[TRI] Total Renovation Institute 過去の歩みを生かす再出発を可能にする新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225


新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています

トップページ


  【真空機器振興ビジョン(会議による問題解決の具体例

  ─── 自分(社)の歩みを根本的に見直そう(ポジショニングしよう)!
     そうすれば、「斬新な着眼入手→活路開拓→躍進」となれる ───
                           

2017.6.17更新

も く じ
真空機器振興ビジョンを紹介する理由は何か?
窮地から脱出できないのはなぜなのか?
ポジショニング手法の期待値を引き出すためにはどのような手順を踏むべきか?
どんな工夫をすればポジショニングを成功に導けるか?
私共が提供するサービスを受ける手順と費用


真空機器振興ビジョンを紹介する理由は何か?

 1981年3月に完了したプロジェクト成果である。にもかかわらず、ホームページ掲載に踏み切りましたのは、印刷物になって公開済みだからです。

 この提案書は、渡辺高哉主導のQ&Aを約3時間30分程度行う ⇒ 録音内容を総合的に考察した結果を渡辺高哉が図解する ⇒ 図に基くQ&Aを約3時間30分程度行う ⇒ 録音内容を総合的に考察した結果を提案書にまとめる──、という手順を踏んで作成しました。
 
 このプロジェクトは予算(費やせる時間)の制約がありました。そこで、業界の実態認識などの準備なしのぶっつけ本番のQ&A」という簡単なやり方を採用せざるを得ませんでした。ところが、この斬新な手法が功を奏して、低迷状態の業界が躍進に転じたために業界内で大評判となりました。

 これは大きな自信となり、「ぶっつけ本番のQ&Aでも条件が整いさえすれば窮地脱出を誘導できる」という確信を抱くことができるようになり、共創方式が根付くきっかけになりました。そして、創造的衆知結集力の活用を提唱し、実践するに至っています。渡辺高哉主導の会議に参加したメンバーの特徴 ⇒ 『どんな工夫をすればポジショニングを成功に導けるか?』)

 このプロジェクトは汎用性の高い窮地脱出手法の生みの親になりました
 優勝劣敗が待ち受けている世の中に存立できている理由を解明すると、「どんな環境だったら順調になれるのか。どんな環境だったら不順調になるのか」が分った。この知見を活用して思考を進めていくと、「市場性のある特徴、この特徴の新しい活用先、臨機応変力強化のために克服すべき短所」が分かった。

 これは「経営史=深く潜在している調査結果」であることを意味する。そして、調査結果を「深く潜在している」から「白日の下に晒されている」に転換させて、戦略発想に満ちたビジョンに大化けさせたのであった。

 このプロジェクトで行った基本的な作業手順「この世の中に存立できている理由の解明 ⇒ 順調・不順調と環境動向との関係解明 ⇒ 市場性のある特徴とその可能性並びに臨機応変力強化のための課題の解明」は、過去・現在・未来の立ち位置分析(ポジショニング)と称することができる。そこで、この会議で採用したQ&Aのやり方をポジショニング手法と呼ぶことにしました。

 斬新な着眼の下に粘り強く考えて窮地脱出を誘導するポジショニング手法は、企業だけではなく、長期化している閉塞状態に追い込まれている個人にも地域経済にも著しい効果を発揮します。そこで、このポジショニング手法発想の源となった真空機器振興ビジョンを紹介する次第です。

 「ポジショニング手法を適用すれば、窮地から脱出できる」と確信できるように補足説明をしますので、お読みください。


窮地から脱出できないのはなぜなのか?

 企業・地域経済・個人が窮地から脱することができないのはなぜでしょうか? 自らが置かれている (置かれるであろう) 環境の自分にとっての意味を考え抜いた上で、独自の適切な行動を採る習慣がないに等しいからなのです。具体的に言いますと、

 「かくかくしかじかの理由でかくかくしかじかの経営を行う (人生 を送る)」という考え方が身についていない。いいかえれば、下記の図式が実現されていないからなのです。

理想的な人生(経営)の舵取り
 自分(自社)の性格と歴史的立場を認識している + 「人生(経営)とは自分(自社)の特徴を生かす環境適応業である」という思考が身についている + 「習慣の力」の存在を知っている ⇒ 環境変化を逸早くキャッチし、この環境変化が自分(自社)の性格と歴史的立場に合うような方策を講じ続ける ⇒ 波乗りのような自分(自社)を可能にする臨機応変力が自然に身につく ⇒ 成長の4条件を充足し、時代が変わっても成長・進化し続けることができる。

 (具体例 ⇒ 『企業は三つの方法をタイムリーに採用し続けることにより能力を鮮やかに大変貌させることができます脳力革命の方法(鮮やかな大変貌策の個人への応用例)』)
人生と企業経営の基本は同じである証拠
性格と歴史的立場 ⇒ 『マイクロソフト社経営の香港テレコムに学ぶ
脳力革命の方法 ⇒ 同じカメラメーカーであった。にもかかわらず、歴史を経て驚くほどの差が生じてしまった『キヤノン』と『ミノルタ

「脱・閉塞状態が叶わなかった」にはそれなりの理由があるのだ
 2015年12月24日のTwittter
「セオリー通りやって駄目なんだから仕方がない」は負け犬根性。「斬新な着眼の入手→実態の根本的原因解明→長年の閉塞状態から脱出→逆転勝利」の模範となったのは、中国の仙山でアジア選手権を制し、リオデジャネイロ五輪出場を決めた水球男子だ。http://www.trijp.com/w/w-reconstruct.shtml

 流されっ放しで自分を客観視することのない人生が脱・長期低迷を困難にしている
    2014年7月25日のTwittter
オスプレイは日本に導入後2年間大過なし。この分析なく過去の大事故だけに拘るマスコミは脱・閉塞困難な個人・企業と酷似。蛸壺型社会+横並び→世の中の幅広い学問軽視→老害発生の仕組み作動→精神的視野狭窄症→奈落の底に陥落…が窺われるからだ。
http://www.trijp.com/chiryoku80/chi01.shtml
    2014年10月23日のTwittter
安倍首相の憲法改正意欲は正しい。冷戦構造→アジアの陳列窓機能を担う日本は経済のみOK→平和憲法…の時代はとうに終わり、今や「世界的成長の限界+米国の世界警察機能放棄→世界の混迷化→中国強権性の加速」故だ。新環境には再ポジショニングを。
→http://www.trijp.com/sinkuu/sinkuu-hyousi.shtml


不順調になった人生を立て直したければ、ポジショニング手法を適用しよう!

(節子) ポジショニング手法の理解を深めるために源義経が「華やかな英雄」から「悲劇の主人公」に転落してしまった故事を採り上げたい。

 兄の源頼朝に敵対視されるようになったことが天才的な軍事的才能の影を潜めさせてしまい、敗退に次ぐ敗退となってしまったことに結びついたのはどうしてなのかしら?「『自分の行動力学を知っていれば、源義経は悲劇の主人公にならずに済んだ筈だ』」を読みなさい」となるんでしょうけど、別の観点から説明してくださらないかしら?

(高哉) 「様変わりした環境に適応できず、閉塞状態から抜け出せない人が多いのはどうしてなのか? 」を考えて欲しい。そうすることが理由を自分で見つける近道だ。

(節子) 「自分の持ち味はこうだ。自分を取り巻く環境動向はこうだ。だから、自分はこういう人生を歩もう!」ということではなく、「皆がそうなんだからこうしよう!」といった具合にライフスタイルが偶発的にできあがった。となれば、様変わりした環境の下で立ちすくんだり、過去の延長線上を突っ走るしかないので、閉塞状態から抜け出せない。・・・・・そうか、義経も同じことなのね。

(高哉) ピンポン! 大当たりです。義経がある時を境に悲劇の主人公に転じてしまった背景には「性格と歴史的立場と新しい環境動向を総合的に判断して進路を選定していない ⇒ 様変わりした環境に適応できず、自分を活かす人生の舵取りができない ⇒ 新創業ができない」という図式があると理解すべきだと思う。(関連記事 ⇒ 『キャッチャーの言うまま、あるいは漠然と投げるだけでの好投が次回以降の好投に結びつかないのはなぜでしょうか?

 「勝ち組志向の強い人はうつ病になりやすい」とよく言われるけど、これを文字通り受け取ってはならない。義経と同じように様変わりした環境に適応して、自分を活かす人生の舵取りができないことが続くと、閉塞状態の深刻化に結びつくと解釈すべきだろうね。


ポジショニング手法の期待値を引き出すためにはどのような手順を踏むべきか?
── 考え抜いて書き綴ることの効用を入手しよう! ──

 「窮地に陥ってしまったのは歴史的産物だから仕方がない」と諦めるべきでしょうか? 「否」です。下記②③を順次徹底的に議論する「問題解決型の会議」を総合的創造的脳力の持ち主を交えて行う。そうすることによって窮地からの脱出・躍進が可能になります。

◇◇◇◇◇ 新創業研究所に相談して得られる成果(ポジショニング手法) ◇◇◇◇◇
私(わが社)が順調だった or 存続できていたのはなぜか?

 特定の環境が自分(自社)の脳力とその活用の仕方に有利に作用していた ⇒ 人生(経営)の理想的な舵取りの必要性に気づかなかった ⇒ その場しのぎや横並びの習慣が染みつくに至っている──、という図式に陥っていたことを理解して頂くことが目的です。この目的達成のための分析を
ポジショニングIと言います。

② 私(わが社)が窮地に陥ってしまったのはなぜか?

 自分(自社)の立ち位置が様変わりしたり、立ち位置が同じでも環境が様変わりした + 上記の状態のままである ⇒ 必要不可欠になった人生(経営)の理想的な舵取りを行えていない──、という図式に陥っていたことを理解して頂くことが目的です。この目的達成のための分析を
ポジショニングIIと言います。

③ 窮地を脱出し、かつ好機をものにするためにはどうしたらよいのか?

 自分(自社)の性格と歴史的立場を新しい環境の下で生かすための人生・経営の舵取りを、「あちら立てればこちら立たず、短期的利益追求が長期的利益にマイナスにならない」ようにして頂くことが目的です。この目的達成のための総合的考察を
再ポジショニングと言います。(関連記事 ⇒ 『心がスイッチ・オンとのなったが故に努力継続力入手…となった具体例』

 適切な指南役の要件3「ポジショニング手法を適用できる」

ポジショニングIII並びに再ポジショニングの具体的イメージ
魅力ある地域商業づくりのために
廃業に追い込まれた小型書店起死回生のあり方
閉塞・絶望状態から脱出できるか否かは本人の心がけ次第


どんな工夫をすればポジショニングを成功に導けるか?

 「約3時間30分の会議」という制約の中で上記三つの視点を実現させよう…と努力した結果が真空機器振興ビジョンです。この会議が予想を遥かに超える成果に結びついたのは、真空機器の製造・販売に精通している経営者・管理者、業界全体を客観視できる論客が勢揃いしていたために、二つのことが実現できたからです。

どんな質問をしても回答が即得られたので、難問の創造的解決を確実にするための条件を充足できた。
その場で閃いたことをその場で論理的に詰めることができたので、その場で悩み事相談につきまとう壁「理路整然とした理解なくしては挑戦できない」を乗り越えさせることができた。

 しかし、個人的な問題の場合は上記したようなことは実現しにくいのが殆どです。「ポジショニング手法の即効性を知ったので、なんとしてでも適用して欲しい」という要望に応えたことがありますが、質問しても回答が得られず困り果てたことがあったのです。上記したポジショニングI ⇒ ポジショニングII⇒ 再ポジショニング」をぶっつけ本番の会議で実現させることは不可能と考えた方がいいのです。そこで、考え出したのが────

 相談者本人に上記したポジショニングI ⇒ ポジショニングII ⇒ 再ポジショニング」を予め行って頂くことです。期待値は来る日も来る日も考え抜いて書き綴って頂くことです。そうすることによって、

 曖昧な記憶が鮮明になり、かつ記憶と記憶をつなぐ機能が活性化される。いいかえれば、脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身につく ⇒(本人の目的意識が適切、かつ明確になる ⇒ 眼窩前頭皮質が適切に刺激される ⇒ 内発的動機に基づく意思決定力・計画性が引き出される ⇒ 必要な情報や人の話がすいすい頭の中に入ってくる。と同時に発想が良くなる)

 +渡辺高哉の特技のフル活用が可能になる ⇒ プロフェッショナルQ&Aプロフェッショナル・シミュレーションを援用したポジショニング手法が円滑に適用できる ⇒ 相談者と私共の共創力活用がうまくいき、相談者の難問解決へ向けての適切にして粘り強い挑戦行動が引き出される──、という図式が実現できるようになります。

 手間暇のかかる作業についての深い納得をして頂くために、同じ趣旨の他の手法での準備作業を紹介します。

 問題解決策の策定に必要な貴重な情報は当事者の頭の中に必ず存在しています。なぜなら、「行動結果(人生行路)=深く潜在している調査結果」だからです。この深く潜在している調査結果の顕在化は手間暇をかけた作業により可能になります


私共が提供するサービスを受ける手順と費用

私共のサービスを受けたい方は営業時間&サービス提供の手順をお読みになった上で、仕事の発注をしてください。

私共のサービスを受けたい方は新創業研究所に相談して得られる成果を頭に入れて、渡辺高哉主導の上記したポジショニングI ⇒ ポジショニングII ⇒ 再ポジショニング」を行うための準備してください。

上記したポジショニングI ⇒ ポジショニングII ⇒ 再ポジショニング」のためのプロフェッショナルQ&Aプロフェッショナル・シミュレーション渡辺高哉主導で行う。(プロフェッショナルQ&Aやプロフェッショナル・シミュレーションのための準備は前述した準備がなされているので、不要です)

費用は5万円/1回当たり90分以内」となります。回数は当然のこととして手間暇のかかる作業を必要とする準備の程度次第となります。( 「ポジショニングI ⇒ ポジショニングII ⇒ 再ポジショニング」が1回で終わる場合もあれば、3回以上になる場合もあります)

 会話録音を強くお勧めします。繰り返し聞くことは、変化適応行動を可能にする「脳細胞間の円滑なネットワーキング力」の強化を可能にするからです。したがって、プロフェッショナルQ&Aサービスを受ける前に録音の準備をすることを忘れないようにしてください。

渡辺高哉の特技の具体例に基づく詳細な説明
 
案内を先にお読みになってください


 提供するサービスの最終成果は当然のこととして相談者本人次第のところがあります。このことを予めご了承ください。

お互いに秘密を守ることを前提にご相談に与らさせて頂きます。



私共が悩み事を抱えた方をとことん理解できるか否かの判断材料
一人一人の“小宇宙”を理解した対策の必要性
オウムに嵌った林郁夫は他人事ではない!


陳腐化した枠内思考からの脱却に役立つヒントが入手できます
知的アクロバット on ほぼ毎日Twitter


掲載内容は読めるような形では印刷されません。このことを予めご了承ください。