの言うまま、あるいは漠然と投げるだけでの好投が次回以降の好投に結びつかないのはなぜでしょうか?』)

 具体策としては仮説の検証と肉付けをする気持ちで日記をつけることをお勧めします。様々な気づきが生まれるはずです。この気づきを書きとめる ⇒ 溜まった段階で質問状にして新創業研究所に送る ⇒ Q&Aサービスを受ける──、ということを実行し続ければ、人生・仕事・人間関係の達人に必ずなります。

お互いに秘密を守ることを前提にご相談に与らさせて頂きます。


6 各人(社)各様の潜在脳力引き出しが最優先の投資案件になった

世界経済が不安定なのは、リーマンショックの根本的原因が放置されたままだからだ

 世界経済の実態を見誤ったアメリカFRBによる金利引き上げや中国当局の上海株式市場への不適切な介入などが株価や為替相場の乱高下を招き、世界的需要不足に拍車をかけた。 ──── この通説は世界金融危機の根本的原因を看過しています。この看過は「重大な盲点払拭の怠りは日本の財政破綻に必ず結びつく」にも結びついています。

   2014年11月14日のTwittter
日本経済に赤信号点灯の真因は増税に非ず。世渡り術の様変わり「和に好都合な曖昧模糊→洞察力と知的アクロバット力」への不適応症だ。ここにメスを入れない各セクターの対策は事態悪化を招くのみ。新時代の成功の鍵「潜在事象発掘力」を強化しよう!
http://www.trijp.com/index11.shtml
   20174年4月1日のTwittter
ビーコン未装着等の油断に起因する那須の高校生雪崩遭難事故は、原発甚大事故&新成長機会発掘力欠如と同根。背景に「安定枠組み依存→マンネリ→脳細胞間の円滑なネットワーキング力欠如→未知の既知化脳力欠如」あり故だ。深層事象発掘習慣を持とう!
http://www.trijp.com/index11.shtml
  (2015年10月10日のTwittter)  
欧州での社会民主主義退潮は「新成長機会深く潜在化+イノベーションよりも格差是正重視→経済縮小均衡→貧困促進」の本能的察知故かも。しかし、「景気刺激→バブルとその崩壊→景気刺激」繰り返しは悲劇を招く。最適解は人間の潜在脳力引出しなのだ。
http://www.trijp.com/
(関連記事 ⇒ 『必要とされる人材・取引先は過去と今後では大きく異なる / 老害発生の仕組みからの脱却は企業の業績拡大を可能にする』)
  (2016年10月15日のTwittter)  
日本農業一般の実態「国内販売のみ+少子高齢化→衰退→若者離れ→更に衰退」は「ぶら下がり人生→加齢と共に脳力劣化→新環境下で臨機応変力欠如の露呈→雇用不安・所得増困難」を想起させる。「創造力注入が新成長機会発掘を可能にする」を知るべし。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml

日本経済に成長余力がたっぷりあるか否かは創造力の肝「現実直視力」次第だ

 (2017年12月16日のTwittter)  
現実直視力欠如は命取りになる。養老孟司氏「都市化が進む社会で暮らすと、感覚入力を一定に限ってしまい、意味しか扱わず、(各人各様の)意識の世界に住み着いている」は「思考枠組み陳腐化+環境様変わり→人生の舵取り不適切化」と解すべき故だ。
http://www.trijp.com/chiryoku80/chi01.shtml#rougai

大きな波及効果が期待できる超巨大な公共投資機会がある

 公共投資拡大の罪悪論は「橋の建設は回りまわって消費拡大を生み出し、経済の活性化に結びつくことが期待できにくくなった」等から生まれたものです。(関連記事 ⇒ 『公共投資は大きな経済波及効果を生み出した』)

 公共投資拡大の罪悪論は今も正しいのでしょうか? 「否」です。なぜなら、「日本列島の弱点を克服し、長所を引き出して “日本のされる国際化”を促進する ⇒ 日本列島が世界一の成長ゾーン「アジア太平洋」の最重要拠点になる ⇒ 日本経済はプライマリーバランスを回復するだけではなく、成長軌道を歩み続ける ⇒ 巨額の累積赤字は漸減する」という図式に結びつく 超巨大な公共投資機会があるからです。

  (2015年4月7日のTwittter)  
AIIB不参加。孤立懸念は独創的構想力欠如故かも。超長期採算OKであれば、国内にも成長セクター「弱点補強(雨水直接利用、耐震性強化、電力自給自足建物)→“される”国際化推進→アジア太平洋のNo1拠点→防衛・雇用力増強→人口増加」有故だ。
http://www.trijp.com/heart4-6.shtml
  (2014年9月25日のTwittter)  
脅威は好機だ。(コンクリート社会+束になって長時間降る雨→全降雨が下水に直行→下水から水が溢れて都市水没へ)+税制の優遇措置→貯めた雨を有効利用&省電力の家屋需要急増へ…が一例。新成長機会継続的発掘力を培って不景気無縁経営を勝ち取ろう!
http://www.trijp.com/index12.shtml
  ( 2015年4月21日のTwittter)  
黄金循環下大型赤字国債の目的は「中期経済成長→日本改革のための財源捻出」。「貨幣大増発→資産効果→輸出可能な富裕層向け商品開発」「財政支出→輸出商品開発に結びつく日本列島スマート化投資」等が可能故だ。新成長機会発掘力強化なきは財政破綻。
http://www.trijp.com/index12.shtml
 ( 2018年2月24日のTwittter)  
超金融緩和が期待「円供給過多→円安→(輸出拡大→景気好転)+輸入品価格増→物価上昇→脱デフレ」裏切りは、好循環「新成長機会発掘→所得増→新成長機会発掘」が実現しなかった故。希望的観測は「黒田日銀総裁再選→超低金利維持→第4次産業革命誘導型の公共投資拡大」。
http://www.trijp.com/cts/cts1-2-2.shtml#eternal-growth
 ( 2018年2月25日のTwittter)  
世界的混乱の中での互助体制崩壊傾向は国家主義を必要とする。しかし、「個抑圧→枠外発想抑圧→成長の限界打破困難」となってはならない。社会のシームレス化→個性的才能の引出し→新成長機会発掘促進…となり得る第4次産業革命への期待大。待っているのは全員参加型社会。
http://www.trijp.com/training_camp.shtml#ZeninSanka

新成長機会は積極的平和主義によってでも発掘できる

  (2015年4月29日のTwittter)  
日米新同盟を「軍靴の音がする」と評するのは単純すぎる。自衛隊後方支援の地球規模展開に伴う、治安維持の引受は「武器提供だけではなく、不安定地域の経済振興→深く潜在している超大型の新成長機会発掘→泥舟化した日本経済再建へ」となり得るからだ。
http://www.trijp.com/training_camp.shtml
  (2015年7月8日のTwittter)  
安保法案は「(日米新同盟→TPP拡大→世界の日本活用度増→護憲OK)+(伝統的社会への回帰潮流→超大国押付け困難)→日本が平和ブランド力を活用して世界を牽引→日本経済の生産性飛躍的上昇→財政再建へ」の梃になるかも。戦略発想力を鍛えよう!
http://www.trijp.com/sps/sps-index.shtml
  (2015年11月9日のTwittter)  
中国経済危機と米国金利引上げは日本にとって好機かも。アジア諸国の苦境「対中輸出急減に代って必要な内需拡大が米ドル引上げによって困難」+日銀内滞留の余剰資金→円借款によるパッケージ「インフラ、生産設備、教育など」輸出…が考えられる故だ。
http://www.trijp.com/approach/sfa01-4.shtml
  (2016年1月26日のTwittter)  
安倍外交は巨大新成長機会狙い。日露戦略的互恵関係「NATOの東方拡大→オスマントルコとドイツ侵攻故のトラウマを刺激→対欧州銃口を向ける為のクリミア併合等→欧米から経済制裁を受け窮地→日本による経済開発協力へ→北方領土返還へ」もそうだ。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
  (2016年1月29日のTwittter)  
日本円借款→雇用増狙いのサウジアラビア経済開発→原油で借金返済…に向うべし。サ「原油安→財政逼迫へ/米国と和解のイランがスンニ派扇動→米国と対立→中東混迷収まらず/世界一の原油埋蔵量」と日「デフレ未脱却/日銀に資金滞留」の事情有故だ。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml

新成長機会は人に優しくすることによってでも発掘できる

  (2015年10月28日のTwittter)   
SDGs標榜の「誰一人として置き去りにしない」は「全セクターの相互依存拡充」に結びつくので、世界経済の救いの神かも。しかしながら、働きようがない原因には、自然大災害放置だけではなく「悪しき知覚プロセス」もあることを忘れてはならない。
http://www.trijp.com/approach/sfa01-3.shtml
  (2015年5月1日のTwittter)   
米国の世界警察機能放棄はOK。世界の新潮流は「成長の限界→米国主導の世界秩序維持困難→伝統的地域社会回帰傾向」故だ。企業人は「新成長機会は豊かだが深く潜在習慣はロックイン状態知恵のつまみ食い無効&創造的問題解決脳有効」を認識しよう!
→http://www.trijp.com/approach/sfa03.shtml

日本の特技を深層学習型AIで生かせば、巨大な新成長機会発掘が可能になる

   (2017年5月19日のTwittter)  
モデル思考如き深層学習型AIは、日本企業による巨大な新成長機会発掘を可能にするかも。「世界一の味覚力・改善力・集団力を進化し続けるAIに継続的に注入→外食産業の世界的席巻」が一例だ。海外事業展開の経験が豊かなキッコーマンに注目したい。
http://www.trijp.com/index12.shtml
   (2017年12月6日のTwittter)  
出鼻挫かれ放しの日本国産家庭用ロボットは日本の二段階優位性「人的接触の拘り故の微細表情が撮れるビデオ画像力+深層学習AIの決め手は画像力/ロボットは微細部品の集合体→集団主義が育んだ摺り合わせ力不可欠」を発揮し、世界一になれそう故。
http://www.trijp.com/warsoukatsu/index.shtml

日本経済には成長余力の源「未利用の経営資源」がたっぷり存在している

  2014年9月26日のTwittter
矛盾「消費低迷/将来戦力確保に企業が舵切」は成長戦略の根源「従来型必需品普及/労働予備軍の女性・高齢者&工場以外の低生産性観光超小国対日FDIの遅れ岩盤規制等の未利用財源豊富」故だ。企業人は脳力抜本的強化に迷うことなく邁進すべし。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml
  (2015年10月13日のTwittter)  
1億総活躍社会は「(TPP批准→競争力強化不可欠)+若者がのさばり、かつAIが普及する時代→潜在脳力引出し者増加→加齢に応じて脳力進化生涯現役者増加+生産性向上→社会保障費大幅削減OK→泥舟化した日本経済再建」の脈絡の中で捉えよう!
http://www.trijp.com/heart4-4.shtml
(アメリカの脱退で頓挫中のTPPは日欧自由貿易協定等と置き換えください)
  (2014年11月16日のTwittter)  
ドイツを見習って林業を日本の基幹産業にしよう!(国土の65%が森林+国産木材価格高→木材出荷量激減→間伐困難→山の土砂崩れ)+(自然回帰欲求→木の建物&事務所の木製家具の需要増加)+輸入木材減→国策としての森林産業振興可能…だからだ。
http://www.trijp.com/yts/yts-index.shtml
  (2016年1月23日のTwittter)  
安倍首相は覚醒すべし。経済低迷の主因は「人口増→供給増→消費増…時代終焉/未来開拓力軽視の人事→創造力不足の経営上層部/国民一般のぶら下がり体質→経営上層部への批判精神欠如/人材ミスマッチ大国」にあるのであって、少子高齢化に非ず故だ。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml
 (ぶら下り体質の根本的原因は終身雇用制度が根付き、転職困難になっていることにある。したがって、ぶら下がり体質を国全体で治すためには、政治主導による人間版IoT各人各様の潜在脳力引き出し→インターネットに登録→求人者による検索・人材登用」の実現が必要です)

日本経済の生産性飛躍的向上は、産業の再編成や創造力注入によって可能になる

  (2016年2月10日のTwittter)  
脱・泥舟「日本」に必要なのは「ゾンビ企業・個人の排除→産業再編成促進→生産性向上」。これに役立つのが日銀マイナス金利導入&IoT普及&TPP批准&転職促進。ぶら下りは共倒れ。生抜き策「新成長機会発掘力強化」に必要なのは小さな勇気だけ。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
(アメリカの脱退で頓挫中のTPPは日欧自由貿易協定等と置き換えください)
  (2016年2月20日のTwittter)  
自分を客観視できないと、臍を噛む。折れず滑らかな書き味のチョーク生産を可能にする生産設備などを韓国企業に売却・ 廃業。直後、事業の継承・支援者が続出した羽衣文具が好例だ。岐路選択を誤りたくなければ、情報ゾーンの適切化を絶えず心がけよう!
http://www.trijp.com/daijyoubu/ameba.htm
(情報ゾーンの適切化心がけ欠如が招いた悲劇の他の例 ⇒ 『有名人 (権威筋)の脳力を判断するための事例』)
   2014年5月23日のTwittter
「優良企業にのみ恩恵がある法人税引き下げ、TPP新戦略特区」の背景には「国家財政危機+地球経済→日本経済の生産性抜本的強化不可欠→戦後復興・再建の付けである農業・零細企業等の超低生産性部門の改革」がある。マンネリの個人も覚悟が必要
http://www.trijp.com/index13.shtml
  (2016年2月23日のTwittter)  
野党が言う「出生率目標1.8と保育支援削減は矛盾する」は思考力欠如現象。問題解決シナリオ「廃校と幼稚園稼働率低下放置+保育所不足→廃校内に保育所と幼稚園の併設→保育士脳力増前提の職務拡大→待遇大幅改善故に保育士増」が考えられるからだ。
http://www.trijp.com/kigyo-saisei/page9.shtml

豊かだが、深く潜在している新成長機会発掘の鍵は潜在事象発掘力である

  ( 2017年4月11日のTwittter)  
危険なのは「トランプ経済」ではなく「従来路線で成長・低迷が反映された統計に基く伝統的経済学&枠内思考の企業経営」。今は新成長機会が深く潜在しているので、斬新な着眼に基づくシナリオ発想が必要な時代故だ。生き抜き策は深層事象発掘力の強化。
http://www.trijp.com/index11.shtml
  ( 2017年3月3日のTwittter)  
事業展開シナリオは成長戦略の肝。好例が観光産業の王者を目指していそうなHIS。変なホテルは「ロボット技術の習得→祖業・旅行代理店窓口にロボット設置→ネットワーク化→ビッグデータ駆使の観光相談→観光の隙間市場を続々発掘」に発展可能故だ。
http://www.trijp.com/kigyo-saisei/page10.shtml
  ( 2017年4月14日のTwittter)  
世界経済本格的回復は日本の財政再建に直結せず。海外の金利増→日本の金利増→国債の利払い増→日銀の債務超過→東京五輪後危機の現実化→悪性インフレ&日本全体の夕張市化…のシナリオ有故だ。新成長機会発掘力とIT力があれば資金不足は心配無用。
http://www.trijp.com/index12.shtml

日本経済の成長余力引出しの鍵は人間理解のあるべきスタンスを持つことだ

必要とされる人材・取引先は過去と今後では大きく異なるこのことを肝に銘じよう!

  2015年12月21日のTwittter
 「OECD加盟国中、教育費公的支出最低国・日本」と批判する人は「小説大学はなくても作家になれる」「今最重要なのは未来開拓力」を知るべし。意欲満々になる定石を踏み「様々な事象に疑問を抱く→疑問解明努力をする→創造力が身につく」となろう!
http://www.trijp.com/vision/2-4.shtml
 2015年12月24日のTwittter
 「セオリー通りやって駄目なんだから仕方がない」は負け犬根性。「斬新な着眼の入手→実態の根本的原因解明→長年の閉塞状態から脱出→逆転勝利」の模範となったのは、中国の仙山でアジア選手権を制し、リオデジャネイロ五輪出場を決めた水球男子だ。http://www.trijp.com/w/w-reconstruct.shtml
  2015年1月25日のTwittter
殆どのセクターが混迷状態に陥っているのは「世の中が様変わり→経験則の陳腐化」に鈍感すぎる故だ。「企業経営の世界で必要なコンサルタントは弁護士と税理士だけ」と言う人が少なくないのが何よりの証拠。この認識がない新聞は存続しなくなるであろう。
http://www.trijp.com/hp_digest.shtml
 2014年11月29日Twittter  
適切なアイディア・質問が出にくくなったのは「セクター間の相互依存拡充等→世の中複雑化→好機・脅威が深く潜在化」故だ。難問解決策の熟考→脳細胞間の円滑なネットワーキングへ→斬新な着眼入手→閃き…となることだ。ここにワタナベ式の意義あり。
http://www.trijp.com/
 (アイディアが出されても「ニーズには本当と嘘がある」のを知らず失敗した事業は多い

日本的経営の特徴1~5等までを平等に扱う」はとっくに賞味期限が切れている

  (2015年1月30日のTwittter)  
ピケティ著『21世紀の資本』は「環境不適応の教育→成長の限界」と解すべし。世界史は「新成長機会が顕在→凡人でもOK→資本主義順調」から「新成長機会が深く潜在→凡人ではNO→資本主義不順調」になったのだ。潜在事象発掘力を急いで強化しよう!http://www.trijp.com/index11.shtml
  (2014年8月17日のTwittter)  
資本収益率が経済成長率を大きく上回る時代への逆戻りは「新成長機会深く潜在→潜在事象発掘力不可欠→業績・所得格差拡大」故。企業は「競争促進→“超社員”中心経営→ウルトラナレジマネジメント→有能社員輩出」実現に向けて思い切って舵を切ろう!http://www.trijp.com/approach/sfa02-4-1.shtml
  (2014年8月5日のTwittter)  
岐路の米国「保守とリベラル二極化」(昨日の朝日新聞)は根本的原因解明欠如の見本。新成長機会深く潜在化→凡人無用→民主主義の要「均衡社会」破壊へ…が危機の本質。競争促進→孫悟空如き人物中心経営→ウルトラナレジマネジメント…があるべき対策。http://www.trijp.com/approach/sfa02-4-1.shtml
  (2016年2月7日のTwittter)  
IoT普及は「独創的発想力があれば、怖いものなし」に結びつく。この認識なく「格差問題解決困難化の元凶は安倍政治」云々を続ける野党は方向音痴。統合→政権奪取…は日本没落に拍車をかける。急ぐべきは「創造的統合戦略脱・ぶら下がり体質」だ。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-3.shtml
 (徒手空拳の起業が容易になります。大企業によるサプライ&バリューチェーンの支配力を使った妨害が困難になるからです。一方において、歴史ある大企業であっても新成長機会発掘力が乏しいと、存続が困難になります。いいかえれば、IoTは日本再生の希望の星です)

AIが進化・普及すればするほど格差は拡大する

  (2015年4月1日のTwittter)  
予測「人間の知能を遥かに超えた能力を持つAIが近い将来誕生するのは確実」を前提にしなければならない時代になった。「新技術開発はスーパーコンピューターではNO、特定人のみがOK」を励みにして臨機応変の全体知を可能にする勘を磨き続けよう!
http://www.trijp.com/keizai-saisei/section1.shtml
  (2014年5月26日のTwittter)  
少子高齢化を日本の福音にしよう!「高質労働力の不足→経営の抜本的改革先進国中最低のホワイトカラー生産性是正」が期待できるからだ。急ぐべきは、創造的問題解決を可能にする「調査と構想・独創を並行できる質疑応答」達人の登用・養成だろう。
http://www.trijp.com/skype.shtml
 (2017年12月14日のTwittter)  
異次元新成長機会登場。三大変化「物質文明爛熟→物欲低下/ネット進化→必要情報入手容易/新成長機会潜在→未知の既知化脳力不可欠」+人間の無制限欲求→超人・超楽ちん化需要浮上→AIファースト…故。人脈よりも学問力・発想力の方が重要になる。
http://www.trijp.com/skype.shtml#c7

  日本に限って言えば、「GDPギャップがある」は、「日本経済に大きな成長余力がある」を意味するのです。但し、ぶら下がり体質から脱却しないと、成長余力を引き出すことができず、泥舟「日本」は沈没してしまいます。

楽ちんな人生に耽っている人には没落路線が待っている時代になった

  (2015年1月29日のTwittter)  
世界が混迷を深めているのは「(科学技術の進歩→便利故に動物本能喪失)+世の中の成熟・複雑化→精神的視野狭窄症→新成長機会発掘力欠如→デフレの深刻化」故。処方箋は「深刻な悩み事を解決しつつ問題解決脳入手→潜在事象発掘力強化」となることだ。
http://www.trijp.com/index11.shtml
  (2015年10月31日のTwittter)  
20~60歳代の認知症増加傾向は「(日本的集団主義→場当たり習慣→脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化困難)+世の中が複雑化→遭遇する難問解決困難化→やる気の喪失→思考停止状態の長期化」の所産だろう。難問解決の秘訣習得を急ぐべし。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml

 国政もぶら下がり族排除についに舵を切った

 ( 2015年12月15日のTwittter)  
安倍政権の政策「ゾンビ企業存続困難化→産業再編成→日本経済の生産性向上」は泥舟救済のために必要不可欠。藤井民主党顧問の外形標準課税拡大反対論は全体知欠如症の典型例。頭を良くする方法でもある「新成長機会発掘の秘訣」(動画)を視聴しよう!
→http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
  (2015年10月19日のTwittter)  
マイナンバーTPPには「社会保障費と税負担と国際競争に耐えられぬ企業が続出→古き良き時代が生出した“ぶら下がり族”排除に結びつく産業再編成→先進国中最低の日本経済生産性向上」のシナリオが秘められている。新成長機会発掘力強化を急ごう!
http://www.trijp.com/persona/6-1-6-2.shtml
 (マイナンバー制度効果「簡単に名寄せできる→社会保障費の不払いや脱税摘発が容易になる→低収益企業は存続が困難になる」。これにTPP効果 「ヒト・モノ・カネが域内で自由に移動できる+域内の企業のみに有利な交易条件が与えられる+国の恣意的な判断を抑止するISD条項がある→個人も企業も安心して域内での投資を行える→自由競争がパイの拡大を伴いつつ促進される」が加わると、生き抜くために産業再編成と企業人の脳力アップは待ったなしとなるのです)

 既得権益などの利害が錯綜する上に、習慣の力が働きやすい時代において問題を創造的に解決するためには、上記したようなシナリオ発想が必要不可欠になったことをご認識ください。(関連記事 ⇒ 『難問解決手法「シナリオ発想」力を磨こう!創造的統合戦略』)
  (2015年10月13日のTwittter)  
1億総活躍社会は「(TPP批准→競争力強化不可欠)+若者がのさばり、かつAIが普及する時代→潜在脳力引出し者増加→加齢に応じて脳力進化→生涯現役者増加+生産性向上→社会保障費大幅削減OK→泥舟化した日本経済再建」の脈絡の中で捉えよう!
http://www.trijp.com/heart4-4.shtml
  (2016年3月3日のTwittter)  
安倍首相「同一労働、同一賃金」は、日本経済再生に結びつく苦い良薬になる。労働者の選別加速→AIの普及加速→労働生産性の飛躍的向上…が期待できるからだ。サバイバルに成功したければ、苦境から脱出できない根本的原因を認識した対策を講じよう!
→http://www.trijp.com/approach/sfa03.shtml

努力継続力を身に着けよう!そうすれば、脳力の抜本的強化が可能になる

   2014年9月9日のTwittter
増税が「消費低迷→経済低迷→税収減→悪循環へ」ではなく、「国家安泰→国民安心→前向き人生→経済成長へ」の道になるのに必要なのは、「労働から喜働への転換→脳力進化の継続→新成長機会発掘の継続」の誘導だ。括目して仕事に取り組める秘訣がある。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml
  2015年12月21日のTwittter
 「OECD加盟国中、教育費公的支出最低国・日本」と批判する人は「小説大学はなくても作家になれる」「今最重要なのは未来開拓力」を知るべし。意欲満々になる定石を踏み「様々な事象に疑問を抱く→疑問解明努力をする→創造力が身につく」となろう!
http://www.trijp.com/vision/2-4.shtml

メガトレンドは新成長機会発掘力強化を迫っている

  (2015年10月10日のTwittter)  
欧州での社会民主主義退潮は「新成長機会深く潜在化+イノベーションよりも格差是正重視→経済縮小均衡→貧困促進」の本能的察知故かも。しかし、「景気刺激→バブルとその崩壊→景気刺激」繰り返しは悲劇を招く。最適解は人間の潜在脳力引出しなのだ。
http://www.trijp.com/
(関連記事 ⇒ 『必要とされる人材・取引先は過去と今後では大きく異なる / 老害発生の仕組みからの脱却は企業の業績拡大を可能にする』)
  (2015年4月1日のTwittter)  
予測「人間の知能を遥かに超えた能力を持つAIが近い将来誕生するのは確実」を前提にしなければならない時代になった。「新技術開発はスーパーコンピューターではNO、特定人のみがOK」を励みにして臨機応変の全体知を可能にする勘を磨き続けよう!
http://www.trijp.com/keizai-saisei/section1.shtml

切り札となる脳力「潜在事象発掘力」はその気になれば、強化できる

 2015年1月29日のTwittter
世界が混迷を深めているのは「(科学技術の進歩→便利故に動物本能喪失)+世の中の成熟・複雑化→精神的視野狭窄症→新成長機会発掘力欠如→デフレの深刻化」故。処方箋は「深刻な悩み事を解決しつつ問題解決脳入手→潜在事象発掘力強化」となることだ。
http://www.trijp.com/index11.shtml
 2014年11月29日Twittter  
適切なアイディア・質問が出にくくなったのは「セクター間の相互依存拡充等→世の中複雑化→好機・脅威が深く潜在化」故だ。難問解決策の熟考→脳細胞間の円滑なネットワーキングへ→斬新な着眼入手→閃き…となることだ。ここにワタナベ式の意義あり。
http://www.trijp.com/
   (20174年4月4日のTwittter)  
原発の矛盾「規制をパスすれば、再稼働OK。しかし、安全は保障できない」。プロフェッショナル・シミュレーション脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化→現実直視力強化&体制見直し…が求められる。日本の宿痾対策は新事業開発にも不可欠だ。
http://www.trijp.com/cts/cts-index.shtml#J-chronic-desease


7 「電話での悩み事相談は邪道」は極めて短絡的な見解

 「電話ではなく直接会って話しましょう!」となりがち。ところが、“会議は踊る”現象が後を絶たなのはどうしてでしょうか? 次の図式に陥り易いからです。

 日本的集団主義の影響を受けた人生となっている ⇒ 事を曖昧にする習慣がロックインしている ⇒ 降りかかった難問をその場凌ぎで対処する&/or 異論をぶつけ合うを忌避する ⇒ 脳細胞間の円滑なネットワーキング力が養われにくくなる

  ⇒ 専門家を初め日本人一般の致命的欠点が生れるに至っている ⇒ 相手の発言に潜む矛盾・漏れ・短慮を見抜けない ⇒ 発言を瞬時に詰め抜くことができない ⇒ 問題解決の会議であっても上滑りの会話になってしまう ⇒ 大企業でも意思疎通成功率は精々15%程度となっている。(具体例 ⇒ 『会話にすれ違いが生じている』)

 ここに「相手の表情から言葉で表現されないことを読み取る」ことを可能にする直接面談への期待があるのです。しかし、上記具体例が示すようにこの期待は裏切られがち。そして、この実態は悪化していくことでしょう。なぜなら、電話会議、面談会議のどちらであっても、次の図式が待ち伏せしている可能性が大だからです。

 先行きがどんどん不透明になる。のみならず、セクター間の相互依存が拡充して狂牛病がそうであったように因果関係が分りにくくなる 専門家を初め日本人一般の致命的欠点はそのままである ⇒ 矛盾・漏れ・短慮の度合いが増す。にも拘わらず、発言を詰め抜くことができない。

 しかしながら、私共に関する限りは心配無用です。なぜなら、モーツアルト効果を有するに至った経歴の持ち主「渡辺高哉」は四つの特技の持ち主だからです。

言葉尻を捉えるのではなく、趣旨を見抜いた会話をする。(関連記事 ⇒ 『プロフェッショナルQ&A 潜在事象発掘型Q&A』)

問題の創造的解決に収束できるように拡散と収斂を繰り返す会話をする。(関連記事 ⇒ 『調査と構想・独創を並行できる質疑応答の達人不在が会議を空転させている潜在事象発掘力』)

各人各様の個性的立場の洞察に収束できるように多角的な会話を繰り返す。(関連記事 ⇒ 『各人各様の“小宇宙”を洞察した対策の必要性仕事の達人になれる秘訣『夫婦完全融合』に必要不可欠な性差の認識不足はボタンの掛け違いに結びつくことに納得したい』)

「思考の三原則」を適用したジグソーパズル思考の達人になるための行動指針に基いた人生を送っている。このことが「記憶の体系化を自動的に進めている ⇒ 知的好奇心が常に旺盛である ⇒ 現実直視力が常に維持されている ⇒ 新たな情報に接する度にアイディアが生まれる」という図式に結びついている。(関連記事 ⇒ 『渡辺高哉の人生目標 / 世俗的幸せを捨てて総合的創造的脳力を極めつつある渡辺高哉の執念渡辺高哉の人生目標の成果』)

 (2018年4月19日のTwittter)
筆者の調査と独創的構想を並行できるQ&Aは「世俗的幸せよりもマイビジョン追求重視の人生→問題意識旺盛→現実直視力の継続的強化→世の中を幅広く学問→鋭い直観回路入手→鮮やかに潜在事象発掘成功→繰り返しの快を希求→加齢に応じて脳力上昇→創造的問題解決が趣味化」故。→http://www.trijp.com/index11.shtml

自分の限界を認識しているか否かが外部の助っ人登用の決め手になります


8 「悩み事相談は電話でもOK」の証明に役立つコンテンツ集

 人間の心理は個性的、かつ奥深くて単純明快に片づけることができない男性と女性は根本的に異なる価値観を持っている。こういう人間を理解できる点において人後に落ちない。この証拠として役立つのが下記コンテンツ。渡辺高哉の難交渉成功実績例と併せてお読みください。

  オーム真理教に嵌った林郁夫

    日本人はどんな環境に置かれているのか?
      日本社会の生命力が低下しつつある 
      刹那的なエゴイストに囲まれつつある 
    魔の逸脱世界に吸い込まれてしまうのはなぜなのか?
      無我夢中」になったことが林郁夫に禍をもたらした 
      林郁夫の鬱積した欲求が「無我夢中」に結びついたのはなぜなのか? 
      「無我夢中」にならないと、別の人生の落とし穴が待っている 
     日本人を待ち受けている6種類の落とし穴とその背景
    “蟻地獄”が待ち受けることになるのはなぜなのか?
      心の余裕を完全に失ってしまったからである 
      最期の最後まで素直な行動を採ることができなかったからである 

  孤独の賭け

    物語のあらすじ 
    性格無知が天才型事業家を挫折に追いこんでしまった ― 梯二郎の全てが百子との関係に現れている ― 
自分の才能を頼りに夢を乗せた大胆な賭けをした
大胆に賭けたことはとことん大事にした
自分の思い通りに事を運ぼうとして墓穴を掘った
英気を養うために公私融合の女色をした
  負け組から大飛躍に成功したが、勝ち組の維持は容易ではない
チャンスを呼び込むのに必要な心の準備があった
相手の心を揺さぶるパフォーマンス力があった
自分の可能性追及にとことんこだわった
自分の可能性追求の妨げとなるものを排除した
成熟時代の切り札であるピンポイント力があった
“火事場の馬鹿力”を生み出す強い執念があった
激情家でありながら冷静な計算ができる
サービス・ビジネスに必要な資質に恵まれていた
最重要な才能「自信」とフィードバック回路があった
胆力と記憶創出力の源「海馬」強化に結びついた生い立ちが幸いした
ピンポイント力に翳りが生じる危険性がある
  強迫観念に駆られたアイデンティティでなければ、天才型事業家の挫折は防止できたかもしれない
能力の補完を行うことなく新分野に進出した
見えないものを見えるようにする努力がすっぽり抜けていた
孤立無援を防ぐためのウィン-ウィンのビジョンがなかった
唯我独尊が裏目に出た
悪循環の夫婦関係がフィードバック回路を奪った
シミュレーション・サービスを受けておくべきだった
ゼロからの再起・躍進は可能である
  性格無知が最強のコンビ形成を妨げてしまった
二人は得がたい補完性があるので強く惹かれあった
二人にはすれ違いが生じやすいものが元々ある
ボタンの掛け違えが百子の梯二郎からの独立を決定づけた
最良の伴侶に恵まれたければ性格を乗りこなそう!

  男女問題の達人 = 仕事の達人」になる必要性を認識しよう!

心の安らぎを人生の伴侶に求める必要性が拡大する
人生の伴侶の存在は羽ばたきをしやすくしてくれる
夫婦は男女として向き合って生きることが必要になる
個性理解不足が男女の仲違いを招いている
夫婦完全融合への道を歩めば仕事がうまくいく
ブランド力があって始めて夫婦も取引関係も永続できる
社長力抜本的強化を前提とするホワイトカラー・エグゼンプションが夫婦完全融合の礎になる
空回りの努力が「結婚したくてもできない」ということに結びついている

  映画『ニコール・キッドマンのエメラルド・シティ(最も危険な女)』

  物語のあらすじ
  著名人の評論であっても鵜呑みにしてはならない
  新天地に脱出したのはなぜなのか?
  新天地への脱出が失敗に帰したのはなぜなのか?
  新天地への脱出は変身のために必要不可欠だったのか?
  夫婦はどうあるべきであったか?

  映画『キッド』

  物語のあらすじ
  ラスはどうして馬車馬のようなパラノイアになってしまったのか?
  人間的魅力の薄い人間がどうして仕事では成功できているのか?
  どうしたら精神状態を健全に保つことができるか? 壊れた精神状態を回復できるか?
  どうすれば人の本当の姿を見抜くことができるか?

  映画『赤い砂漠

  物語のあらすじ
  女心を知らない夫の行動が事の始まりであった
  対照的な心の病が浮き彫りにされた
  誤った診断に振り回されてしまった
  本物のカウンセラーだけが救いの神になれる
  人生の送り方に貴重な教訓を残してくれた
  こうすれば心の病いを見抜くことができる

  映画交渉人

  物語のあらすじ
  ローマンが人質をとって篭城することになったのはどうしてなのか?
  ローマンは人質をとっての篭城でどんな効果を引き出そうとしたのか?
  セイビアンは通常の職責を超えてローマンを救出したのはなぜなのか?
  証拠がない状態で真相を明らかにするにはどうしらよいか?
  組織内で罠に嵌められ窮地に立たされた時、どうしたらよいのか?
  ローマンが嵌められる対象に選ばれたのはなぜか? トラブルに巻き込まれないために


▲トップ  → トップページ



   注)新創業研究所の渡辺高哉と専門家にはリンクがかかっているので、クリックしてください