[TRI] Total Renovation Institute 新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225

新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています

トップページ

日本人が陥っている宿痾の実態のポイント
新思考の地方創生  ひたちなか市平磯町振興に向けての発想  

創造力注入を急ごう!
─── 成長の限界は必ず打破できる ─── 

 2017年3月25日全面的更新(2017.8.24更新)

前提認識

吐露する言葉には凄いことが必ず潜んでいる 
  (2016年12月5日のTwittter)  
「このままでは銀行が潰れる」は「新成長機会深く潜在化+融資審査姿勢不変→企業の銀行離れ」故。「受取った事業計画書には何か凄いことが秘められているかも」と受け止める「概念拡大と論理化型の議論」ができる深層事象発掘の達人を登用することだ。
http://www.trijp.com/approach/sfa01-2.shtml

悩み事解決の決め手「明晰頭脳化」はその気になりさえすれば可能になる
  (2016年8月28日のTwittter)  
真面目人間・企業がエアーポケットの中をもがくが如き状態になっているのは「一定方向での長年の努力→それなりに存続→習慣のロックイン→苦境打開のための学問無縁→思考のベース不変」故。知るべきは救いの神「学問力・発想力の飛躍的強化の方法」。
http://www.trijp.com/skype.shtml

人生の舵取りをしない者を置き去りにする。こういう世の中に必ずなる
  (2016年3月3日のTwittter)  
安倍首相「同一労働、同一賃金」は、日本経済再生に結びつく苦い良薬になる。労働者の選別加速→AIの普及加速→労働生産性の飛躍的向上…が期待できるからだ。サバイバルに成功したければ、苦境から脱出できない根本的原因を認識した対策を講じよう!
http://www.trijp.com/approach/sfa03.shtml

低収益企業の存続を困難にする施策が次々と必ず繰り出される
  (2016年12月11日のTwittter)  
安倍政権打ち出しの最低賃金引上げは「労働意欲増+新成長機会発掘力欠如→エアーポケットの中をもがくが如き状態→賃金増吸収困難→経営破綻」の危険性を孕んでいる。こうならないためには「企業人の学問力・発想力の抜本的強化が不可欠」と心得よう!
http://www.trijp.com/skype.shtml#c7

新成長機会発掘志向の就業姿勢が必要になる
  (2016年12月8日のTwittter)  
働き方改革は様変わり環境「ひたすら作っても売っても効果薄の時代到来→総労働時間・人口は生産性に直結せず→脳力進化の怠りは自殺行為」への適応策。「ぶら下がり族=自滅族」を認識し、イノベーションのロジック注入を受ける等、自己投資を急ごう!
http://www.trijp.com/persona/6-1-6-2.shtml
     (2016年3月9日のTwittter)
安倍政権の目標「サービス産業の生産性を2020年迄に倍増」の背景には「日本経済の生産性飛躍的向上は産業再編成や創造力注入によって可能になる」がある。但し、企業の統廃合進展は必至。生き抜きたければ、各人(社)各様の潜在脳力を引き出すべし。
 (サービス産業の生産性アップ→従業員のペイアップ→消費拡大→GDP拡大…が期待できるのだ)

諸悪の根源は自らに貼られた(自ら貼った)悪しき心理的ラベルであることに気づこう!
  (2016年2月20日のTwittter)  
自分を客観視できないと、臍を噛む。折れず滑らかな書き味のチョーク生産を可能にする生産設備などを韓国企業に売却・ 廃業。直後、事業の継承・支援者が続出した羽衣文具が好例だ。岐路選択を誤りたくなければ、情報ゾーンの適切化を絶えず心がけよう!
http://www.trijp.com/daijyoubu/ameba.htm
(情報ゾーン適切化の心がけ欠如が招いた悲劇の他の例 ⇒ 『有名人 (権威筋)の脳力を判断するための事例』)

日本経済再生の条件は整う。但し、企業・個人の優勝劣敗は一段と明確になる
2017年3月25日Twittter
アベノミクス行詰まり「高齢化社会進展→社会保障費増加→GDP増加必要/投資と消費意欲が低い→金融政策無有効」。心配無用。デジタルネイティブの時代到来→人材ミスマッチの是正圧力→個性練磨の圧力→生涯現役→一億総活躍…が展望できるからだ。
http://www.trijp.com/chiryoku80/chi01.shtml


日本再生の露払い役を担っているのが小池知事主導の東京大改革である
── 豊洲市場問題等の分析を通して日本の宿痾の実態を認識しよう! ──

   日本の宿痾1 “安定枠組み依存症”に起因する「国民を無能にする慣行」(学歴主義、資格主義、実績主義創造的な計画軽視有担保原則、記者クラブ等) が超長期間続いた+癒着体質が根づき全体知欠如症になった)→舵取り力が鍛えられない→惰性・お墨付きに依存したり、なし崩し的に大事を決断・決行する(日本人が陥りやすい思考・行動様式

→ 意思決定過程不透明性の元凶「ナアナア体質」が支配的になり、重大なすれ違いを放置したまま事が進み、将来に禍根を残す形で物事が決着しやしすい。(浜渦元副知事「豊洲市場用地の売買取引は東京ガスが汚染除去をすることを前提に成立することになっていた。にもかかわらず、東京都が過分に負担することになってしまった」が具体例)

閉塞状態深刻化という恐るべきことが待ち構えているかもしれないのに“その場しのぎのなれの果て症候群”を治す方法があることに気づきようがなかった。企業の改革が進まないのも同じことなのです。(関連記事 ⇒ 『陳腐化した枠内思考から脱却しないと生き抜くことが困難な時代になった』)

   日本の宿痾2 経済の右肩上り時代が長く続いた→問題が自然解消した→問題先送り体質ができあがった)  or 集団のコンセンサスに基づいて大事が決定されるので、個人の責任が追及されにくい→「何かあってもなんとかなる」と思いがちとなった(リスクマネジメント欠如症の根本的原因

→「安心はともかくも安全を多くの専門家が保障している。税金を使った出費が嵩むばかりである。(築地だって土壌が汚染されているので、)豊洲移転を急ぐべし」とする石原元都知事の主張

事業の失敗福島第一原発の事故&不正臭濃厚な、豊洲市場用地の取得並びに汚染対策費用負担の意思決定過程(いずれもプロフェッショナルシミュレーション無縁体質が招いた、潜在していたリスクの顕在化)

   日本の宿痾3  「(自分の過去の歩みを分析していない→固有の問題意識を持たない→情報ゾーンを適切にできない)+(試行錯誤を伴う挑戦をしない→脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身につかない→潜在事象発掘力が貧困である)→戦略発想に基づく異変待ち受けができない→ビッグ・チャンスを掴めない」となりがちである(難問の創造的解決が困難になっている理由1

   日本の宿痾4 支配的な“空気”に影響されたり、「理」よりも「情」を大事にする→真相究明を回避する→脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身につかない→世の中を幅広く学問するに至らない→日本人一般に潜在しがちな致命的弱点が生まれる→物事・人物の本質洞察力&行動期待値を引出すための合理的説明力&適切なグランドデザインの源「独創的構想力」…が欠如しがちとなる(難問の創造的解決が困難になっている理由2

→「中枢機能の不全→セクショナリズム蔓延→収拾が困難になる程に問題が複雑化」(多くの企業が陥っている状態…等

必要とされる人材・取引先は過去と今後では大きく異なることの認識欠如(「築地市場をリフォームすれば安全・安心を確保できる」と訴えて立候補した天才的建築家・黒川紀章氏が都知事選惨敗、有名人の現実直視力欠如症候群…等)

青森県六ヶ所村が「核廃棄物を全部返す」と言って来るのをおそれてか「もんじゅの廃炉」と巨額の国費無駄遣いに結びつきかねない「実証炉型の核燃料サイクルの建設」の同時決定

   日本の宿痾5  「人間理解のあるべきスタンスが確立されていない心理的レッテルに毒されている潜在脳力の殆どが活用されていない」となりがちである(精神的な視野狭窄・拘禁服着用症の根本的原因

日本人が陥っている宿痾の実態のポイント
 日本は和が優先の文化である。これが事を曖昧にする習慣の根付きに、この習慣が専門家を初め日本人に潜在しがちな致命的弱点に気づくのを妨げて、次のような由々しき事態に結びついています。

  潜在事象発掘力が大幅に不足する ⇒ 新成長機会の発掘が遅々として進まない ⇒ 経済的苦境から脱出できない
  組織のガバナンス力が不全に陥りやすい ⇒ 福島第一原発事故、東京都の豊洲市場問題企業の新規事業失敗などが発生しやい。

 鍛え上げた脳細胞間の円滑なネットワーキング力があれば、上記したような状態に陥らずにすみます。ところが、望むべくもない状態に陥っている場合が殆どです。「和優先の文化 ⇒ 弁証法の忌避 ⇒ 詰め抜く習慣無縁 ⇒ 設定した仮説を検証し、肉付けする習慣無縁」となっているからです。

 石原元知事が提起したことを都職員がそのまま受け入れた。このことが契機となり、連鎖反応が発生した豊洲市場問題が「設定した仮説を検証し、肉付けする習慣無縁」の典型的な例です。

   2017年8月24日のTwittter
公共事業が“時限爆弾埋込”になる主因は「真の全体統治者不在+赤信号皆で渡れば怖くない→合成の誤謬発生→大きな危険察知→全員が耳目を塞いで職務遂行」故。脱・閉塞状態がままならぬ個人・企業も本質は同じ。IA機能付AI&質疑応答への期待大。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml#kaigi-kakumei

 個人の自立と創造力の敵「日本の宿痾」は「難問解決に向けて試行錯誤を厭わず考え抜く ⇒ 脳細胞間の円滑なネットワーキング力が身につく ⇒ 全体知欠如なき新成長機会発掘が可能になる」の図式実現の大きな妨げとなることを、肝に銘じなければなりません。(納得して頂くための2事例 ⇒ 『深く潜在している新成長機会発掘プロセスと私共の役割』)

   2014年11月14日のTwittter
日本経済に赤信号点灯の真因は増税に非ず。世渡り術の様変わり「和に好都合な曖昧模糊→洞察力と知的アクロバット力」への不適応症だ。ここにメスを入れない各セクターの対策は事態悪化を招くのみ。新時代の成功の鍵「潜在事象発掘力」を強化しよう!
http://www.trijp.com/index11.shtml
 2014年11月29日Twittter  
適切なアイディア・質問が出にくくなったのは「セクター間の相互依存拡充等→世の中複雑化→好機・脅威が深く潜在化」故だ。難問解決策の熟考→脳細胞間の円滑なネットワーキングへ→斬新な着眼入手→閃き…となることだ。ここにワタナベ式の意義あり。
http://www.trijp.com/
 (アイディアが出されても「ニーズには本当と嘘がある」のを知らず失敗した事業は多い
   (2017年3月25日のTwittter)  
アベノミクスの行詰まり「高齢化社会進展→社会保障費増加→GDP増加必要/投資と消費意欲が低い→金融政策の無有効」。心配無用。デジタルネイティブの時代到来→人材ミスマッチの是正圧力→個性練磨の圧力→生涯現役→一億総活躍…が展望できるからだ。
http://www.trijp.com/chiryoku80/chi01.shtml
 ( 日本の宿痾は複雑問題解決の切り札「シナリオ発想力」欠如にも結びついているのです)
   (20174年4月4日のTwittter)  
原発の矛盾「規制をパスすれば、再稼働OK。しかし、安全は保障できない」。プロフェッショナル・シミュレーション脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化→現実直視力強化&体制見直し…が求められる。日本の宿痾対策は新事業開発にも不可欠だ
http://www.trijp.com/cts/cts-index.shtml#J-chronic-desease
   (2017年2月19日のTwittter)  
「日米、2国間通商議論」は日本経済の低生産性「世界3位のGDP一人当り26位(2015年度)」脱却に結びつくかも。日米経済一体化圧力→脱・癒着体質→人材ミスマッチ是正…が期待可能故だ。日本人に潜在しがちな弱点克服努力が不可欠になる。
http://www.trijp.com/index02.shtml#hidden-WeakPointt

  (2016年9月15日のTwittter)
小池都知事の「波紋呼んでこそ改革」は正しい。関係者に「核心を突く大ショック注入→全記憶の再編成→新しい思考・行動の引き出し→老害発生の仕組みから脱却」を実現させて初めて改革に必要不可欠な解決すべき問題の体系的な理解が促進されるからだ。
http://www.trijp.com/skype.shtml#BrainLimittter
   (2017年2月13日のTwittter)  
専門家筋「都民ファーストの会と自民党の間に政策対立軸がない」は「都知事有力候補者間に政策の違いが殆どない」と同じ愚の繰り返し。都民目線の新成長機会発掘を狙っているのが東京大改革。「現実直視力強化なくして脱デフレは困難」を肝に銘ずべし。
http://www.trijp.com/columbus/3-1-9-1.shtml#GennjitsuCyokusiryoku
   (20174年4月7日のTwittter)  
小池都知事批判「豊洲の風評被害惹起、税金無駄遣い」は「日本の宿痾に起因する習慣固着→中枢機能不全看過→都政の麻痺」の認識欠如に起因。彼女は都議選に向けて「都政透明化の徹底→都政透明化が可能にするビジョン提示」に邁進すべし。企業も同じ
→http://www.trijp.com/cts/cts-index.shtml#J-chronic-desease

   (2017年3月30日のTwittter)  
米国の矛盾「(韓国政権交代→駐韓米軍不安定化→中国の朝鮮半島支配)+アジア利権死守の必要性→日米同盟強化の必要性/牛肉・自動車業界の圧力→TPP以上の厳しい対日交易条件へ」は、日本の宿痾を許さぬ「日米融合→ナアナア不許容」に帰着かも。
http://www.trijp.com/cts/cts-index.shtml#J-chronic-desease

 金融機関は借り手にイノベーションのロジックを注入しなければならない


日本経済は新成長機会発掘力強化型の財政支出拡大を必要としている
── 力づくのデフレ対策継続は財政破綻に必ず直結する ──

世界の流れが静かに一変した。各セクターは再構築を急がなくてはならない
  (2015年1月31日のTwittter)  
ピケティ著『21世紀の資本』は「環境不適応の教育→成長の限界」と解すべし。世界史は「新成長機会が顕在→凡人でもOK→資本主義順調」から「新成長機会が深く潜在→凡人ではNO→資本主義不順調」になったのだ。潜在事象発掘力を急いで強化しよう!
http://www.trijp.com/index11.shtml

現実直視力欠如の先には悲惨な事態が待っているかもしれない

  2015年6月19日のTwittter
池尾和人教授「日本は2020年代後半以降、深刻なインフレに直面」&三浦展氏等「日本の地価が1/3に(東京オリンピック後の危機)」は、警告「アベノミクスはカンフル注射。新成長機会の継続的発掘力を急ぎ身につけないと、悲劇の主人公になる」だ。
http://www.trijp.com/training_camp.shtml

独創的構想力を持っている人物を鐘や太鼓を叩いてでも探索・登用しなければならない

   (2014年12月29日のTwittter)  
 閉塞状態の真因は増税に非ず。小手先対策は自殺行為。故・湯川秀樹博士快挙の真因「悪しき日本的集団主義無縁→本質追求の習慣→世の中を幅広く学問→新しい世界を切り開き、陳腐な枠内思考からの脱出に結びついたグランドデザインの提起」を知るべし。
http://www.trijp.com/index12.shtml
 (適切な枠外思考をしないと、努力してもエアーポケットの中をもがくような状態になる時代になりました。「斬新な着眼なくしては活路が開拓できにくい時代になった」を肝に銘じよう!)

独創的構想力で決して忘れはならないのは、独創的なシナリオ発想力だ

   (2017年3月23日のTwittter)  
「財政支出拡大と構造改革は両立不能」は日本人に潜在しがちな致命的欠点故のシナリオ発想欠如症。(構造改革+潜在脳力引出し策認識→助力を得て潜在脳力引出し)+財政支出拡大→引出した潜在脳力を使って仕事→短時間労働と所得増…が期待可能故だ。
http://www.trijp.com/index02.shtml#hidden-WeakPointt 

棚母田ではなく創造的にトリクルダウンを実現させなければならない

   (2017年3月9日のTwittter)  
 我国消費拡大に必要なのは「魅力的商品故に好業績→賃金増」の連動。「成熟故に低成長/労働力増が潜在成長率増のために不可欠」は全体知欠如。急ぐべきは「人材ミスマッチ是正→“孫悟空”の探索・抜擢→創造的衆知結集→新成長機会発掘力強化」だ。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml#3steps-approach

 日本人に潜在しがちな致命的弱点の克服促進…に結びつく国策が必要になる

   (2017年3月9日のTwittter)  
古き良き時代「新成長機会顕在→トリクルダウン容易→年功序列OK→1~6等迄平等→漂うような生き方許容」の終焉は更なる所得格差拡大に必ず帰結する。人間理解のあるべきスタンスの適切化→潜在脳力引出し戦略発想力強化…に全力で邁進しよう!
http://www.trijp.com/vision/3-2.shtml#humasn-misunderstand

 重大な盲点払拭の怠りは日本の財政破綻に必ず結びつく
 
 社長力抜本的強化の秘策


新成長機会は深く潜在しているが豊かであることに気づかなくてはならない

新成長機会は深く潜在していても発掘は可能である
老害発生の仕組みからの脱却は企業の業績拡大を可能にする
製造業が低収益から抜け出す方法(その1~4)
最先端商品の源泉は意外なところにある
深く潜在している新成長機会発掘の秘訣 動画
岸久さんが世界最高峰のバーテンダーになれた秘訣
進取の気性の源「現実直視力の強化」が成功の鍵
「人間は強く思い続けた通りになる」の生きた見本
最優先の投資案件きは各人(社)各様の潜在脳力引き出しだ
トランプ大統領の真意を洞察すると、異次元の成長戦略が浮かび上がってくる
──サマーズ米国元財務長官の長期停滞論は学者特有の枠内外思考なのだ ──

   (2017年3月6日のTwittter)  
 所得再配分の強化は陳腐かも。トランプ政権には「ウォール街パワーアップ+軍事力強化+日本力活用→中東・東北アジア等の新成長機会発掘→経済成長が諸矛盾を包摂」が期待可能故だ。全体知に満ちたジグソーパズル思考は脱・長期閉塞の切り札になれる。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml
   (2017年1月1日のTwittter)  
移民や自由貿易を抑止するトランプ米国新大統領の登場は「世界主要国の内向き化+雇用維持は至上命令+市場は成熟→創造的内需拡大の不可欠化→新成長機会発掘力の必要性急増」に結びつく。潜在事象発掘力強化のための執拗なQ&Aの効用を認識しよう!
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml#kfs-of-watanabeshiki
   (2017年3月24日のTwittter)  
産業界の悩み「市場成熟→買いたい商品が思いつかない→消費低迷」の解決を可能にするのは、消費者の心奥深くに潜んでいる欲求を引出し・認識させるコンサルティングセールス…と心得るべし。但し、潜在事象発掘のための執拗なQ&A力が必要不可欠だ。
http://www.trijp.com/kigyo-saisei/page7.shtml

中国経済は深く潜在している新成長機会を生み出しつつ再生される
潜在成長率の短期引上げの可能性を秘めた「新思考の地方創生」成功の鍵は地域企業・住民への創造力注入である
環境不適応の実態を認識する
   (20174年4月15日のTwittter)  
全JRは低金利故に「債務返済順調→適切な投資→地域魅力引出し」「基金の運用益悪化→体力低下→投資困難→地域魅力引出し困難」と明暗が浮彫。後者に期待されるのは「企業成長の4条件」前提の「現実直視力強化→御宝発見→未来進行形の地方創生」。
http://www.trijp.com/kigyo-saisei/page8.shtml
戦略発想して御宝を発見する
やる気が生まれる地域振興ビジョンを創る
定住自立圏構想に魂を吹込むために創造力注入センターを設営する(関連記事 ⇒ 『社会横断的な人的交流が拡大することを認識する』)

──深く潜在している新成長機会発掘の秘訣動画を視聴してください。相談者側がどんな質問をしても即回答できるようにように準備しさえすれば、渡辺高哉の特技が各人各様の潜在脳力を引き出し ⇒ 老害発生の仕組みから脱却 ⇒ 脳細胞間の円滑なネットワーキング ⇒ 深く潜在している成長機会発掘(深刻な悩み事の創造的解決)」という図式が実現することを理解される筈です ──

創造力を主要セクターに注入する。さもなくば、地方創生はまやかしになる

  (2016年10月15日のTwittter)  
日本農業一般の実態「国内販売のみ+少子高齢化→衰退→若者離れ→更に衰退」は「ぶら下がり人生→加齢と共に脳力劣化→新環境下で臨機応変力欠如の露呈→雇用不安・所得増困難」を想起させる。「創造力注入が新成長機会発掘を可能にする」を知るべし。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
   (2017年4月18日のTwittter)  
地方創生の肝は創造力注入であって“絵に描いた餅”作りに非ず。多くの地方社会は「平等重視社会+(工業化の余地大→トリクルダウン可能)→均衡ある国土開発を目標化→成功の鍵は横並び→住民の創造力欠如→環境変化に不適応」の図式から未脱出故だ。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml#takaya-tokugi

歴史に学んで地方創生策を考えよう!

  (2016年10月15日のTwittter)  
日本農業一般の実態「国内販売のみ+少子高齢化→衰退→若者離れ→更に衰退」は「ぶら下がり人生→加齢と共に脳力劣化→新環境下で臨機応変力欠如の露呈→雇用不安・所得増困難」を想起させる。「創造力注入が新成長機会発掘を可能にする」を知るべし。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml

  (2016年10月15日のTwittter)  
日本農業一般の実態「国内販売のみ+少子高齢化→衰退→若者離れ→更に衰退」は「ぶら下がり人生→加齢と共に脳力劣化→新環境下で臨機応変力欠如の露呈→雇用不安・所得増困難」を想起させる。「創造力注入が新成長機会発掘を可能にする」を知るべし。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
 (2017年3月16日のTwittter)  
定住自立圏構想の期待値は「創造力注入センター設営+IoT活用→全員参加型社会」。「天下統一→富偏在と中央集権化→朝鮮出兵→地方は徴兵と納税の負担で疲弊」「本社機能がないまま地方繁栄+企業の海外進出→本社機能がない地方衰退」の歴史故だ。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml#takaya-tokugi
   2014年9月6日のTwittter
地方社会の衰退は「(中小企業保護政策+高度成長→雨後の筍の如く中小企業誕生)+長期デフレ→中小企業の脆弱性露呈」に起因する場合が多い。地方創生を可能にするのは、新思考「未来開拓を可能にする個人の潜在力が極めて重視されるようになった」だ。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml
   (2017年3月20日のTwittter)  
地方の悩み「低付加価値産業→賃金増困難→人口流出→人手不足→産業振興困難」の解決策は「(定住自立圏構想推進→地域ネットワーク化)+(自治体が保育士賃金大幅引上げ→保育所拡充)+創造力注入センターPR→地域内立地を求める企業輩出」。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml#takaya-tokugi

地方社会が目指すべきは「循環型経済の推進→地域住民の雇用創出」だ

   (2017年6月8日のTwittter)  
農林業基幹産業化・循環型経済振興→経済不安を抱える人々の東京圏脱出…が必要なのは「日本の貧困率は発展途上国と同等かそれ以下の世界第4位(30.9%が貯金零世帯、12.5%が消費者金融利用)」「新成長機会発掘には高度脳力が不可欠」故だ。
http://www.trijp.com/index12.shtml
 2017年6月25日のTwittter  
地方創生の期待値は「循環型経済復活→人間同士の触れ合い度増→共感・同情度増→人材ミスマッチ解消」。社会の病「効率増の欲求+グローバル化・情報化→縦系列の進展→人を含む資源の所在明白化→力次第で資源入手OK→格差拡大→社会分裂」有故だ。
http://www.trijp.com/warsoukatsu/1-2.shtml

結束力を強化した自治会連合にする。これが揺るぎない地方創生の歩みになる

   (2017年6月1日のTwittter)  
「近隣の人間関係疎遠→家庭・個人間の相互依存困難→外注の輪拡大は望むべくもなし→新サービス・技術の輩出は望むべくもなし→豊富な新成長機会は深く潜在したまま」な現象多し。「各セクターの相互理解→state創出→地方創生」への期待は大だ。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml#creation

教訓「魅力的女性の存在→魅力的男性の吸引→組織の活性化」を活かそう!

   (2017年3月19日のTwittter)  
北海道が魅力度1位は「(物質文明爛熟→脱日常欲求)+(広い面積→多様なスポット享受)→飽き無縁」故。茨城県が真逆は「保守的県民性→ベンチャー精神欠如→雇用創出困難→女性流入困難→低活力」故。同県振興策の胆は若者の企業支援と観光振興。
http://www.trijp.com/heart4-6.shtml

適切な婚活を支援しよう!

  (2017年1月22日のTwittter)
「科学技術の進歩→独身生活OK→恋人不要増→非婚率増」は危険信号。先行き不透明時代の要諦は「夫婦完全融合への道→老害発生の仕組み排除→臨機応変力の強化→幸せな独自路線へ」故だ。「相性の良い伴侶捜しは人生の最重要投資案件」と心得えよう!
http://www.trijp.com/columbus/3-1-9-1.shtml

ウイン-ウインの関係を求めて地方自治体と企業のタイアップが進む

  (2014年6月11日のTwittter)  
現行の人口増論議は姑息過ぎる。根本的原因除去策「基幹産業になれる森林産業育成→再生エネルギー開発→企業誘致→衰退地方再生→人口の大都市から地方への逆流」を講じるべし。地方行政参加型の企業誘致は豊かな新成長機会を生むことにも結びつく。
http://www.trijp.com/keizai-saisei/section8.shtml

アベノミクスの一環として広域地域の再開発が進む

   2014年9月5日Twittter
大都市から移住の若者が続出の米ポートランドは、日本の地方創生策「市民が中心部に住めるようにエコな都市再開発+高速道路を撤去して路面電車を広域敷設→人通りの多い地域社会に転換+住居・ 工場・農業の地域区分→人口増&省エネ実現」を示している。
http://www.trijp.com/heart4-2.shtml
   2014年9月8日Twittter
広島大災害の教訓「砂防ダム普及率20%+集中豪雨→土砂崩れ→大量死者」+国家財政危機+農業振興・省エネルギー・地方社会消滅抑止の必要性→中心地に人口集積→建物高層化→スマートシティ同関連需要爆発。新成長機会発掘には全体知が不可欠なのだ。
http://www.trijp.com/keizai-saisei/section1.shtml

具体化に走る前に独創的構想力ある人物捜しを優先させよう!

   (2017年3月22日のTwittter)  
映画『この世界の片隅に』は「資金不足でも地方創生可能」を示唆。情景「主人公は戦艦を描きスパイ容疑で逮捕→素顔が分り次第釈放→周囲は安堵感と滑稽さで泣きながら笑い転げ。ある日突然戦禍に襲われる」に視聴者が共感し、大ヒットになったからだ。
http://www.trijp.com/skype.shtml#c7
  (2016年2月12日のTwittter)  
旅館「里山十帖」の「ライフスタイル提案雑誌業経営→個性的シーズの継続的探求→宿泊客は新鮮な体験享受→深堀体験需要が後日発生+雑誌掲載商品をネット販売」は逆転勝利の参考になる。訪日客スルーの茨城県と同観光業者は創造力注入を急ぐべし。http://www.trijp.com/cts/cts-index.shtml
  (2014年10月1日のTwittter)  
「地方創生は猶予なし。にも拘らず妙案なし」と「企業再生は猶予なし。にも拘らず妙案なし」は同根。妙案創出力ある人材を抜擢できる権力者の情報ゾーンが固定化・陳腐化しているのだ。脱・閉塞を願うのであれば、人材ミスマッチ現象を好機と捉えるべし。
http://www.trijp.com/warsoukatsu/1-2.shtml
   (20174年4月16日のTwittter)  
北海道・四国JRの再構築の肝は「周辺地域特有の魅力を引出した駅間競争促進、乗車中に人的交流支援等→域内全セクターの相互依存拡充→外注の輪拡大→新ビジネス・技術誕生」への貢献。魅力的なアイディアとビジョンの創出に役立つ「三つの方法」有。
http://www.trijp.com/profile/index.shtml

独創的構想力ある人物の期待値は低迷セクターへの創造力の直接注入だ
   (2017年6月2日のTwittter)  
地方創生の起死回生策は「低迷セクターへの創造力の直接注入」。「本社機能欠如+グローバル化→産業空洞化→自立力喪失の人が増加→他人の面倒を見られない人が急増→自治体機能の喪失」に「保護貿易→内需拡大の必要性」が加わる傾向が出てきた故だ。
http://www.trijp.com/skype.shtml#hiden-ability

ひたちなか市平磯町振興に向けての発想  2017年7月8日記
 ひたちなか市平磯町は昔の面影を失い、寂れています。しかしながら、頭脳活動最適地であることを実感すれば、ここに東京から引越しを希望する人が多い筈です。課題である田舎特有の不便さを払拭するための布石となれるのが次の御宝開発です。

海辺を養殖場兼釣堀公園にする

 魚がかかり、釣り上げる時に味わえる快感は何物にも代えられないものがあります。無我夢中になれる。ストレスが糸を伝わって排出される。こういう体感が味わえるからです。ところが、3.11の地震が海底を破壊され沈下しために魚が大幅に減少して釣れなくなりました。

 この影響がある前から魚が少なくなったために隆盛を誇っていた平磯町の漁業はすっかり衰退。代替産業がないために平磯町の商店街は“シャッター通り”に近い状態になっています。

 海辺を養殖場兼釣堀公園にすれば、釣りの名所になれるだけではなく、漁業が復活するのではないでしょうか? 予算措置を講じて直ぐ近くにある水産研究所が稚魚を育てて定期的に放流することにより、生息する魚の量は保たれる筈です。(二つの堤防が超近海を囲い込んでいるので、魚の養殖に適していると考えられます)

 生息する魚の量が多ければ、釣れる確率が高まり、一匹も釣れない“おでこ”はなくなり、集客力はぐんと高まることでしょう。それに平磯町の海辺はオゾンとミネラルたっぷりの新鮮な空気を吸わせてくれます。楽しめるだけではなく健康回復にも役立つのです。

ロマンチックな海辺の景観に集客力を与える

 平磯町や殿山町の道路から眺めた海は美しい壁のように見える珍しい景観を呈しています。この道を遊歩道に相応しくすれば、外から来た人は「散歩をしながら不思議な海をのんびり楽しみたい」と思うことでしょう。(現在は車優先で歩行者は遠慮がち。しかも、道の周辺は殺風景です)

廃校予定の平磯小学校を改装して宿泊施設に転用する

 平磯町で楽しめるのは釣り、海辺の景観だけではありません。野菜、魚、肉もずば抜けて美味です。一泊して食事を楽しむに値します。常陸太田の穏やかな山並み、アメリカのCNNが「日本有数の観光スポット」というお墨付きを与えた国営ひたち海浜公園のことを考えると、現存の宿泊施設だけでは足りません。そこで、浮上してくるのが廃校が予定されている平磯小学校の有効利用なのです。

企業や知的職業人に「空き家や空き店舗がありますよ」と誘いかける

 訪れる観光客が多くなれば、“シャッター通り”に近い状態になっている平磯町の商店街に息吹が与えられます。平磯町振興はあと一歩です。ここで、考えられるのが空き家や空き店舗を活用するベンチャー企業、コンピューターソフト開発者、作家などの誘致です。


 平磯町の御宝はこれだけではありません。茨城県全体を俯瞰することによって発掘が可能になる大きな隙間市場も深く潜在している御宝です。

  2017年6月30日のTwittter
ダーウィン「最強者が生き残るわけではない。最も変化に対応できた者が生残った」は「“波乗り”経営が必須ではない。戦略発想に基づく仕組みでもOK」を意味する。A-Zの「超豊富な品揃え+24時間営業→多様なライフスタイルへの対応」が好例だ。
http://www.trijp.com/sps/sps-index.shtml
(関連記事 ⇒ 『日本のGDPは世界第3位(先進国の中では2位)。しかし、一人当たりでは26位from富士通フォーラム2016 特別講演レポート)

 「住民の意見も取り入れ、全ての御宝を有効に活用できるシナリオ化されたグランドデザインを策定して平磯町振興を図りたい。ついては新創業研究所の協力を仰ぎたい」と思われる方(企業)はメールを送ってください。(要再読 ⇒ 『前提認識』)

ダーウィン「最も強いものではなく最も環境変化に適応できたものが生き残った」を肝に銘じてポジショニングしよう! 銀行も例外ではない


女性の大胆な登用は「習慣の力打破→経営革命→業績拡大」の起爆剤になれる

性差は組織活性化に役立つ貴重な資源。マグマが溜まっている女性の大胆な登用は「習慣の力打破→経営革命→業績拡大」の起爆剤になれることを認識しよう!

  (2016年4月26日のTwittter)  
真田幸村が日本女性から圧倒的人気を博しているのは、価値観変化「長引く閉塞感+3・11後の価値観変化→自分らしく生きたい思いの募り」に起因するのだろう。安定枠組みを求めて右往左往する男性は嫌われる。イノベーションのロジックを注入しよう!→http://www.trijp.com/

 活力ある社会の源「多様性」を“男社会”が阻んでいることを認識しよう!

  (2016年11月2日のTwittter)  
新成長機会発掘力欠如&女性活躍困難は同根。背景に日本の宿痾「不易流行性無縁→非常時密着人物忌避→前職復帰困難等々→人間関係固定→老害発生の仕組み作動→新思考受入拒絶」がありそうだからだ。最善の処方箋は人材ミスマッチの打開と心得るべし。
http://www.trijp.com/warsoukatsu/1-2.shtm
  (2016年4月23日のTwittter)  
「女性活躍がないと死ぬ」のは「男社会の弊害→女性がスルーする企業→老害発生→消費者志向のアイディア枯渇→限界企業」故だ。「労働時間は付加価値に直結しない」「群れる必要性は消失」を認識して、在宅勤務などの新しい仕事の仕組みを開発しよう!http://www.trijp.com/cts/cts1-2-2.shtml

性差と個性ある人間理解のあるべきスタンス確立が肝心要であることを認識しよう!

  (2015年4月11日のTwittter)  
「仕事の行き詰まり・機会大幅不足→成長と脳力増が困難→退職」となっている女性が多いのは「努力継続力不足→“ガラスの天井”→諦め」故かも。最善の予防策は「今の立場の適切で好きな道化→継続的脳力進化の実感→マイペースの享受」となることだ。
http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml
  (2016年4月20日のTwittter)  
濃密な人間関係→村八分の危険性→進取の気性発揮困難→老害発生の仕組み作動→女性が忌避→消滅危機度No1化…の粟島浦村は他人事に非ず。優勝劣敗が明確になる社会を生き抜くために急ぐべきは「磨くに値する才能の確信。これが意欲の源」の認識だ。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml


 上記コンテンツは「斬新な着眼の有無が問題解決策の質を決める」の考え方に基づいて作成し直したものです。「販売部数が伸びる本になるコンテンツにして欲しい」と思われる出版社はご連絡ください。→電話「262-229-0260」 or メール




 悩み事相談skype電話ご訪問…のいずれでもOKです


▲トップ


トップページ