[TRI] Total Renovation Institute 新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225


新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています

トップページ

 深く潜在している新成長機会発掘の秘訣
 ──  創造力注入が新成長機会発掘を可能にする ──
2016年3月26日更新

 渡辺高哉の具体例に基づく講話(動画」の目次
希望の光「アベノミクス」が苦境に陥った根本的原因を認識しよう!

実績がなくても執念があれば、単独でも大型の新規事業開発に成功できます

私が個人的に掴んだ秘訣を組織人に適応して大成功を収めました

全員ぶっつけ本番の議論でも私の掴んだ秘訣の普及は可能であった

悩み事を抱えている当事者に知恵力が身につくように助言するのが私共の特徴です

6 命運を決めるのは現有脳力ではなく人生・経営の舵取りです

 ハイライト

 
二段階の創造的活動「実現できそうな開発目標設定/開発目標の前に立ち塞がる壁乗り越え」に成功して初めて新成長機会を発掘できます。なぜなら、新成長機会は過去の延長線上に存在しているのではなく、深く潜在するようになったからです。したがって、新成長機会発掘のポイントは未知の既知化です。この考え方は秘めた真実究明を必要とする難問一般の解決にも応用できます。(関連記事 ⇒ 『身の潔白を証明する方法戦後最大の謎『三億円事件』の総合的創造的考察』)

 

例(1)のような徒手空拳の起業はオープンリソース経営が可能にする時代になりました
  (2016年2月7日のTwittter)  
IoT普及は「独創的発想力があれば、怖いものなし」に結びつく。この認識なく「格差問題解決困難化の元凶は安倍政治」云々を続ける野党は方向音痴。統合→政権奪取…は日本没落に拍車をかける。急ぐべきは「創造的統合戦略脱・ぶら下がり体質」だ。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-3.shtml
 (徒手空拳の起業が容易になるのは、大企業がサプライ&バリューチェーンの支配力を使った妨害が困難になるからです。一方において、歴史ある大企業であっても新成長機会発掘力が乏しいと、存続が困難になります。いいかえれば、IoTは日本再生の希望の星なのです)

 
新成長機会発掘に必要な考え方と具体例 ⇒ 『ビッグ・チャンスを狙う時代になったことを認識しよう!老害発生の仕組みからの脱却は企業の業績拡大を可能にする豊田市地域商業近代化ビジョンのあらまし(問題解決のシナリオ)

「渡辺高哉の具体例に基づく講話」のビデオ視聴はトップページからどうぞ!

創造的外交は巨大な新成長機会発掘を可能にする
 2016年1月26日のTwittter
安倍外交は巨大新成長機会狙い。日露戦略的互恵関係「NATOの東方拡大→オスマントルコとドイツ侵攻故のトラウマを刺激→対欧州銃口を向ける為のクリミア併合等→欧米から経済制裁を受け窮地→日本による経済開発協力へ→北方領土返還へ」もそうだ。http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
 2016年1月29日のTwittter
日本円借款→雇用増狙いのサウジアラピア経済開発→原油で借金返済…に向うべし。サ「原油安→財政逼迫へ/米国と和解のイランがスンニ派扇動→米国と対立→中東混迷収まらず/世界一の原油埋蔵量」と日「デフレ未脱却/日銀に資金滞留」の事情有故だ。http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml

「脱・閉塞状態が叶わなかった」にはそれなりの理由があるのだ
 2015年12月24日のTwittter
「セオリー通りやって駄目なんだから仕方がない」は負け犬根性。「斬新な着眼の入手→実態の根本的原因解明→長年の閉塞状態から脱出→逆転勝利」の模範となったのは、中国の仙山でアジア選手権を制し、リオデジャネイロ五輪出場を決めた水球男子だ。http://www.trijp.com/w/w-reconstruct.shtml

 講話の内容並びにハイライトの記述で示された考え方は事業だけではなく、深刻な悩み事解決全般に当てはまります。(実践での指導を希望される方 ⇒ 『新創業研究所のご利用案内


 教育・人材登用のあり方を180度転換させなければならない時代になった
  2015年12月21日のTwittter
「OECD加盟国中、教育費公的支出最低国・日本」と批判する人は「小説大学はなくても作家になれる」「今最重要なのは未来開拓力」を知るべし。意欲満々になる定石を踏み「様々な事象に疑問を抱く→疑問解明努力をする→創造力が身につく」となろう!
http://www.trijp.com/vision/2-4.shtml

脳細胞間の円滑なネットワーキング力=深く潜在している新成長機会発想力」だ
  (2015年4月7日のTwittter)  
AIIB不参加。孤立懸念は独創的構想力欠如故かも。超長期採算OKであれば、国内にも成長セクター「弱点補強(雨水直接利用、耐震性強化、電力自給自足建物)→“される”国際化推進→アジア太平洋のNo1拠点→防衛・雇用力増強→人口増加」有故だ。
http://www.trijp.com/heart4-6.shtml
  (2014年9月25日のTwittter)  
脅威は好機だ。(コンクリート社会+束になって長時間降る雨→全降雨が下水に直行→下水から水が溢れて都市水没へ)+税制の優遇措置→貯めた雨を有効利用&省電力の家屋需要急増へ…が一例。新成長機会継続的発掘力を培って不景気無縁経営を勝ち取ろう!
http://www.trijp.com/index12.shtml
  ((2014年4月21日のTwittter)  
セウォル号の悲劇は「採算向上のための最上階増築+速度増のための船底の水減量+目的地に近づくにつれて船底の燃料減→目的地近くで船の均衡喪失→均衡回復のための舵切→積荷の急な偏在→急旋回」故の模様。「転ばぬ先の杖」の重要性を認識しよう!
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml
( このような合成の誤謬は日本の社会にとって他人事ではありません。なぜなら、「(日本モデルに象徴される蛸壺型社会→役割分担社会全体知欠如症)+(日本的集団主義→その場しのぎ→潜在事象発掘力欠如)→チームプレイがちぐはぐになりやすい」からです。したがって、ここをつくことができれば、深く潜在している新成長機会発掘の可能性が広がります)
  (2014年8月20日のTwittter)  
妖怪ウォッチの大ブーム現象は「世の中から取り残された事象に大きな隙間市場あり」を示唆。(科学技術進歩→不潔解消の現代版トイレ等登場→我慢力低下+オナラ等の際立ち)+真理探究本能→残された苦痛の超能力を使って覗き見願望…が窺われるからだ。
http://www.trijp.com/vision/1-2.shtml
(関連記事 ⇒ 『大変容時代が新しいサービス需要を創り出す社会的な大問題はビジネスチャンスを提供してくれる』)
  (2015年10月16日のTwittter)  
魚の重量1.5倍化を可能にする酸素含有微小泡開発は「魚生育促進の最有効手段の確認→酸素量最大化に帰着→酸素量最大化手段の発想→酸素を含ませた泡の微小化に帰着」の所産。新成長機会発掘に必要なのは、脳細胞間の円滑なネットワーキングなのだ。
http://www.trijp.com/tachioujyou.shtml
  (2015年10月22日のTwittter)  
中国が金正恩氏揶揄記事をネットから削除は「韓国は未開拓市場渇望+中国は韓国影響力確立→北朝鮮主導の南北朝鮮統合→シルクロード経済圏開発加速」の序曲かも。日本の活路は「新成長機会発掘力強化日中韓FTA締結→新巨大市場との交易拡大」だ。
http://www.trijp.com/sps/sps-index.shtml

新成長機会発掘力強化を否応なく迫るのが「安倍政権の決める政治」だ
  2016年1月20日のTwittter
今年はアベノミクスの正念場。失敗は日本没落に直結必至。野口悠紀雄氏主張の「1940年体制からの脱却」を妨げるのは、 既得権益と習慣のロックイン。ここに、創造的統合戦略の策定・実施のためにイノベーションのロジック注入の必要不可欠 性がある。http://www.trijp.com/approach/sfa01-1.shtml
  2015年12月15日のTwittter)  
安倍政権の政策「ゾンビ企業存続困難化→産業再編成→日本経済の生産性向上」は泥舟救済のために必要不可欠。藤井民主党顧問の外形標準課税拡大反対論は全体知欠如症の典型例。頭を良くする方法でもある「新成長機会発掘の秘訣」(動画)を視聴しよう!
→http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
  (2015年10月19日のTwittter)  
マイナンバーTTPには「社会保障費と税負担と国際競争に耐えられぬ企業が続出→古き良き時代が生出した“ぶら下がり族”排除に結びつく産業再編成→先進国中最低の日本経済生産性向上」のシナリオが秘められている。新成長機会発掘力強化を急ごう!
http://www.trijp.com/persona/6-1-6-2.shtml
 (マイナンバー制度効果「簡単に名寄せできる→社会保障費の不払いや脱税摘発が容易になる→低収益企業は存続が困難になる」。これにTTP効果 「ヒト・モノ・カネが域内で自由に移動できる+域内の企業のみに有利な交易条件が与えられる+国の恣意的な判断を抑止するISD条項がある→個人も企業も安心して域内での投資を行える→自由競争がパイの拡大を伴いつつ促進される」が加わると、生き抜くために産業再編成と企業人の脳力アップは待ったなしとなるのです)

 既得権益などの利害が錯綜する上に、習慣の力が働きやすい時代において問題を創造的に解決するためには、上記したようなシナリオ発想が必要不可欠になったことをご認識ください。(関連記事 ⇒ 『難問解決手法「シナリオ発想」力を磨こう!創造的統合戦略』)
  (2015年10月13日のTwittter)  
1億総活躍社会は「(TTP批准→競争力強化不可欠)+若者がのさばり、かつAIが普及する時代→潜在脳力引出し者増加→加齢に応じて脳力進化→生涯現役者増加+生産性向上→社会保障費大幅削減OK→泥舟化した日本経済再建」の脈絡の中で捉えよう!
http://www.trijp.com/heart4-4.shtml

メガトレンドも 新成長機会発掘力強化を迫っている
  (2015年10月10日のTwittter)  
欧州での社会民主主義退潮は「新成長機会深く潜在化+イノベーションよりも格差是正重視→経済縮小均衡→貧困促進」の本能的察知故かも。しかし、「景気刺激→バブルとその崩壊→景気刺激」繰り返しは悲劇を招く。最適解は人間の潜在脳力引出しなのだ。
http://www.trijp.com/
(関連記事 ⇒ 『必要とされる人材・取引先は過去と今後では大きく異なる / 老害発生の仕組みからの脱却は企業の業績拡大を可能にする』)
  (2015年4月1日のTwittter)  
予測「人間の知能を遥かに超えた能力を持つAIが近い将来誕生するのは確実」を前提にしなければならない時代になった。「新技術開発はスーパーコンピューターではNO、特定人のみがOK」を励みにして臨機応変の全体知を可能にする勘を磨き続けよう!
http://www.trijp.com/keizai-saisei/section1.shtml

  (2015年10月25日のTwittter)  
マスコミへの苦言。潜在事象発掘力の欠如→商品開発力の欠如→内外需の低迷→生産性の低迷→実質賃金の低下…を認識した報道を心がけよう!さもなければ、「世論誤誘導→国民のぶら下がり体質放置→財政破綻→国民生活困窮」に拍車をかけることになる。
→http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml

 悩み事相談skype電話ご訪問…のいずれでもOKです





新創業研究所は「各人各様の潜在脳力引出しのための条件」に対応させて頂きます

新創業研究所のサービスメニューは興味深い。しかし、「良かった」となるだろうか?
── 事業開発・人生航路が失敗に到る実例の分析結果を認識すると、「先行き不透明時代を生き抜くためには、臨機応変力の強化が必要だ!」「この必要性にどうしたら応えることができるか?」と思うようになること必至。その上で、

 成功に到る実例の分析結果を認識すると、「自分が変わらないと、良策を入手しても役に立たない」となり、「創造的問題解決脳が当事者の身につくように工夫された新創業研究所のサービスメニュー」に心惹かれ、実際にサービスを受けて「良かった」となる筈だ ──

  2014年12月15日のTwittter
 バス運行変更の必然性「環境様変り→人の流れが大きく変化→従来路線踏襲は自殺行為へ」。他人事ではない人多し。新創業「過去の歩み+斬新な着眼→今の立場を適切で好きな道に→ニーズとシーズの適切な擦り合わせ可能なその道の達人化」を迷わず行おう!→http://www.trijp.com/trij_intro.shtml


崩壊傾向の、互助を可能にしてきた共同体はいずれ蘇生してナアナアや後追いでもOKになるのではなかろうか?
 ── 断じてNOだ。日本の脱・泥舟状態のために大勝負中のアベノミクスは一国の限界を超える負債を生産性革命によって返済するために、「日本市場の開放→異次元の企業間競争→低迷企業の存続困難→企業統合→必要とされる人材・取引先の様変わり→低生産性の源である癒着困難」を誘導すること必至。

 その上、地球的成長の限界時代到来により世界秩序(例:中東の不自然な国境線)が孕む矛盾が露呈。成長の限界打破の最有効策「世界中の全セクターの相互依存拡充」を可能にする、古来からのコミュニティー復活が自由貿易体制の下で続出し、全員参加型社会が実現に向かうことも必至。

 このような内外の新しい潮流時代を生き抜くためには、ぶら下がり体質からの脱却が必要不可欠になる。いいかえれば、ナアナアや後追いの姿勢は許されなくなるからだ。(詳しくは ⇒ 『ホームページのハイライト』) ──

    2015年5月27日のTwittter
弁護士や公認会計士等の専門家受難の図式「(市場成熟→オリジナリティ創出困難化)+(インターネット普及→知識・情報の入手可能性拡大)→豊富な専門知識だけでは人を魅了できなくなった」は、知能ロボット脅威の前触れだ。鋭い直観回路入手を急ごう!
http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml
    2015年6月19日のTwittter
池尾和人教授「日本は2020年代後半以降、深刻なインフレに直面」&三浦展氏等「日本の地価が1/3に(東京オリンピック後の危機)」は、警告「アベノミクスはカンフル注射。新成長機会の継続的発掘力を急ぎ身につけないと、悲劇の主人公になる」だ。
http://www.trijp.com/training_camp.shtml
    2015年2015年7月2日のTwittter
(遺跡が生み出す観光収入→ぶら下がりOKの習慣染みつき)+過去の延長線上を歩めばOK時代終焉→新成長機会発掘力欠如露呈…が実態のギリシャは、舵取りをせずに漂うように生きてきた個人・企業にとって他人事に非ず。創造的衆知結集力を活用しよう!→http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml


深く潜在している新成長機会の継続的発掘力を身につけるにはどうしたらいいのか?
── 日本が東洋の小国に戻らないようにするためには、生産性革命が必要不可欠。「新・ホワイトカラーエグゼンプションの受入→脱・日本的集団主義直観回路知的アクロバット力ヘリコプター力の強化→果敢な行動」。これを引き出すための「超社員の探索・抜擢→ウルトラナレジマネジメントの実施」を心がけることだ。

 外部助っ人の力を借りてでも即効性のある効果的対策を講じたい。こういう場合には、提案書や企画書作成の指導を受けることを強く勧めたい ──


これからの企業経営と人生行路のあるべき姿の実現に新創業研究所はどのように貢献するのか?
 ── 「社員から役に立つアイディアが出なくなった」と嘆く経営者が多い背景には「斬新な着眼なくしては活路が開拓できにくい時代になった」ことがある。一方、留意すべきこと「人間理解のあるべきスタンス潜在脳力の殆どが引き出されていない 解決すべき問題の体系的な理解が挑戦を可能にする」もある。こうした一連の事実を念頭に置いて再構築したサービスメニューを提示した ──

 渡辺高哉の特技フル発揮の環境を与えて頂ければ、難問を創造的に解決できます

   2015年6月12日のTwittter
ソニーの経営実態「(市場成熟→きらりと光る商品不可欠)+(日本的集団主義→世の中の幅広い学問軽視→臨機応変の全体知欠如)+豊富な蓄積資産→全体合意に逃げ込み)→魅力を欠く企画」(想像)の打開に必要なのは、創造的衆知結集力の外部登用だろう。→http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml
 (関連記事 ⇒ 人為的リスクを排除する秘訣成長分野に成功裡に進出する秘訣
   2015年6月4日のTwittter
適度の摂水→血液濃度OK→血液循環OK→熟睡。にも拘らず、「熟睡障害は年の所為」を盲信し、活力喪失の高齢者が多い。エアーポケットの中をもがく如き現象が多いのも同根。「その場しのぎ習慣が問題の根本的原因解明を困難にしている」を認識すべし。→http://www.trijp.com/persona/6-1-5-1.shtml
  2014年12月24日のTwittter
適切な方向で不退転の姿勢持続は功を奏し易くなった。日本人の分類「先見人が2割、追従容易人が6割、石頭人が2割」+(先行き不透明度進展→追従誘導容易化)→マイノリティ効果発揮の容易化…故だ。努力継続力の源「適切で好きな道」を邁進すべし。
http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml

 行動期待値引き出しの要諦は相手の行動力学の洞察である
  2015年6月6日のTwittter
小田嶋隆氏「ロボット制御の交通システムを一手に担う人間が破滅願望を抱きドアを閉ざした時、どういう対策があるのだろうか」は、普通人の凶悪事件多発時代故に現実味がある。関係者の性格と歴史的立場洞察→日常の適切な会話→暴発抑止…が最善策かも。→http://www.trijp.com/index11.shtml

社長は民主的独裁が必要になったことを認識しなければならない
  2015年7月20日のTwittter
安倍首相の決める政治は「(世界秩序再構築時代→安保体制再構築不可欠)+(習慣のロックイン→平和呆け)→世論追随はNo」を考えると高評価。「解決すべき問題の体系的な理解が挑戦を可能にする」を考えると低評価。変革期の社長は他山の石にしよう!http://www.trijp.com/skype.shtml


再構築したサービスメニューの魅力は失敗事例と成功事例の比較によって確かなものになる

  進路の自由がありながら大失敗が跡を絶たないのは、行動の先(最終場面)に対する配慮が欠如しているからだ。                            

 (2014年8月25日のTwittter)
8.24付け朝日新聞夕刊「商品差別化アピール困難」の根拠は「企業技術力高度化ではなく企画力貧困さ」に求めるべし。iPodに惨敗したウォークマンが好例だ。個人・企業が脱・閉塞状態を急ぐのであれば、万難を排して適切な戦略発想力を入手しよう!
http://www.trijp.com/approach/sfa01-1.shtml
 (2014年4月21日のTwittter)
セウォル号の悲劇は「採算向上のための最上階増築+速度増のための船底の水減量+目的地に近づくにつれて船底の燃料減→目的地近くで船の均衡喪失→均衡回復のための舵切→積荷の急な偏在→急旋回」故の模様。「転ばぬ先の杖」の重要性を認識しよう!→http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml
 (2014年6月25日のTwittter)
魅力溢れる阿川佐和子さんのお見合い30回空振りの背景には誤算の論理「父親から離れたい一心+求められて際立ちたい性格→対相手情熱伝達困難化→関係無発展」がありそう。婚活に成功したければ、自分の性格と歴史的立場を知り向き合う努力をしよう!→http://www.trijp.com/index11.shtml
   2015年6月15日のTwittter
神戸連続児童殺傷事件の元少年Aが手記出版。精神科医「更正できていないので、再発は抑止できぬ」は慧眼に非ず。太宰治似かもの推定性格「際立った自己主張する自分をイメージして快感を味わいたい」を正にするには、秘めた才能の洞察・練磨が不可欠だ。→http://www.trijp.com/profile/index.shtml

  臨機応変力を十分発揮し、夢を叶えることができたのは「決して諦めない→世の中を幅広く学問する→斬新な着眼の下での脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身についた→ 鋭い直観回路に基づく果敢な行動をとることができた→行動の先(最終場面)に対する配慮がタイムリーだった」からだ(産業界の具体例 ⇒ 『 深く潜在している新成長機会発掘プロセスと私共の役割

人生においても夢を叶えるためには決して諦めない姿勢が必要不可欠だ
 (2014年7月5日のTwittter)
有森裕子さんが股関節脱臼・落ち毀れを克服しての五輪マラソン銀・銅受賞は人生逆転勝利の見本。失敗続きの自分捜し→“出場者不在”故に八百m競争出場・優勝→繰り返しの快を求めて猛練習→天性の持久力が開花…だからだ。運根鈍の不可欠性を知ろう!→http://www.trijp.com/w/w-reconstruct.shtml


6
助言だけではなく真の頭の良さの源「脳細胞間の円滑なネットワーキング力」を相談者にインプットする。この特徴を再構築したサービスメニューに持たせたのは、大多数の日本人は潜在能力の2%程度しか活用していない。その上に、羽ばたきを阻害する習慣のロックインがあるからだ

  臨機応変の全体知が欠如した状態で大事が決断・決行されるのは「模倣・“カイゼン”主義が超長期に亘って通用していた→減点主義が社会全体に横行した→試行錯誤的な思考が抑制された→脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身につかない」からだ

 (12月27日のTwittter)
夢を決して諦めない姿勢が大事なのは「試行錯誤を伴う挑戦→脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化→必要な情報の方から飛び込み、閃き→待ちに待ったチャンスのゲット」が可能になるからだ。渡辺高哉が長年の念願成就に成功した秘訣を学んで欲しい。→http://www.trijp.com/chosaku/20030311-0.shtml
  2015年2月28日のTwittter
「勘のいい人は同じ話から色々きっかけを掴み、商売を創り出せる」のは「試行錯誤を厭わず考え抜く習慣が脳細胞間のネットワーキング力強化に結びつくからだ」と考えるべし。諦める必要はない。創造的総合的脳力者の執拗なQ&Aサービスがあるからだ。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml

  社会横断の人的交流をして脳力補完や創造的衆知結集力ある人材の登用を随時行わないのは「日本的集団主義現実直視力欠如性差認識不足→夫婦完全融合困難→老害発生の仕組み作動→イノベーションのロジックを注入できる人材の登用困難→習慣のロックイン状態堅持→日本の人材ミスマッチ大国性堅持」となっているからだ


▲トップ


トップページ