[TRI] Total Renovation Institute Clear GIF 新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225


新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています

トップページ

2017年11月12日新規掲載(2017年11月12日更新

 長期閉塞の原因と打開策

   も く じ                           
日本経済は閉塞状態に陥ったままであることを認識しなければならない
諸悪の根源「ぶら下り体質」は治らず存続したままである
経済先進国の座から滑り落ち続けている。これが日本経済の実態である
景気回復の兆しは労働力不足に便乗している結果に過ぎない

相変らずの思考・行動様式が再生の足を引っ張っている
長く続いた実質的社会主義体制の付けは大きい
染みついている“付け焼刃”は決して功を奏しない時代になった

待伏せしている地獄を回避したければ、新成長機会発掘力強化を急ごう!
景気回復の兆しに浮かれていると、必ず臍を噛む
創造力注入が第四次産業革命の大前提である

適切で好きな道を歩もう!そうすれば、努力を継続してもストレスを溜めることなく成熟・複雑時代を味方にする「鋭い直観回路」(未知の既知化脳力)が身につき、進化していくようになる ── 労働から嬉働への転換の勧め ──
性格に振り回されていることが自分の潜在脳力の殆どを未活用にしている」ことに気づこう!
他人の目を意識して傑出した存在になろうとすると、自己破滅の待ち伏せを受ける
旭山動物園が人気ナンバーワンの動物園になり、その地位を保ち続けているのは、従業員が適切で好きな道を歩んでいるからである
全ての人間が潜在的に持っている個性的才能の開花を可能にする「努力継続力」は適切で好きな道に入ることによって身につく
適切で好きな道は万人に用意されている。したがって、どんな立場の人であっても80歳代に脳力のピークを迎えることを可能にする「努力継続力」を身につけることができる
「努力継続力」が身につく先には自信に溢れた人生行路が待っています

適切で好きな道に入るためには、総合的創造的脳力の持ち主の助力が必要である
インサイダー、アウトサイダーのどちらも限界がある
類例なき特技があなたを待っている
類例なき人生史が類例なき特技に結びついた

脱・長期閉塞のための粘り強い努力は必ず報われる

入手を急ぐべきは鋭い直観回路(未知の既知化脳力)である

適切で好きな道を歩む。これが鋭い直観回路(未知の既知化脳力)入手の王道である

長期閉塞から脱出できない理由を確認しよう!


日本経済は閉塞状態に陥ったままであることを認識しなければならない

諸悪の根源「ぶら下り体質」は治らず存続したままである

2017年10月30日のTwittter
「五輪・震災復興投資→民間投資容易化/異次元金融緩和→潤沢資金/特区制度等→投資阻害要因除去」のコスパが悪すぎるのは、深く潜在している新成長機会発掘力欠如の企業過多故だ。「潜在事象発掘のための執拗なQ&A→潜在脳力の引出し」を急ごう!
→http://www.trijp.com/

経済先進国の座から滑り落ち続けている。これが日本経済の実態である

2017年7月6日のTwittter
「日本1.5、米国4.1、英国4.9、韓国17.8、中国75」は名目GDP倍率(30年間)。日本の惨状は悪循環「舵取り放棄→集団凝集→人材ミスマッチ陳腐な枠内思考新成長機会発掘困難→意欲喪失→」故。意欲の源「自信」の秘訣を知ろう!
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml#CreativeResume-effect
(日本経済地盤沈下の真犯人は 、「日本のGDPは世界第3位(先進国の中では2位)。しかし、一人当たりでは26位」という数字に現れている低生産性です。生産性革命がなければ、泥沼状態の日本経済を救うことは不可能になるのです)

景気回復の兆しは労働力不足に便乗している結果に過ぎない

好業績は縮小均衡努力の結果に過ぎない
2017年10月29日のTwittter
「脱デフレ政策は殆ど機能せず」と解すべし。「新成長機会発掘力欠如の企業は効率で利益を出す経営姿勢→16年10~12月期から実質GDPが潜在GDPを上回る『供給不足』→好決算」が日本経済の実態故だ。急ぐべきは赤字・業績不振の解消策採用。
→http://www.trijp.com/approach/sfa02-3.shtml

縮小均衡路線には破綻の芽が出ている
2017年10月28日のTwittter
神戸製鋼の不正事件&コンビニの実態「バイトとオーナー足りず」は「市場成熟→需要深く潜在→新成長機会発掘力不足→(効率化圧力→作業時間短縮→手抜き検査)+(業績ノルマ→量的拡大邁進→店舗数爆発的増加)」故。急ぐべきは潜在事象発掘力強化。http://www.trijp.com/index11.shtml


相変らずの思考・行動様式が再生の足を引っ張っている

長く続いた実質的社会主義体制の付けは大きい

挑戦意欲が萎えている人が増え続けている
2017年10月31日のTwittter
起業を躊躇う人の割合が2000年代から倍増は「(長く続いた減点主義社会+甘やかし→枠内思考専念→失敗を恐れない挑戦の経験欠如→日本人一般の致命的欠点残存)+需要が深く潜在→新成長機会発掘力欠如の露呈)」故。「再チャレンジ社会」は空虚。
→http://www.trijp.com/index12.shtml

悪循環に陥っていることに気がつかなければならない
2017年10月26日のTwittter
安定枠組しがみつきは格差拡大の原因「(効率追求→システム化→経営・生活資源集中→優勝劣敗明確化)+(場当たり主義→未来を展望しての思考無縁→空想力欠如→日本のモノ作りに代わるIT大国化困難→日本の泥舟状態悪化)→ゼロサム化」にも帰結。
→http://www.trijp.com/persona/6-1-5-1.shtml#fool-japanese

横並び志向の日本人だって個性的才能発揮の可能性を秘めている“小宇宙”の持ち主である
2017年10月24日のTwittter
「『カイゼン』や利害調整に終始→成長の限界→日本経済の地盤沈下」は「微調整型経済政策OK時代が長期継続+安定枠組しがみ付き体質→経済を機械装置の如く捉える習慣がロックイン」故。国家運営の期待値は民間企業の革新手法「会議革命」の応用だ。http://www.trijp.com/approach/sfa02-3.shtml#1

横並び志向は「ナアナア習慣→潜在脳力引き出しの妨害」の結果である
2017年10月25日のTwittter
安定枠組しがみつきの背景には「日本的集団主義→未知の既知化脳力欠如→わくわく感なきが故に義務感だけで仕事→挑戦精神が可能にする全体知の欠如→個々人の責任追及が困難な合成の誤謬→諦め→成熟・複雑時代の切り札・ピンポイント力入手困難」故。http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml#TalentOrigin

習慣になっている“付け焼刃”は決して功を奏しない時代になった

2017年10月23日のTwittter
日本の長期閉塞は「人材ミスマッチ大国→ニーズとシーズのミスマッチ多発→『カイゼン』や利害調整に終始→成長の限界」故。不可欠なアウフヘーベン主張の「希望の党」が「希望の星」になれなかったのは「深層事象発掘→合理的説明欠如」故。勿体ない。
http://www.trijp.com/skype.shtml#BrainLimittter

待伏せしている地獄を回避したければ、新成長機会発掘力強化を急ごう

景気回復の兆しに浮かれていると、必ず臍を噛む

2015年6月19日のTwittter
池尾和人教授「日本は2020年代後半以降、深刻なインフレに直面」&三浦展氏等「日本の地価が1/3に(東京オリンピック後の危機)」は、警告「アベノミクスはカンフル注射。新成長機会の継続的発掘力を急ぎ身につけないと、悲劇の主人公になる」だ。
http://www.trijp.com/training_camp.shtml

創造力注入が第四次産業革命の大前提である

企業は適切な舵取りをすれば、ダントツの躍進を成遂げることができる
2017年10月8日のTwittter
日米経済実態「国民借金率とPER急増→ショック容易(米)/五輪・震災復興投資→景気下支え+負債増加(日)」は日本経済の2020年代崩壊を示唆。企業は「全員参加型新創業プロジェクト→新成長機会発掘力強化→AI・IoT投資」に邁進しよう!
→http://www.trijp.com/kigyo-saisei/page15.shtml

新成長機会発掘力強化がAI・IoT投資の大前提である

2017年9月27日のTwittter
AIやIoTには「某商社は業務システムに導入、労力半分以下に削減の部門発生。複雑でも定形化できる仕事を奪う」「画像と医学書に適用→癌の詳細な早期発見→救命故に高価格OK。脱デフレに貢献」の二面有。幸・不幸は学問力と発想力の有無次第の時代到来。
http://www.trijp.com/skype.shtml#c7

最重要なビジネス能力を身につける秘訣がある

2017年10月20日のTwittter
二重の雇用危機「(地球温暖化深刻化+世界超一位の車市場を持つ中国がEVシフト→対中輸出国がEVシフト→EV車が主流に)+自動運転車台頭→日本の車メーカー競争力喪失&500万人雇用危機/第四次産業革命」。未来開拓強化OFF-JTが不可欠。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml


適切で好きな道を歩もう!そうすれば、努力を継続してもストレスを溜めることなく成熟・複雑時代を味方にする「鋭い直観回路」(未知の既知化脳力)の強化がどんどん進む ── 労働から嬉働への転換の勧め ──

  性格に振り回されていることが自分の潜在脳力の殆どを未活用にしている」ことに気づこう!

 長年の習性に起因する閉塞状態から脱出するためには時間をかけてイノベーションのロジック注入を受ける等、粘り強い努力が必要不可欠です。.

 このように言うと、  「粘り強い努力が実るのは生まれつきの才能がある者だけだ」「努力を必死になって続けたらストレスが溜まって病気になってしまう」と思われる方が少なくないことでしょう。しかし、この考えは間違っています。なぜなら、潜在脳力発揮の障害「自らに貼られた(自ら貼った)悪しき心理的ラベル」が精神的な視野狭窄症・拘禁服着用症の原因になっているからです。


他人の目を意識して傑出した存在になろうとすると、自己破滅の待ち伏せを受け易い

 努力を怠らないことは才能を開花させるための必要条件です。なぜなら、努力継続は知恵の源「脳内のシソーラス機能」と胆力の源「海馬」の強化に結びつくからです。そういう意味で負けず嫌いは歓迎すべき性格です。にもかかわらず、負けず嫌いだったTが得意の体操を極めるために大学入学後しばらくしてから自殺してしまいました。どうしてでしょうか? 次の図式の犠牲になってしまったからです。

 「他人に負けまい」という動機で体操に励み続けた + 大学には高校とは比較できないほどの俊英が集まっている ⇒ 焦りが生じた ⇒ ストレスが溜まり続けた ⇒ 心身のフレキシビリティを失ってしまった。

 マイペースの努力はストレスを溜めないが、自分を活かせない世界で強迫観念に支配された努力であったことが悲劇を招いてしまったのです。ここにマイペースの努力を可能にする適切で好きな道を歩むことの必要性があるのです。(関連記事 ⇒ 『無我夢中で頑張り続けることが凡人を非凡にする』)

旭山動物園が人気ナンバーワンの動物園になり、その地位を保ち続けているのは、従業員が適切で好きな道を歩んでいるからである

 従業員が「(就いている仕事を気に入っている ⇒ 職場を守り、発展させたい気持ちが旺盛である) + 創意工夫の余地が無限にある ⇒ 斬新な発想に基いて仕事をし、かつ職場を磨き上げ続ける」となっている。──── この図式が競争力の維持・強化を可能にし、旭山動物園の今日の姿に結びついているのでしょう。

 「創意工夫の余地が無限にある」とは探索すべきニーズとシーズは無限。したがって、「ニーズとシーズのマッチングはつきることがない」を指します。(関連記事 ⇒ 『適切なジグソーパズル思考力が永遠の成長を可能にする』) これを仕事の世界全般に通用するように表現すると、次のようになります。

 仕事にベストを尽くすためにめげることなく考え抜き、かつ問題解決のための自己研鑽を厭わない ⇒ 知恵の源「脳内シソーラス」の充実と胆力の源「海馬」の強化が進む ⇒ 鋭い直観回路(未知の既知化脳力)が身につく ⇒ 気づきにくい事実を見抜き、適切に構想・独創できるようになる。いいかえれば、専門家を初め日本人に潜在しがちな致命的弱点の克服が進む ⇒ 顧客の“小宇宙”にフィットする製品・サービスを提供するようになる。

 (関連記事 ⇒ 『絶好調を維持しながらの生涯現役の人生が可能である脳内シソーラス機能充実=生きがい…が本物のプロを誕生させる自分を知り、自分を愛する人間が高付加価値経営を可能にする』)

競争力を身に着けたければ、一心不乱になれる仕事を選ぼう!
(2015年11月30日のTwittter)
人形師・辻村寿三郎氏の仕事ぶり「博覧強記→デザイン無で制作→目標に向かって余念なき仕事→火事場の馬鹿力・馬鹿知恵発揮→ピンポイントの品質実現」の趣旨は、差異化困難な成熟時代の模範になるかも。無我夢中を可能にする適切で好きな道を歩もう!
http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml

仕事の長続き、“ガラスの天井”の打破の鍵は努力継続力だ
( 2015年4月11日のTwittter)
「仕事の行き詰まり・機会大幅不足→成長と脳力増が困難→退職」となっている女性が多いのは「努力継続力不足→“ガラスの天井”→諦め」故かも。最善の予防策は「今の立場の適切で好きな道化→継続的脳力進化の実感→マイペースの享受」となることだ。
→http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml

全ての人間が潜在的に持っている個性的才能の開花を可能にする「努力継続力」は適切で好きな道に入ることによって身につく

 適切で好きな道に入ると、火事場の馬鹿力・馬鹿知恵力が発揮されやすくなります。なぜなら、次の図式が実現に向かうからです。

 意欲的な人生を送るようになる ⇒
眼窩前頭皮質が適切に刺激され、心にスイッチが入る ⇒ 凡人が見落とす事実に気づく ⇒ わくわく感を原動力に直観したことを詰め抜く」ことが可能になる ⇒ 閉塞状態打開の切り札「未知の既知化 ⇒ 新成長機会の発掘」が容易になる ⇒ “繰り返しの快”への渇望を原動力に用いて挑戦的人生を送る ⇒ 未知の既知化脳力が進化し続ける。

 棋士・羽生善治も言っているように「才能とは、努力を継続できる力」であり、この力を引き出すのが適切で好きな道に入ることを可能にする個性的才能を引き出す性格診断なのです。

 自分に合わないことを義務でやろうとすると、ストレスが溜まり続けてT君のような悲劇が生じてしまうのです。ここに、大変なことを楽しくやることを可能にする「努力継続力」の必要不可欠性があるのだ、と理解してください。

 臨界点を超える努力は天性の才能に勝る
( 2014年12月23日のTwittter)
「適切で好きな道を歩んでも先天的才能のある人には敵わない」は努力継続力の威力を知らない人の大きな誤解。Bさんは社歴を積むうちに先天的な才能ではどう見ても上のAさんよりもヒットする食玩を開発するようになってしまった。これが何よりの証拠。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-2-4.shtml
(2015年4月13日のTwittter)
三田佳子氏が逆境を糧にして大女優になれたのは「映画会社から独立→出演作を自由に選択→型に嵌らぬ役を演技→進取の気性ビルトイン→降りかかった苦難に前向きに取り組み→知力と胆力の継続的強化」故だろう。大成したければ、性格を乗りこなそう!http://www.trijp.com/profile/index.shtml

 躍進を目指して適切で好きな道を歩もう!
( 2014年5月1日のTwittter)
六角精児の職業人生に躍進ヒントあり。「(先輩に誘われて舞台俳優→独自の世界確立に生きがいを感じて演技力継続的進化)+TV時代到来→TVドラマの名脇役へ」が窺われるからだ。心にスイッチオンの源「性格と歴史的立場」を知り、人生再構築しよう!
http://www.trijp.com/skype.shtml

 躍進を目指して適切で好きな道を歩もう!
  (20174年4月26日のTwittter)  
鬱病予防の決め手は山口律子氏が唱える「残業時間の削減」ではなく「今の立場の適切で好きな道化」だ。喜働効果「明確な目的意識→眼窩前頭皮質の刺激→内発的動機に基づく意思決定力・計画性の引き出し→仕事の質・量の能率革命→脳力進化」あり故だ。
http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml#sukinasigoto-effect
 (関連記事 ⇒ 『適切な方向で無我夢中で頑張り続けることが凡人を非凡にする』)

適切で好きな道は万人に用意されている。したがって、どんな立場の人であっても80歳代に脳力のピークを迎えることを可能にする「努力継続力」を身につけることができる

 「今から仕事を選び直すことはできない人はどうすればいいのか?」となる場合もあることでしょう。でも、心配ご無用です。性格と歴史的立場に合致させるべく仕事に取り組む考え方・姿勢を再構築すればいいからです。(関連記事 ⇒ 『仕事人生・婚活・難交渉に成功したければ、性格と歴史的立場に響く動機づけをして心にスイッチを入れよう!』)

 以上の説明を読んで「自分には無理」と思われる方は「殆どの人は潜在能力の2%程度しか使っていない」という事実を認識してください。(関連記事 ⇒ 『性格に振り回されていることが自分の潜在能力の殆どを未活用にしている

 しかし、潜在能力を全面的に引き出すために必要不可欠な「努力継続力」を身につけることはそうなっていない人が殆どであることが示しているように至難の業です。したがって、「適切で好きな道に入るだけで大丈夫なのか?」となる人もいることでしょう。ここで浮上してくるのが、全ての人間が持っている執拗な思考・行動の原動力の源『性格発衝動強迫』の適切な方向での活用です。
(具体例 ⇒ 『無我夢中で頑張り続けることが凡人を非凡にする』)

 このように言うと、「自分が別人のように変身してしまうなんて怖い」となる人もいることでしょう。こういう人は──────

 日本のビジネス・パーソンが生きていく世界は「工業経済」から「知識・知恵経済」になり、これに伴って「所定のレール上を怯むことなく走行することを可能にする量的な力」よりも閉塞状態打開の切り札「未知の既知化 ⇒ 新成長機会の発掘」力が必要になったことを肝に銘じなければなりません。

 日本人に多い「漂うような生き方」は許されなくなる
( 2014年12月9日のTwittter)
市場性豊かな脳力を培わないと生き残りが困難になる。現状「日本の人材ミスマッチ大国性→多くの人々が老害発生の仕組みに嵌りこみ→多くの企業の国際競争力低下」の放置は許されないからだ。努力継続力の源「今の立場の適切で好きな道化」を急ぐべし。
http://www.trijp.com/warsoukatsu/1-2.shtml
2014年11月5日Twittter)
金融資産零世帯。バブル崩壊後の増加「3→30%」は「経済暗転+非凡人のみ新成長機会発掘→格差拡大→社会不安→増税路線→凡人の生活超切り詰め必要化」に結びつくかも。労働から喜働へ→脳力進化…となるために今の立場を適切で好きな道にしよう!
→http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml

「努力継続力」が身につく先には自信に溢れた人生行路が待っています

 努力継続力が身につけば、「この先どうなるだろうか?」という不安をなくすことができるようになります。なぜなら、次の図式実現が可能になるからです。

 戦略発想力強化塾を発展的に活用して「ああなったらこうなる」というシミュレーションを繰り返す ⇒ 予測制御力が身につく ⇒ 泰然自若とした態度で人生を送ることができる ⇒ 想定外のことが起きても事態を冷静に受け止めることができる ⇒存在を知った日記分析指導を受ける ⇒ 人生・仕事の達人への道を歩めるようになる ⇒ 「何が起きてもなんとかなるさ」という心境になれる。


適切で好きな道に入るためには、総合的創造的脳力の持ち主の助力が必要である

インサイダー、アウトサイダーのどちらも限界がある

 適切で好きな道に入ることはいいことづくめですが、適切な専門家の助力が必要です。なぜなら、斬新な着眼なくしては活路が開拓できにくい時代になったからです。分かりやすい例を紹介しましょう。

 源義経の運命が物語るように心にスイッチが入った状態は永続するとは限りません。そうならないためには、世の中を支配する新しいロジックに逸早く気づき、人生行路の舵取りを適切に行わなくてはなりません。先行きがどんどん不透明になる時代であることを考えると、人生・仕事・人間関係を円滑にし続けるためには“波乗り”の達人になる必要があるのです。

 個人の人生の場合は企業経営とは違い、交替不能なので、「経営者には寿命がある」のように切って捨てる訳にはいきません。個人は生き延びなければならないのです。にもかかわらず、それなりに通用していた臨機応変力が通用しなくなるのはどうしてなのでしょうか?

 モーツアルト効果入手に結びつく人生を送ってこなかった ⇒ 日本的集団主義にどっぷり浸かり続けてしまった ⇒ メリハリのない思考状態が続いた ⇒ 脳力のハイエンド化の源「潜在事象発掘」を怠ってきた ⇒ 潜在性が増す一方の「新成長機会・膠着状態打開策」の発掘ができなくなった──、という図式に陥るからです。

.類例なき特技があなたを待っている

 “その場しのぎのなれの果て症候群”を治す相談者の学問力・発想力を飛躍的に強化する解決すべき問題の体系的な理解が挑戦を可能にする創造的問題解決策を共創する ⇒ 臨機応変力の源「脳細胞間の円滑なネットワーキング力」が身につく──、という図式を実現させることです。

 但し、この図式実現は楽ではありません。大袈裟に表現すると、「最後に一突きすると、太陽光線に満ちた視界が広がる」トンネル掘削工事に似た努力を相談者に要求する「渡辺高哉の特技」を使うことを了承してください。

 「今の立場を適切で好きな道にしたい」と願う方へ
 私共が提供するサービスを受けるに際して「今の立場の適切で好きな道化を考慮に入れて悩み事解決を誘導してください」と申し出てください。そうすれば、イラスト図を念頭に置いたサービスを提供させて頂きます。このように申し上げる背景には ────

 性格と歴史的立場を乗りこなすことなく振り回されているから深刻な悩み事が生れる。いいかえれば、性格と歴史的立場を乗りこなす人生に転換できれば(今の立場を適切で好きな道にすれば)、深刻な悩み事は自然に解消する ──── ということがあります。(関連記事 ⇒ 『苦境に陥った根本的原因に気づこう! そうすれば、打開策が見つかる』)

 但し、診断の到達目標は「あなたの性格と歴史的立場はかくかくしかじかです。そして、かくかくしかじかの環境変化が引き金となってかくかくしかじかの深刻な悩み事を抱えるに至ったのです」となります。

.類例なき人生史が類例なき特技に結びついた

 新創業研究所の主宰者「渡辺高哉」の職業経験には三つの特徴があります。業種・業態のいかんを問わずビジネスの構図を一瞬でイメージすることを可能ならしめたビジネスセンスだけを頼りに異分野を開拓し続けた職歴がひとつです。もうひとつは難問解決のための交渉経験がある上に長年に亘る人間の性格と歴史的立場を見抜く研究 を成遂げたことです。

 最後のひとつは「ギブ&テイクの転職を重ねて夢見ていた脳力獲得に成功した渡辺高哉の“大馬鹿行動”の中身と教訓は何か─― 個人的な条件だけで“孫悟空”の壁は打破できる ―─ …等」のイノベーション体験です。

 このような特徴ある職業経験をした結果、総合的創造的脳力を身に着けるに至り、潜在事象発掘のための執拗なQ&Aの機会が与えられれば、仕事・人生・人間関係における創造的問題解決策を共創し、悩み事を抱えた当事者の挑戦意欲を引き出すことができる。いいかえれば、各人(社)各様の潜在脳力の全面的引き出しのコツを掴むに至っているのです。

 (関連記事 ⇒ 『生立ちが醸成した秘めた才能を見抜き、凡人をプロフェッショナルに転換させたマジカルパワーを持つ会議などの手法を開発して次々と驚異的な成果を挙げた  / 真空機器振興ビジョン  / 豊田市地域商業近代化ビジョン』)

 世俗的幸せを捨てて総合的創造的脳力を極めつつある渡辺高哉の執念


脱・長期閉塞のための粘り強い努力は必ず報われる

 「解決すべき問題の解決が新成長機会発掘である」「難問山積度が増す一方の世の中になった」ことを考えると、前途には洋々たるものがあるからです。(関連記事 ⇒ 『老害発生の仕組みからの脱却は企業の業績拡大を可能にする中国経済の再構築は日本企業に新たな新成長機会を与えてくれる可能性がある』)

 にもかかわらず、閉塞状態が長引いているのは、場当たり的な人生が潜在事象発掘力を身につけることを妨げ、深く潜在するようになった新成長機会を縁遠くしてしまっているに過ぎないのです。


入手を急ぐべきは鋭い直観回路(未知の既知化脳力)の入手である

 問題解決策や新成長機会は顕在化しているのではなく深く深く潜在しています。どうすれば、問題解決策や新成長機会は顕在化させることができるのでしょうか?

 問題解決や新成長機会発掘に役立つ目立つことなく散在している「点」のような事実に気づく ⇒ 「点」のような事実を結び合わせて「線」のような情報に進化させる ⇒ 「線」のような情報を結び合わせて「面」にする。(「面」とは問題解決策々定や新成長機会発掘を指します)(具体例 ⇒ 『戦後最大の謎『三億円事件』の総合的創造的考察』)

 この具体例が示しているように、未知の既知化脳力の源「脳細胞間のネットワーキング力」がなければ、問題解決策々定や新成長機会発掘の作業は樹海をさ迷うが如き状態になってしまいます。真っ暗闇の中で「出口はあそこだ!」と叫ぶことを可能にする鋭い直観回路(勘)がないと、創造的行動はスタートできないのです。(関連記事 ⇒ 『深く潜在している新成長機会の継続的発掘の秘訣 私生活の立ち往生状態』)

 「このような創造的行動を採ることは自分には無理だ」と言ってすませることは許されるのでしょうか?将来を展望すると、「否」です。

  (理由1) 先行きがどんどん不透明になる ⇒ チャンスもピンチも後ろ髪のない禿坊主のような存在である ⇒ 模倣や横並びは困難になっていく
  (理由2) 各人各様の“小宇宙”の識別が必要な小さな物語の時代になった ⇒ 大きな物語の時代にはOKだった十把一絡げ的な対応は通用しにくくなった
  (理由3) 積み重ねてきた「カイゼン」のコスト・パフォーマンスは悪化の一途を辿ることになっている→小さな隙間市場の妙味が薄れてきた
  (理由4) 深層学習型人工知能が登場したために、既知の世界では人間が活躍できる余地は狭くなる一方である(例:達人であっても将棋ソフトに敵わない)

 しかし、心配無用です。→私共の悩み事相談は新時代の切り札「鋭い直観回路」入手に向けた人生の再スタートが切れるように緻密に設計されていることを肝に銘じてください

 「そんな苦労をしたくない。いざとなったら専門家の助言を仰げばいいではないか」と思われる方も存在することでしょう。しかしながら、この考え方は通用しにくくなりました。なぜなら、いわゆる専門家を含む権威筋は様変わりした環境に適応できていない

 「インターネットの普及等は世界の統合度を進める + 人工知能の進歩・普及は人間脳力のエンドレスなハイエンド化競争に結びつく ⇒ 生き抜くために新しいライフスタイルが必要になる」ことも忘れてはならないでしょう。

  (2015年5月11日のTwittter)  
「日本の大手メーカーから斬新なヒット商品が生れなくなって久しい」のは「陳腐な枠内思考にしがみつき→成功中に組み込まれた失敗因子放置」故だ。「挑戦精神が欠けているから」は陳腐すぎる。学問力・発想力の飛躍的強化に向けて人生の舵を切ろう!http://www.trijp.com/skype.shtml

  2014年10月19日のTwittter
深く潜在している新成長機会発掘には知的アクロバット力が必要なのはなぜか。見過ごされている需要に気づき、需要が放置されている様々な原因を創造的に除去しなければならないからだ。どうすべきか。総合的創造的脳力入手に向けて事例研究をすることだ。
http://www.trijp.com/chosaku/061126-3-4.shtml
  (2014年8月20日のTwittter)  
妖怪ウォッチの大ブーム現象は「世の中から取り残された事象に大きな隙間市場あり」を示唆。(科学技術進歩→不潔解消の現代版トイレ等登場→我慢力低下+オナラ等の際立ち)+真理探究本能→残された苦痛の超能力を使って覗き見願望…が窺われるからだ。
http://www.trijp.com/vision/1-2.shtml
 (科学技術の進歩は綺麗で便利な世の中を実現させました。しかしながら、臭いオナラはどうにもなりません。したがって、「オナラは際立った存在になり、しかも恥ずかしいので苦痛な存在になりました。すると、「オナラはどうして出るのだろうか?」となり、生体の仕組みを覗き見する願望が生まれました)

  (2014年9月25日のTwittter)  
脅威は好機だ。(コンクリート社会+束になって長時間降る雨→全降雨が下水に直行→下水から水が溢れて都市水没へ)+税制の優遇措置→貯めた雨を有効利用&省電力の家屋需要急増へ…が一例。新成長機会継続的発掘力を培って不景気無縁経営を勝ち取ろう!
http://www.trijp.com/index12.shtml
 (新成長機会発掘のチェックリストとなる「環境要因の体系」をミニプロジェクト発注者に無償提供します)

棋士・羽生善治の「才能とは、努力を継続できる力」の証明

出所:110121付け『朝日新聞(朝刊)』38頁


適切で好きな道を歩む。これが鋭い直観回路(未知の既知化脳力)入手の王道である

 鋭い直観回路が自然に身につく人生にしたい方は適切で好きな道を歩むことが与えてくれる効用を信じて次の図式を実現させる人生航路に舵を切ることです。

 構想力・独創力を身につけることを最優先させる人生に転換する ⇒ 目的意識が適切、かつ明確になる ⇒
眼窩前頭皮質が活性化する ⇒ 内発的動機に基づく意思決定力・計画性が引き出される ⇒ 学問力・発想力が飛躍的に強化される ⇒ 深刻な悩み事や行き詰まりを自己変革の絶好のチャンスとして捉える

 ⇒ 総合的創造的判断を一瞬で行う脳力(臨機応変の全体知の源「脳細胞間の円滑なネットワーキング力」)が加齢に応じて進化するのを実感して生涯現役を目指すようになる ⇒ サーチュイン遺伝子が継続的に活性化される ⇒ 80歳代に脳力のピークを迎えることが可能になる。

 鋭い直観回路が欠如すると、チャンスが素通りし、ピンチに襲われやい時代になった
 2014年6月9日のTwittter  
日本の医療制度崩壊危機(2025年)原因「(検査機器依存→無思考診断)+(疾病複雑化→患者が家庭医をパスして大病院に殺到)+(後期高齢者になる団塊の世代大量発生→疾病者急増)」の本質は企業世界に当てはまる。生き抜き策は鋭い直観回路入手。
→http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml
2014年11月19日のTwittter  
マンネリズム=自滅の道。近未来図「ロボットが全産業を呑み込み→将棋の達人が将棋ソフトに負けるような事態が多発→未知の既知化を可能にする鋭い直観回路の持ち主のみが優遇へ」故だ。閃きの源「脳細胞間の円滑なネットワーキング力」を強化しよう!
http://www.trijp.com/tachioujyou.shtml

直観回路を強化しつつ難問の創造的解決を可能にする方法があります
 2014年11月29日Twittter  
適切なアイディア・質問が出にくくなったのは「セクター間の相互依存拡充等→世の中複雑化→好機・脅威が深く潜在化」故だ。難問解決策の熟考→脳細胞間の円滑なネットワーキングへ→斬新な着眼入手→閃き…となることだ。ここにワタナベ式の意義あり。
http://www.trijp.com/


長期閉塞から脱出できない理由を再確認しよう!

 (市場・産業基盤が成熟し、かつ世界中のセクター間の相互依存が拡充した ⇒ 世の中が複雑になり、好機・脅威が深く潜在するようになった ⇒ 未知の既知化脳力の源「脳細胞間の円滑なネットワーキング力」を身につけることが必要になった)

  + (模倣・横並びで事足りていた右肩上がり経済成長が長く続いた ⇒ 和優先の文化が強化された ⇒ 漂うが如き生き方が成功を収め続けた⇒ 難問に真正面から取り組まず場当たり的に対処する習慣が根付くに至った ⇒ 脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身につきようがない)

  ⇒ 専門家を初め日本人に潜在しがちな致命的弱点が克服されていない ⇒ 深く潜在している事象(真実)を発掘する脳力が欠如したままである──、という図式ができあがっている。

 だから閉塞状態から脱出できないのです。(関連記事 ⇒ 『日本経済がエアーポケットの中をもがくのみとなっている背景に環境変化鈍感症があるファーブルの毛虫現象』)

 上記の図式に気づいていれば、必要な対策を講じることができます。ところが、そうなっていないために、 「少女を翻弄した精神的視野狭小症の有名医師等の現実直視力欠如症候群」や次のような由々しき事態が生まれています。

  時代が要求する対策を講じることなく 「社員から役に立つアイディアが出なくなった」と嘆くばかりの経営者が多い。
  新規事業開発には6種類の壁があることを十分認識していないために、「職業別電話帳があれば、新規事業開発はできる筈だ」と平然と発言する骨董品のような人が相変わらず存在する。

 問題解決の知恵を提起すると、「そのアイディアはどこに書いてありましたか?」と平然と言う人が珍しくないのも同根です。



 

 

ビデオ講話『新成長機会発掘の秘訣』の視聴はここからお入りください「頭が良くなる方法が分かった。トンネル工事のような努力を惜しまなければ、どんな難問でも解決できるようになる」と思うようになる筈です。
 ご視聴の結果、「赤字・業績不振の解消策」に納得される筈です

 講話(動画)の理解を容易するために事前にお読み頂きたいコンテンツ
講話(動画)」の目次夢実現方程式(二つの実話)渡辺高哉 日本が実質的な社会主義体制を採用した理由と影響習慣のロックイン未知の既知化脳力イノベーションのロジック注入脳細胞間の円滑なネットワーキング力真空機器振興ビジョンマジカルパワーを持つ会議などの手法を開発して次々と驚異的な成果を挙げた潜在事象発掘のための執拗なQ&A 人間理解のあるべきスタンス潜在脳力が殆ど未活用学問力・発想力の飛躍的強化各人(社)各様の潜在脳力を引き出す適切で好きな道






閉塞状態脱出の支援サービスskype電話ご訪問…のどれでもOKです


  ▲トップ                                    

トップページ