[TRI] Total Renovation Institute 新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225

新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています

 産業・雇用・人材の一体改革が静かに進み始めた


創造力注入を急ごう!
─── 成長の限界は必ず打破できる ─── 

前提認識 新成長機会は過去の延長線上には存在しない

 2018年3月4日掲載

金融機関は借り手にイノベーションのロジックを注入しなければならない

企業診断の視点を様変わりさせなければならない

逆転勝利の千載一遇のチャンスが到来。縮み思考と決別しよう!

 2015年1月29日のTwittter
世界が混迷を深めているのは「(科学技術の進歩→便利故に動物本能喪失)+世の中の成熟・複雑化→精神的視野狭窄症→新成長機会発掘力欠如→デフレの深刻化」故。処方箋は「深刻な悩み事を解決しつつ問題解決脳入手→潜在事象発掘力強化」となることだ。
http://www.trijp.com/index11.shtml
   2014年11月14日のTwittter
日本経済に赤信号点灯の真因は増税に非ず。世渡り術の様変わり「和に好都合な曖昧模糊→洞察力と知的アクロバット力」への不適応症だ。ここにメスを入れない各セクターの対策は事態悪化を招くのみ。新時代の成功の鍵「潜在事象発掘力」を強化しよう!
http://www.trijp.com/index11.shtml
  (2015年1月31日のTwittter)  
ピケティ著『21世紀の資本』は「環境不適応の教育→成長の限界」と解すべし。世界史は「新成長機会が顕在→凡人でもOK→資本主義順調」から「新成長機会が深く潜在→凡人ではNO→資本主義不順調」になったのだ。潜在事象発掘力を急いで強化しよう!http://www.trijp.com/index11.shtml

必要とされる人材・取引先は過去と今後では大きく異なる」に気づけば、万事OKとなる

   2014年5月24日のTwittter
 藤森義明「優秀な社員には繰り返し挑戦させる」は「(世の中の成熟・複雑化→好機発掘困難化)+(長年のその場しのぎ→習慣の厚い壁)+IT革命→誰でもやれる仕事の激減」故と解すべし。潜在事象発掘力・やる気が身に付く日記指導分析に注目しよう!
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml
  (2015年2月4日のTwittter)  
ピケティ氏主張は「企業間格差拡大→限界企業続出」に結びつく。画期的新商品開発が困難な限り、地球的事業展開力がKFSになる故だ。中小企業は「創造的知力結集力ある個人を臨時登用→新成長機会発掘→規模小でもOKの高付加価値経営」を目指すべし。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml

マンネリズムの源「老害発生の仕組み」は命取りになる時代になった

  (2015年5月11日のTwittter)  
「日本の大手メーカーから斬新なヒット商品が生れなくなって久しい」のは「陳腐な枠内思考にしがみつき→成功中に組み込まれた失敗因子放置」故だ。「挑戦精神が欠けているから」は陳腐すぎる。学問力・発想力の飛躍的強化に向けて人生の舵を切ろう!
http://www.trijp.com/skype.shtml
  (2015年6月2日のTwittter)  
“斬新さ”は家電ベンチャーが担い、大手が披露する新製品の影希薄化は「古き良き時代の習慣がロックイン→脳内シソーラス機能の陳腐化→伝統的手法であるカイゼンにしがみつき」故。他人事に非ず。長引く閉塞に悩む人は老害発生の仕組みから脱出すべし。
http://www.trijp.com/chiryoku80/chi01.shtml
  2014年9月10日のTwittter
ソニーの業績低迷は「新陳代謝がうまくいかなかったからだ」ではなく、「市場爛熟→技術開発に立ちはだかる漸近線の壁→大きな隙間市場発掘の企画力不可欠」に適応できなかったからだ。他山の石にしたければ、世の中を支配するロジックの変化に気づこう!
http://www.trijp.com/columbus/3-1-9-1.shtml

 独創的構想力が最重要の経営資源になった

    2014年9月30日のTwittter
技術革新はトヨタにですら「自動運転OK&ネットワーク連繋+自由自在の行動需要拡大→動くオフィス需要の拡大→顧客・技術・取引先とのしがらみが足枷→市場撤退へ」を迫る。負け組が夢の逆転勝利を収める唯一の条件は適切な異変待ち受けになったのだ。
http://www.trijp.com/approach/sfa01-4.shtml
  (2016年2月7日のTwittter)  
IoT普及は「独創的発想力があれば、怖いものなし」に結びつく。この認識なく「格差問題解決困難化の元凶は安倍政治」云々を続ける野党は方向音痴。統合→政権奪取…は日本没落に拍車をかける。急ぐべきは「創造的統合戦略脱・ぶら下がり体質」だ。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-3.shtml
 (徒手空拳の起業が容易になります。大企業がサプライ&バリューチェーンの支配力を使った妨害が困難になるからです。一方において、歴史ある大企業であっても新成長機会発掘力が乏しいと、存続が困難になります。いいかえれば、IoTは日本再生の希望の星です)
    (2016年3月12日のTwittter)
ガレージスミダの「持ち込まれた案件+製品化可否の判断力→工房での試作品開発」が世界初の微・強風でもOKの風力発電機を誕生間近にしている。発想力があれば、新成長機会無限の時代が到来したのだ。アベノミクス成功に不可欠な創造力注入を急ごう!
http://www.trijp.com/approach/sfa02-6.shtml
   2014年9月6日のTwittter
地方社会の衰退は「(中小企業保護政策+高度成長→雨後の筍の如く中小企業誕生)+長期デフレ→中小企業の脆弱性露呈」に起因する場合が多い。地方創生を可能にするのは、新思考「未来開拓を可能にする個人の潜在力が極めて重視されるようになった」だ。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml

残業代を稼ぐための長時間労働が常態化している企業は生き残れなくなる

   2014年10月5日のTwittter  
女性の敵「擬制的家族経営」消滅の歴史的必然性あり。新成長機会発掘力強化が不可欠になり、“金太郎飴”よりも創造力、群れるよりも自己研鑽が重視されるようになったからだ。この延長線上に待ち構えているのがホワイトカラー・エグゼンプション。
http://www.trijp.com/persona/1-4-7.shtml
  2015年1月27日
ホワイトカラー・エグゼンプションの全面的な否定は“環境音痴”現象かも。新時代は「強い脳力進化欲求→労働ではなく喜働へ→残業代無関心→仕事漬け人生→垂涎の的となる脳力の持ち主へ」を要求している面ありを認識すべし。心にスイッチオンを急ごう!
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-3-1.shtml
  (2014年11月11日のTwittter)
世界第104位の男女格差&先進国中最低のホワイトカラー労働生産性は「異俗排除→老害発生容易化→進取の気性希薄化→マンネリズム」に起因する。その先は「脱・閉塞困難→没落路線」があるのみ。今の立場を適切で好きな道にして積極力を身につけよう!
http://www.trijp.com/hp_digest-old.shtml
  (2014年5月26日のTwittter)  
少子高齢化を日本の福音にしよう!「高質労働力の不足→経営の抜本的改革先進国中最低のホワイトカラー生産性是正」が期待できるからだ。急ぐべきは、創造的問題解決を可能にする「調査と構想・独創を並行できる質疑応答」達人の登用・養成だろう。
http://www.trijp.com/skype.shtml

適切なoff-JTの継続が新成長機会発掘力の強化に結びつく

  2014年6月4日のTwittter
 ボディビル効果の筋肉が実践に即役立たないのは「脳細胞間の円滑なネットワーキングに組み込まれていない→増強筋肉が臨機応変の行動に結びつかない」からだ。同じことが詰め込んだ知識・集合教育にも当てはまる。ここに、日記分析指導の意義がある。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml
  2015年12月12日のTwittter
脳力進化が不可欠な時代、研修や自宅でのリポート作成は本人の利益になる。にも拘らず「ワタミ過労自殺、1.3億円支払い」となったのは「内発的動機に基づく自己決定→脳力進化実感」となっていなかった故だろう。ここに、日記分析指導の意義がある。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml

中間管理職には部下と共に問題解決をする脳力が求められる

   2014年9月13日のTwittter
経営者の慨嘆「長期デフレ→縮小均衡経営→新卒採用大幅減→中間管理職候補大幅減→成長戦略採用困難」は誤り。「超社員抜擢→ウルトラナレジマネジメント体制→人材育成と業績拡大の両立へ」の道があるからだ。ビジネスクリニクの活用を真剣に考えよう!
http://www.trijp.com/approach/sfa02-4-1.shtml
  (2014年8月17日のTwittter)  
資本収益率が経済成長率を大きく上回る時代への逆戻りは「新成長機会深く潜在→潜在事象発掘力不可欠→業績・所得格差拡大」故。企業は「競争促進→“超社員”中心経営→ウルトラナレジマネジメント→有能社員輩出」実現に向けて思い切って舵を切ろう!http://www.trijp.com/approach/sfa02-4-1.shtml
   2014年9月15日のTwittter
中間管理職に卓越した枠外思考が求められる時代がやってきた。新成長機会の潜在性は増す一方なので、求められる職務は「レールの上を効率よく走る」ではなく「新しいレールを敷く」になったからだ。生き残りたければ、構想力・独創力を急ぎ身につけよう!
http://www.trijp.com/heart4-6.shtml
   2014年9月16日のTwittter
部下「叱られるのが一番嫌」、上司「意思疎通が一番苦手」。さりとて、腫物を触るような部下との接触では所期の業績を挙げられない。「今の立場の適切で好きな道化→泰然自若化→部下の性格と歴史的立場洞察へ」の誘導を可能にする悩み事相談を勧めたい。
http://www.trijp.com/heart4-7.shtml

 企業は全社員共有の目標を追う経営をしなければならない

  (2014年10月5日のTwittter)  
日本の女性とアジア企業に勢いがあるのは、明確な到達目標があるからだ。マンネリズムは自殺行為。そうなりたくなければ、「自分を活かし切る新創業に邁進→脳のスイッチのオン・オフ繰り返し→直観回路抜本的強化→新成長機会の継続的発掘」となるべし。
http://www.trijp.com/index12shtm
 (挑戦力の源「眼窩前頭皮質」を刺激したければ、明確な目標を追うようにしなければならないのです

アベノミクスの先には金融機関の淘汰が待っている

金融機関を追い込んでいる覚醒剤「日銀マイナス金利」は効果が出るまで拡大される

  (2016年2月10日のTwittter)  
脱・泥舟「日本」に必要なのは「ゾンビ企業・個人の排除→産業再編成促進→生産性向上」。これに役立つのが日銀マイナス金利導入&IoT普及&TTP批准&転職促進。ぶら下りは共倒れ。生抜き策「新成長機会発掘力強化」に必要なのは小さな勇気だけ。
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml

泥舟「日本」救出を困難にしているのは宿痾であって少子高齢化ではない

  (2016年1月23日のTwittter)  
安倍首相は覚醒すべし。経済低迷の主因は「人口増→供給増→消費増…時代終焉/未来開拓力軽視の人事→創造力不足の経営上層部/国民一般のぶら下がり体質→経営上層部への批判精神欠如/人材ミスマッチ大国」にあるのであって、少子高齢化に非ず故だ。
http://www.trijp.com/wsp/wsp2-1-1-3-2.shtml

 日本経済再生に向けて“苦い良薬”が次々と投与されている。ぶら下がり族の没落と自助努力組の躍進が明確になる(産業・雇用・人材の一体改革が静かに進み始めた)

   2014年5月23日のTwittter
「優良企業にのみ恩恵がある法人税引き下げ、TPP新戦略特区」の背景には「国家財政危機+地球経済→日本経済の生産性抜本的強化不可欠→戦後復興・再建の付けである農業・零細企業等の超低生産性部門の改革」がある。マンネリの個人も覚悟が必要
http://www.trijp.com/index13.shtml
  2015年12月15日のTwittter)  
安倍政権の政策「ゾンビ企業存続困難化→産業再編成→日本経済の生産性向上」は泥舟救済のために必要不可欠。藤井民主党顧問の外形標準課税拡大反対論は全体知欠如症の典型例。頭を良くする方法でもある「新成長機会発掘の秘訣」(動画)を視聴しよう!
http://www.trijp.com/pr/pr-index.shtml
  (2015年10月19日のTwittter)  
マイナンバーTTPには「社会保障費と税負担と国際競争に耐えられぬ企業が続出→古き良き時代が生出した“ぶら下がり族”排除に結びつく産業再編成→先進国中最低の日本経済生産性向上」のシナリオが秘められている。新成長機会発掘力強化を急ごう!
http://www.trijp.com/persona/6-1-6-2.shtml
 (マイナンバー制度効果「簡単に名寄せできる→社会保障費の不払いや脱税摘発が容易になる→低収益企業は存続が困難になる」。これにTTP効果 「ヒト・モノ・カネが域内で自由に移動できる+域内の企業のみに有利な交易条件が与えられる+国の恣意的な判断を抑止するISD条項がある→個人も企業も安心して域内での投資を行える→自由競争がパイの拡大を伴いつつ促進される」が加わると、生き抜くために産業再編成と企業人の脳力アップは待ったなしとなるのです)

 既得権益などの利害が錯綜する上に、習慣の力が働きやすい時代において問題を創造的に解決するためには、上記したようなシナリオ発想が必要不可欠になったことをご認識ください。(関連記事 ⇒ 『難問解決手法「シナリオ発想」力を磨こう!創造的統合戦略』)

  (2015年10月13日のTwittter)  
1億総活躍社会は「(TTP批准→競争力強化不可欠)+若者がのさばり、かつAIが普及する時代→潜在脳力引出し者増加→加齢に応じて脳力進化→生涯現役者増加+生産性向上→社会保障費大幅削減OK→泥舟化した日本経済再建」の脈絡の中で捉えよう!
http://www.trijp.com/heart4-4.shtml

労働不足時代、「改革→生産性向上→労働条件改善」とならない企業は存続できなくなる

  (2016年3月3日のTwittter)  
安倍首相「同一労働、同一賃金」は、日本経済再生に結びつく苦い良薬になる。労働者の選別加速→AIの普及加速→労働生産性の飛躍的向上…が期待できるからだ。サバイバルに成功したければ、苦境から脱出できない根本的原因を認識した対策を講じよう!http://www.trijp.com/approach/sfa03.shtml
   2016年3月18日のTwittter
安倍政権が敢然と進める「かとく」が日本経済再生に結びつくか否かは、企業経営の舵取り次第。動機「人員補充→コスト増→高付加価値経営の必要性認識」と市場実態「豊かな新成長機会存在」があるからだ。適切な舵取りに必要なのは、社長力抜本的強化。
http://www.trijp.com/approach/sfa02-3.shtml

銀行は覚醒しないと、消滅する
  (2016年12月5日のTwittter)  
「このままでは銀行が潰れる」は「新成長機会深く潜在化+融資審査姿勢不変→企業の銀行離れ」故。「受取った事業計画書には何か凄いことが秘められているかも」と受け止める「概念拡大と論理化型の議論」ができる深層事象発掘の達人を登用することだ。
http://www.trijp.com/approach/sfa01-2.shtml

企業経営のインフラ・金融機関経営の革新が期待されている

 ビッグチャンスを狙うに相応しい脳力が身についていないのはどうしてなのでしょうか? 実質的社会主義の悪影響「和優先の習慣 ⇒ 対異論免疫力欠如 ⇒ 弁証法的思考無縁 ⇒ ナアナアに逃込み ⇒ 専門家を初め日本人に潜在しがちな致命的弱点放置」の所産です。

 この由々しき図式から抜け出せないのは「世界中に工業化の大きな余地があった + 日本人のモノづくり力は世界一である + 村落共同体の遺伝子があるが故に日本モデルが自然に根付いた ⇒ 量産量販路線をひた走りできた ⇒ 戦後の荒廃を克服して短期間に世界第二位の経済大国になった」ことから生まれたロックイン状態の習慣が災いしているのです。ここに、金融機関経営革新への期待があるのです。

「審査」から「創造力注入」に努力のウェイトをシフトしなければならない

 融資申し込みの際に提出される事業計画書を通り一遍に審査するのではなく、「何か凄いことが秘められているかもしれない」という意識の下で────

 関係者が事業計画書に基づいて徹底的に議論し、録音する ⇒ 融資申し込み者が録音内容を総合的創造的に考察して事業計画書を練り直して、脳細胞間の円滑なネットワーキング力を身につける ⇒ 関係者が事業計画書に基づいて徹底的に議論し、録音する・・・・・──、という作業を行い、融資を受けた企業が業績を伸ばした実績を積み上げていく必要があります。(議論を主導する人物を選定する際の参考資料 ⇒ 『創造力注入家・渡辺高哉の特技』)

 しかし、融資申し込みを行う企業が少なければ、上記努力の意欲が湧きにくくなることでしょう。そういう場合は、上記の成果を積極的に宣伝するだけではなく、業績拡大のための懇談会などを行い、秘めた能力を自覚させて融資申し込みを誘導する必要があることは言うまでもありません。(参考記事 ⇒ 『低迷から躍進に転じた例は数多い。この背景に創造力の注入がある』)

調査と構想・独創を並行できる質疑応答の達人不在が会議を空転させている。自前主義に固執は悪しき習慣だ

 2014年11月29日Twittter  
適切なアイディア・質問が出にくくなったのは「セクター間の相互依存拡充等→世の中複雑化→好機・脅威が深く潜在化」故だ。難問解決策の熟考→脳細胞間の円滑なネットワーキングへ→斬新な着眼入手→閃き…となることだ。ここにワタナベ式の意義あり。
http://www.trijp.com/
  2013年10月8日のTwittter
「読解・数的思考能力、日本1位」「東電・みずほ銀行等の杜撰、多くの企業の長期業績低迷」は「既存の回答発見は得意だが、核心洞察力欠如」の所産だろう。調査と構想・独創を並行できる質疑応答の達人不在が会議を空転させている事実に気づこう!
http://www.trijp.com/skype.shtml
   2015年1月26日のTwittter
殆どのセクターが混迷状態に陥っているのは「世の中が様変わり→経験則の陳腐化」に鈍感すぎる故だ。「企業経営の世界で必要なコンサルタントは弁護士と税理士だけ」と言う人が少なくないのが何よりの証拠。この認識がない新聞は存続しなくなるであろう。
http://www.trijp.com/hp_digest.shtml

学問力・発想力の抜本的強化が「脱・閉塞→順調継続」を可能にする。融資申込者に潜在事象発掘を目的とするQ&Aサービスを提供しよう!

  (2015年9月28日のTwittter)  
「私は有益なアイディアを発想する才能がない」は嘘。「頭の中が空っぽ」が真実。「どんなアイディアが必要か」から出発するプロフェッショナルQ&Aサービス→納得いく問題意識の確立→意欲満々の情報取集→生き生きした企画立案へ…を目指すことだ。
http://www.trijp.com/trij_intro-1.shtml
  (2015年2月2日のTwittter)  
ピケティ氏が講演で提唱した「格差是正へ『若者減税』を鵜呑みにしてはならぬ。脱デフレがままならぬ日本社会に必要なのは「総合的創造的脳力者が提供する執拗なQ&Aサービス脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化→潜在事象発掘力入手」なのだ。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml
 2015年2月28日のTwittter
「勘のいい人は同じ話から色々きっかけを掴み、商売を創り出せる」のは「試行錯誤を厭わず考え抜く習慣が脳細胞間のネットワーキング力強化に結びつくからだ」と考えるべし。諦める必要はない。 創造的総合的脳力者の執拗なQ&Aサービスがあるからだ。
http://www.trijp.com/approach/watanabe-apply.shtml

「地方の衰退=巨大な市場潜在」×助っ人「総合的創造的脳力者」=低迷金融機関の躍進

 2018年3月3日のTwittter
第4次産業革命は「蛸壺型社会→内と外の人間関係→適材適所が困難な人材ミスマッチ大国新成長機会発掘困難/本社機能が東京に集中+企業の海外進出→本社機能なき地方経済の衰退」の打破の可能性有。但し、銀行はイノベーションのロジック注入業に転換しなければならない。→http://www.trijp.com/#watanabeshiki

自分を知り、自分を愛する人間が高付加価値経営を可能にする





 悩み事相談skype電話ご訪問…のいずれでもOKです


目次

▲トップ トップページ