[TRI] Total Renovation Institute Clear GIF 新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225


新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています

トップページ


【斬新な着眼】

                         
 脳力革命の方法転職成功術 (人間は強く思い続けた通りになるの、生きた見本の紹介です)   

2016.6.7更新

→自分の本心に気付き、それをとことん育てよう ―日本再生の近道は個人ビジョンの開発であることから考える〈2001/3/29〉

 人生にもマネジメントが必要です。なぜなら、満足できる人生を送り続けるためには次のことをしなければならないからです。

  (人生が順調な場合) 順調な理由並びにこの理由の継続可能性を明確に認識する。そして、 継続できそうにもない場合は適切な対策を講じる。

(人生が不順調な場合) 不順調である理由を明確に認識し、この理由となっていることを取り除く対策を講じる。

 ところが、この人生のマネジメントは容易ではありません。なぜなら、人は独特の想いを遂げるために行動しています。ところが、ほとんどの人は「自分の本心に気付いていないし、想いを遂げる効率的な方法を認識していない」という状態に陥っているからです。

 人間は誤った行動をしがちなのです。にもかかわらず、当の本人の想いを知らずしての助言は反発を招くだけです。このような状態からの脱出を願う方は、渡辺高哉が提唱し、実践している今の立場の適切で好きな道への転換をご認識ください。



才能を眠ったままにするかどうかは経営や人生の舵取り次第である

 ソニーの大賀典雄前会長は企業に身を投じて社会人生活をスタートさせたわけではありません。ソニーの創業者である故・盛田昭夫氏に見初められて音楽家から企業人に転進し、同社のトップの道を歩むことになったのです。

 人はさまざまな潜在能力を持っています。この潜在能力のごく一部を使って、今の仕事についているのです。上記の「大賀典雄物語」はこのことを如実に示しています。

 同じカメラメーカーでありながら、「キャノン」はカメラ専業メーカーから総合的な画像情報処理業者に発展しました。ところが、カメラ専業メーカーとして同業者であった「ミノルタ」は複写機が加わったのみです。その結果、両社の格差は大きくついてしまいました。同じようなことが人間についても言えるのです。

ギブ&テイクの度重なる転職が夢見ていた脳力獲得に結びついた具体例 (脳力革命の方法)
新創業を怠らなければ、人間は強く思い続けた通りになれる生きた見本です-
 私事で恐縮ですが、私は転職を重ねることによって脳力革命に成功しました。その様子は次の通りです。

 私は始めての就職先である商社で次のような経験をしました。私の上司である課長は丸一日を費やした課内会議の後、「この録音テープを業績拡大できるようまとめることのできる天才っていないかなぁ」とつぶやいたのです。そして、このつぶやきは実ることがありませんでした。丸一日を費やした会議は親睦会の域を超えることができなかったのです。

 私も無力でした。私は「そんなことができる人なんてこの世の中にいるはずがない」と思っていましたので、課長のつぶやきを聞いて挑戦する気にもなれなかったのです。この程度の能力の持ち主である私の転職人生が始まったのはそれから間もなくのことでした。

 商社マンのビジネスセンスを武器にチェーン・ストアーへ、チェーン・オペレーションのノウハウを加えたものを武器にメーカーへ (メーカー主宰のボランタリー・チェーン形成を成功させてから社長の補佐役に就任) 、

 ビジネス・経営センスを武器にシンクタンクへ (産業界ほぼ総なめの受託調査研究を経験した結果、業種・業態を問わずビジネスの構図を一瞬でイメージし、それをQ&Aで一気に詰める能力開発に成功 / 孫悟空(超社員)的な離れ業を演じて商社マン時代に夢見ていた念願の理論武装に結びつくプロジェクトに成功 )、

 シンクタンクで培った能力を武器に開発力抜本的強化を主目的とした、業種・業態を問わない経営コンサルタントへ。(関連記事 ⇒ 『渡辺高哉の特異な経歴』)

 脳力革命に結びつく転職成功術の要約
 タイミンクが良かった ⇒ 不十分ながら私の脳力が転職先にとって垂涎の的であった ⇒ 新しい仕事をしながら脳力の進化に成功した ──── この図式は新規事業成功術でもあります。

 (2014年10月22日のTwittter 
個人・企業・地方社会の脱・長期閉塞状態がままならないのは、創造的手順「現有種の未来志向的活用の可能性分析→思考熟成→大筋の独創的ビジョン発想→新規に入手すべき種の発想→未来進行形の種を使って成長分野への円滑な進出策へ」を踏まないからだ。
http://www.trijp.com/kigyo-saisei/page9.shtml

 
新創業プロジェクトを成功させた企業から異例中の異例のプロジェクトを受注しました。「世界はどうなるか。だからどうすべきか。どうしたら自由自在に人を動かすことができるようになるか」に回答を出すための研究に丸三年間没頭できたのです。(詳しくは ⇒ 『私が研究プロジェクトに単独で専念することを決断した理由』)

 性格と個人プレイ中心型の仕事内容が重なったことが原因して私の仕事のスタイルはほぼ一貫して“用心深い一匹狼”でした。したがって、記憶を総動員して問題解決策を考え抜くので、「あなたはコンサルタントではなく研究者だ」と皮肉を言われるほどでした。(関連記事 ⇒ 『伝統的な業界慣行』)

 産業界横断的な多彩な経験 × ゼロベース発想で詰めぬく仕事ぶり × マンネリとは無縁の人生が生み出したモーツアルト効果 = 膨大な脳内シソーラス機能 ⇒ あらゆる場面の適切なシミュレーション・サービス提供OK──、という能力を培うことができるようになりました。

 いいかえれば、専門家を初め日本人に潜在しがちな致命的弱点とはほぼ無縁になり、「抜群のの持ち主」と言われる私の評価に結びついたのです。(関連記事 ⇒ 『プロフェッショナルとは特定分野における臨機応変力の持ち主』)

 この能力は長年に亘って様々な歌を覚え歌い続けた人物は新曲をさっと習得できるのと似ていると言えるでしょう。

 このような職歴と能力開発を経た結果、青春期の長期彷徨を送ってき私に奇蹟が起きました。商社マン時代に「そんなことができる人なんているはずがない」と思っていたことが私の得意技として定着しています。

 独創性に満ちた適切な業績拡大策を録音テープから捻り出す。のみならず、参加者をやる気j満々にさせる会議運営もできるようになっているのです。業種・業態をほぼ問いません。(具体例 ⇒ 『真空機器振興ビジョン日本の根本的問題解決策』) その結果、私の特技である下記の図式がしっかり根付きました。

 プロフッェッショナルQ&Aを行う ⇒ ジグソーパズル思考力を武器に複雑問題の創造的解決策を一瞬にイメージして詰め抜き、顧客の潜在能力を引き出す。

 この特技は自負に留まらず客観的に高く評価されました。全員参加型の新創業プロジェクトの実行委員長役を務めた御曹司から「父から勧められていたハーバード・ビジネス・スクール留学をしなくて良かった。この留学では不可能な教育効果が得られた」と感謝されたほどだったのです。

 しかしながら、上記したような脳力だけでは不十分と思うようになりました。日本モデルの崩壊に伴い、人々の個性が噴出しやすい時代になったからです。そこで、個の開放時代を予期して1991年4月から行ってきた人間研究パートナー節子の協力をも得て新サービス「個性的才能を引き出す性格診断」に収束させました。

 かくして、「斬新な着眼なくしては活路が開拓できにくい時代になった」と主張できるまでになりました。

 脳力革命を成功させた背景にある連続的な変身をどうして成し遂げることができたのでしょうか? 主な理由は四つあります。

理由1 具体例が示すように新分野開拓で一番大切なタイミングが良かった

 特異極まりない生い立ちがチャンスを逸早く捉えることを可能にする鋭敏さを育んでくれた。このことが効果を発揮して「チェーン・ストアーが黎明期であった ⇒ 人材の質的な不足があった ⇒ 商社マン生活で得たささやかなビジネスセンスを武器にすることができた」という図式が示すような就職・転職・研究受託を可能にした。(参考資料 ⇒ 『変身的な成長を遂げるための三つの方法』)

理由2 経験則が通用しにくい場面を乗り切る胆力と知恵力が永続的進化を可能にした

 
特異極まりない生い立ちは上記「理由1」にあるようなことだけではなく、次の図式にも結びつきました。

 内発的動機に基づく自己決定を行う人生をごく当たり前にした ⇒ 度胸と創意工夫力だけが頼りの新しい仕事に挑戦し続けた好きこそもものの上手なれの世界に入ることが生み出す効果が高まり続けた ⇒ 『脳力のピークは80歳代だ!』に確信を持つようになり、新しい挑戦目標を設定し続けるようになった。

理由3 総合的創造的な思考力の持ち主になるためのoff-the-job-trainingを心がけ続けている

 マスコミ情報などから得られる全セクターの動向に興味を持ち、得られた情報に対して「なぜなのか?」「だからどういうことが言えるのか?」といった具合の伸びやかな分析的・合成的推理を行い続けてきた。「個人・企業・地方自治体・国家などの舵取りの基本は同じである」と言い切れるようになりたい一心なのです。→渡辺高哉の人生目標とその理由

理由4 優れた人物との出会いが自信を持つことに結びついた

 
私を良く知る人から「あなたの能力は100メートルを走る早さと真逆で分かりにくい。キーパーソンが2時間話しあって初めて判定できるような類いの能力なので、文章で説明しにくい」とよく言われました。

 したがって、斬新な着眼が生み出す画期的対策(例)のような主張を理解させるのに苦労が絶えませんでした。にもかかわらず、自信を持って行動できたのは、幼少時からの挑戦的人生経験という素地がある上に、日本一の頭脳の持ち主から極めて高い評価があつたからです。

 この自信が現有能力を超える仕事に継続的に立ち向かわせて総合的創造的能力を培うに至った後も挑戦を続けています。


 上記の理由1・2・3・4を読み、「自分はそんな人生を送ってこなかった。だから諦めるしかない」と思い込んでしまうとしたら、大間違いです。誰でも努力を惜しみさえしなければ、タイムリーな行動力、胆力と知恵力を身につけることができるようになります。(具体策 ⇒ 『新創業研究所のサービスメニュー』)

 最後に中高年者に勇気を与える具体例を述べます。
亡父・渡辺美哉は多額の負債を招いた脱サラ物販事業家から公認会計士への転進者です。「試験を受けよう」と決意をしたのが40半ばでした。彼には更に試練がありました。59歳の時に失明。これを克服した後、なんと60歳で監査法人を起こし、5大監査法人への道を走り抜けました。(関連記事 ⇒ 『わが家の特殊事情父との対立に起因する青春の彷徨』)

 自分を変えるには若さが必要です。でも、この若さは「実際の年令」ではなく、「心の年令」です。ここに、次の図式の実現に結びつく『個性的才能を引き出す性格診断』の意義があるのです。

 適切で好きな道を歩めるようになる ⇒ 大変なことを楽しくやり続けることができる(ストレスを溜めることなく努力を継続できる) ⇒ 加齢に応じて脳力を強化できる ⇒ 自尊心を満足させる形で生涯現役の人生を送ることができる。(関連記事 ⇒ 『絶好調を維持しながらの生涯現役の人生が可能である』)


悩み事を吐き出すだけで個人も企業も個性的才能を磨くことに結びつく
創造的問題解決脳の入手が可能になります

 「人生は一度しかない。脳力の若返りは可能である。したがって、人生において遅すぎることはない」を信じて、自分を生かしきる人生を歩むことを願っています。→過去の歩みを生かす新創業 夢の逆転勝利人生への誘導

渡辺高哉のYouTube出演
 
案内を先にお読みになってください
 

  ▲トップ                                    → トップページ