[TRI] Total Renovation Institute 新創業研究所(古河イノベーションセンター)
〒306-0024 古河市幸町4-31(来客用駐車場があります)→道案内
東京から乗換なしで60分前後の古河駅から徒歩13分です→鉄道路線図
E-Mail: info@trijp.com
TEL 0280-23-3934
2022.6.8更新

イノベーションのロジックを注入する「ワタナベ式問題解決へのアプローチ」

私共のホームページをお訪ね頂き、ありがとうございます


最後の頼みの綱である渡辺高哉の人物像 超優しいパートナー節子の人物像
仕事以外でご用のある方の電話 ⇒ 0280-23-3937
HPの住所と電話番号の変更は、健康回復目的で転居を重ねたために継続中です

所定の手法を採用させて頂ければ、どんな企業でも業績拡大を誘導できます
所定の手法は業績拡大誘導策「六つの選択肢」として存在します。いずれも「陥っている状態の原因の解明と打開策の策定をクライアントと私共が共同で行う」が中心テーマです気に入った選択肢をお選びください。選定に迷ったり、手法に不明点がありましたら、Q&Aサービスを読んだ上で、「メールでQ&Aする→電話相談の日時を確定する」という手順を踏んで無償Q&Aサービスをお受けください。社長必読の参考資料 ⇒ 『斬新な着眼集』

  社長に「裸の王様になっていないか?」を自問自答して頂きます。必要であれば、プロフェッショナルQ&Aサービスをご利用ください(選択肢1)
(2022年6月6日Twittter)  
新しい資本主義の工程表(岸田首相肝入り)は、アベノミクスと似た運命を辿るかも。起死回生策は「摩擦を恐れる余りの『上っ面を撫でるが如き対策』と決別→難問に遭遇する度に深層事象発掘型Q&A→脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化」。「根本的原因解明→再生」なのだ。
(2022年6月7日Twittter)  
「円安進展→産業国内回帰」「所得分配促進→低所得層の給与・教育の水準上昇」が「競争力強化→産業振興→雇用力強化」に帰結するとは限らない。新成長機会深く潜在化時代に必要なのは、脳細胞間の円滑なネットワーキング力の持ち主。「AI普及→ぶら下がり族不要化」なのだ。

  長期閉塞の元凶は「明治以来の学歴等の表層的履歴重視の悪影響。この打破を可能にする創造力注入をさせて頂きます(選択肢2)
(2021年7月7日Twittter)  
人材ミスマッチの原因は「(封建・鎖国の徳川幕府→日本全体の統治→緊張感喪失→政権の堕落)+(欧米による日本支配の危険性→挙国一致体制の必要性)→明治維新下の四民平等→人材評価基準は学歴に→視界不透明化に伴い学歴等の表層的履歴の無力化」。創造力注入の意義有。

企業の低迷続きの原因は、「現実直視力が欠如している。現実直視力が強化されても斬新な着眼力が欠如している」です。これを創造力注入により取り除かせて頂きます。そのためにあるのがマジカルパワーを持つ会議です。

私共が次々と繰り出す質問にお答え頂く。それだけで分野や立場を問わず満足できる結果を導き出します。 (Q&Aの具体例 ⇒ 『戦後最大の謎・三億円事件の総合的創造的考察真空機器振興ビジョン』)

  脱「ロックイン状態の習慣」のためにマインドセット再構築をして頂きます(選択肢3)
(2022年5月29日Twittter)  
ジグソーパズル思考力強化に必要な人生行路は「今の立場の適切で好きな道化→前向きの動機注入→発見した好機を万難を排してやり遂げる意欲横溢→創意工夫へ」。こうなった人材を大事にしないと、あたら人材の組織離脱を招くのは必至。個の情熱に賭ける企業経営は不可欠だ。
(参考資料 ⇒ 『脳力の継続的強化の期待値はジグソーパズル思考力の強化』)

「かくかくしかじかだからこうしていた/かくかくしかじかだからこうしなければならない」となり、その上で、マインドセットを再構築して頂きます。前段のためにあるのがポジショニング、後段のためにあるのがワタナベ式問題解決へのアプローチです。期待値はジグソーパズル思考力の強化です。

  複雑時代の敵「短絡思考」是正のために視野狭窄症を治させて頂きます(選択肢4)
(2021年7月7日Twittter)  
熱海の土石流災害の原因は「“波風”忌避文化→ピンポイント知見無縁→大きなリスク(盛土された地中に水が蓄積+集中豪雨→土石流災害)を孕んだまま大事が決定」に有。「長年に亘る底辺への競争→辛うじて生存」「社会のシームレス化必至→優勝劣敗明確化必至」の企業も同類。
(参考資料 ⇒ 『情報化社会における情報不足現象に気づかなければならない』)

悪しき連鎖「視野狭窄症 ⇒ 短絡的判断深く潜在しているが無限てある新成長機会逸失 ⇒ 日本経済がコロナ禍以前から地盤沈下続き」を絶てるようにさせて頂きます。そのためにあるのが潜在事象発掘型Q&Aサービスです。

(参考資料 ⇒ 『アイディアが出されても、ニーズには本当と嘘がある…のを知らず失敗した事業は多い新型コロナ禍と経済長期地盤沈下が暴露したイノベーションの敵(日本の欠点)打倒策』)

  情報化社会における情報不足現象打破の特効薬を提供させて頂きます(選択肢5)
(2022年5月28日のTwittter)  
愚鈍化した組織人に必要なのは、卒論が書けず悩んでいた女子大生への指導要領「何をなぜ主張したいのか?…を巡る執拗なQ&A→興味津々の心境で文献の収集・読了→脳細胞間の円滑なネットワーキング力の入手→閃きを具体化目的の文章作成」が必要。新規事業開発の誘導も同じだ。https://www.trijp.com/trij_intro-1.shtml#think-power-up

新成長機会発掘がままならない原因は、才能が生来欠如していることにあるのではなく、脳が「博覧強記 ⇒ 脳細胞間の円滑なネットワーキング ⇒ 閃き」という状態になっていないことにあるのです。この打開策となるのが“最後の頼み綱”との執拗なQ&Aなのです。

  マインドセット再構築の限界「思考枠」を拡大させて頂きます(選択肢6)

長く続いた微調整有効時代の習慣が様変わり環境への適応を困難にしていると、マインドセットを再構築しても縮み思考が治りません。これを打破させて頂きます。そのために用意されているのがブレーンストーミングサービスです。

御社の業績の足を引っ張っている心理的レッテルを剥させて頂きます(選択肢7)

固定観念の罠にはまっていると、「こうなりたい」と思ってもままなりません。「わが社はファッション・リーダーになれない」と思い込んでいる ⇒ 後発組が先発組に勝つことを可能にする異変待ち受けの気持ちになれない ⇒ 異変待ち受けの結果「緻密な仮説」を入手できようがない ⇒ 旺盛な問題意識がないので、金言「事実は見方次第」を有効活用できない───、という状態が例です。 こういう状態を打開するためにあるのが心理的レッテル剥しの手法「イメージ刷新」です。


 Q&Aサービスを受けるに際して、渡辺高哉の質問に円滑に答える自信がない場合は「緻密な仮説設定の効用を認識し、寡黙ではなく能弁になれるような準備」を参考にした準備をしてください。それが無理であれば、「本人が準備を一切しない丸投げをした場合の作業手順」が用意されています。


「ぶら下がり族=自滅族。逆も真」になったことをご認識ください
日本を支配してきた慣行からの脱却を急がなくてはならない(理由1)
 2022年3月14日Twittter  
日本文化「零リスク信奉」の罪は大きい。「GE製原発をそのまま設置→地下電源故に津波被害」「風評被害→汚染処理済み水放出反対」「減点主義→新成長機会発掘低迷」「歴史的事実軽視→モリカケ問題」故。思考の三原則「全体を見る/長い目で見る/根本的に考える」の意義有。https://www.trijp.com/approach/sfa03.shtml#takaya-talent

議論抑止文化の弊害を除去するためには外部の力が必要である(理由2)
 2022年3月15日Twittter  
零リスク信奉文化が生まれた原因は「リスクを問題にすると、意見が百出して集団の和が乱れる→ナアナアへ」にある。この発展形が「問題詰め抜き回避→知的アクロバットを伴うジグソーパズル思考無縁+深刻な事態(原発激甚事故等)発生」。創造的衆知結集力臨時登用の意義有。

平常時には強いが、異常時には弱いのが日本(理由3)
  (2021年3月27日Twittter)
ゴーン日産自動車元会長「日本人はとても規律正しいが、行動は非常に予測が容易だ」を重く受け止めよう!日本経済長期地盤沈下の原因は「自由奔放な思考・行動の忌避社会→レールの上の効率よい走行は得意。レールの新規敷設は不得意」故だ。達人とのブレストを強く勧めたい。https://www.trijp.com/approach/sfa03.shtml#free-talking

認識を急ぐべきは日本的集団主義の悪影響(理由4)
 2021年4月12日Twittter  
日本経済衰退の主因は「日本の歴史的特徴→自由自在な行動困難→成行き任せの人生→過去の歩みの理由づけ困難→ロックイン状態の習慣のなすがまま→環境が様変わりしても人生再構築困難」。このままでは独立維持は困難。急ぐべきは「今の立場の適切で好きな道化→内発的動機に基づく意思決定力入手」。

甘やかしは親切に見えて実は不親切(理由5)
  (2020年12月7日Twittter)
三島由紀夫人気は「経済力強化に必要なのは『自立精神→目標を追う人生→脳の活性化→学問力・発想力の強化』」「中国の台頭→米国依存の賞味期限切れ→日本経済の弱体化」「新型コロナ禍に対する財政支援→自立精神弱体化」に由来…と考えるべきかも。自助否定の野党は愚鈍。http://www.trijp.com/#watanabeshiki

「単なる知識人は不要、理屈ぼっく知識を練り上げる人は垂涎の的」(理由6)
 2021年8月2日Twittter  
「情報化進展→知識の蓄積・陳腐化の同時進展」時代。必要性が増す一方なのは、問題解決に直結する知恵を提起できる人物。目指すべき人生行路は「今の立場の適切で好きな道化→飽くなき問題解決意欲→試行錯誤を厭うことなく努力→脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化」。

信じるべきは土壇場の閃き(理由7)
  (2020年1月5日Twittter)
組織人のイノベーションが困難なのは「ナアナア習慣→思考力強化困難→異論押し潰し容易」故。打開策は「試行錯誤を厭わず夢を長年に亘って追及→脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化→土壇場の閃き→イノベーション成就。個人的な条件だけで分厚い壁を突破した具体例有。http://www.trijp.com/chosaku/20030311-3-2.shtml
  (2021年4月17日Twittter)
「苦境=好機」の条件は「表裏一体」思考。新型コロナ禍で売上零の観光レジャー予約サイト運営会社が「逆に忙しくなった企業に社員出向、蓄積技術活用→日時指定切符システム開発→娯楽施設の密問題解決等」により4ヵ月で過去最高益が例。社長に必要な資質は「決断・忍耐・好機洞察・果敢な行動」。

脳力の継続的強化には“新しい日常”が必要不可欠(理由8)
  (2022年3月22日Twittter)
新しい日常「オンラインコミュニケーション→多様な個性認識→個性的才能を引出す性格診断各人各様の行動力学洞察力強化→脱『ウチとソトの人間関係』→オープンリソース経営参加→脳細胞間の円滑なネットワーキング力強化→誇りある生涯現役へ」。これが存立基盤の期待値。https://www.trijp.com/w/w-index.shtml#kamihitoe

脳力の継続的強化の期待値はジグソーパズル思考力の強化(理由9)
  (2022年3月23日Twittter)
新しい日常の効用は「脱・精神的な視野狭窄・拘禁服着用症→知的アクロバットを伴うジグソーパズル思考力の強化大きな隙間市場発掘」。企業人の要認識は三段階の不可欠「雇用力強化→需要増→新成長機会発掘力強化」。アベノミクスの延長や新資本主義では救国不可能なのだ。


悩み事の根底にある精神的視野狭窄症の詳しい説明をさせて頂きます
 チャンス逸失・ピンチ招来の源『精神的な視野狭窄症』に罹り、深刻な悩み事を抱えるに至る。こういう事態の背景には、次の図式があることがしばしばです。

 横並びや惰性で生きてきたので、太古から延々と続いてきた日本的集団主義年齢輪切り社会…等の影響を強く受けた状態で人生を送ってきている ⇒ メリハリのある思考とは無縁になる (惰性に支配される思考になる) ⇒ 心が自分の欲求に合うものだけに集中し、他のものを排除しがちとなる ⇒ マンネリズムに陥り、現実直視力を失う +(科学技術が進歩して便利な世の中になった ⇒ 試行錯誤的な思考をする機会が激減した)

 ⇒ 真の頭の良さの源「脳細胞間の円滑なネットワーキング力」の入手が困難になる ⇒ 自分の客観視を可能にする気づき(閃き)が得られにくくなる ⇒ 自らに貼られた(自ら貼った)悪しき心理的ラベルに支配される人生になる。

 全体知欠如症候群がそうであるように、精神的な視野狭窄・拘禁服着用症に罹っている人は昔から多く存在していましたが、深刻な悩みに至る人は限られていました。ところが、「先行き不透明感の増加」に「互助を可能にしてきた共同体の崩壊傾向が加わって、深刻な悩みに至る精神的な視野狭窄症に罹っている人が急増しました。

技術革新と社会慣行が精神的視野狭窄症の急増に加担しています
 科学技術が進歩して脳力の劣化を招いているのはどうしてでしょうか? 検査機器が普及したために、「尿や顔色や触診で患者を診断して仮説を設定する ⇒ 旺盛な問題意識を活用して仮説の検証と肉付けを行う ⇒ 適切な診断に基づく治療をする」という図式が実現しにくくなっている医師の世界を知れば、納得されるのではないでしょうか。

 深く考えないことは脳力進化の敵なのです。多くの日本人に染みついている「その場しのぎ習慣」の悪影響は大きいのです。「これではいけない」と思った人もいた筈です。ところが、複雑骨折のような日本の歴史的特徴が足枷となり、「政府、各種業界団体、企業、国民」という四重構造からなる「がんじがらめの縦系列」の壁の乗越えが困難になり、「諦める ⇒ その場しのぎに逃げ込む」となった人が殆どです。

 ここに、地殻変動を引き起こそうとして登場した民主党政権の意義があった筈です。ところが、日本経済再生に結びつかない「ばらまき政策」になってしまいました。どうしてでしょうか? 次の図式からなる「日本の宿痾」があったからです。

 国民を無能にする慣行 (実質的な社会主義体制、学歴主義、資格主義、実績主義創造的な計画軽視有担保原則、記者クラブ) が超長期間続いた ⇒ 過去の延長線上を歩んできた(環境適応のための舵取りに無関心だった) ⇒ 専門家を初め日本人に潜在しがちな致命的弱点「0か1かの短絡的判断」が根づいた ⇒ 「青年期以降からでもその気になれば脳力が成長できる」という意識が育たなかった

 ⇒ 閉塞状態深刻化という恐るべきことが待ち構えているかもしれないのに“その場しのぎのなれの果て症候群”を治す方法があることに気づきようがなかった。(関連記事 ⇒ 『陳腐化した枠内思考から脱却しないと生き抜くことが困難な時代になった人生を台無しにするうつ病に結びつく根本的原因洞察欠如がうつ状態からの早期脱出を阻んでいる』)


イノベーションのロジックを注入する「ワタナベ式問題解決へのアプローチ」の説明
 歴史的産物である「上記状態」は個性的才能を引き出す性格診断が個人的な打開を可能にします。しかし、皆と同じが一番の文化が染み込んでいる組織はそうはいきません。突出した思考・行動が採り難いからです。

 それでは企業は社会改革を待つしかないのでしょうか? 「否」です。「場当たり的問題解決の習慣がロックインしている ⇒ 問題の根本的原因解明とは無縁になっている ⇒ 斬新な着眼の入手が困難になっている」という硬直状態に組織的にメスを入れればいいのです。ここに、次の3段階アプローチ「ワタナベ式問題解決へのアプローチ」の意義があります。

「今のままでは駄目だ。なんとかしなくては」という状態になって頂きます
 「ロックイン状態の習慣新しいメガトレンド新成長機会発掘困難or経営破綻or閉塞状態の深刻化(具体例→『ポンポン船々長花形企業超赤字化現象失敗の原因』)」を認識して頂きます。

 私共との共同作業②③が円滑に行われるように「目的意識が適切、かつ明確になる→眼窩前頭皮質が良く刺激される→内発的動機に基づく意思決定力・計画性が引き出される→必要な情報や人の話がすいすい頭の中に入ってくる」となって頂くことが目的です。
「問題解決策が入手できそうでできない」という状態になって頂きます
 立ち往生の絵上に付した①の記載事項の実現のために、プロフェッショナルQ&A潜在事象発掘型Q&A等を縦横無尽に行わせて頂きます。

  「問題が発生し、閉塞状態に至った仕組みの根幹にある、相談者の行動力学を私共が見抜く→難問解決行動に必要な解決すべき問題の体系的理解を、相談者ができるようにさせて頂く→相談者のマインドセット再構築を誘導する→③の作業が容易になる」の実現が目的です。
「よしこれだ。何としてでもやり遂げよう!」という状態になって頂きます


 ①②の成果「当事者は情報活動の壁・固定観念が払拭できている上に、やる気になっている + 私共は当事者の行動力学を洞察している ⇒ 当事者の心にスイッチが入る行動計画を提起できる」を活用して、

 全ての人間が持っている執拗な思考・行動力の源「性格発衝動強迫」を適切に引き出せるように創造的問題解決策を提起させて頂きます。(期待値 ⇒ 『競馬馬のようにスタート・ダッシュする難交渉妥結の要諦は相手の性格と歴史的立場への配慮である


悩み事を抱えた人が助言を得ても適切な行動を採れないのは、「染みついた習慣が災いして改革に向けた一歩が踏み出せない」「複雑な事情が災いして円滑な第一歩が踏み出せない」「提起された問題解決策に納得できない」のいずれかです。この難問解決を可能にするのが3段階アプローチ「ワタナベ式問題解決へのアプローチ」なのです


 ワタナベ式問題解決のアプローチの必要性をM&Aを例に用いて説明しましょう。M&Aは極力避けたいのが人情です。したがって、必要性が痛感されても先延ばしされがちです。その結果、「時すでに遅し」となってしまいます。ところが、M&Aをしかける企業は新しい行動を引き出すために必要な「切迫感」があるために、積極的に行動します。

 新しい行動を引き出すためには「なんとしてでもやり遂げよう!」という挑戦精神が心の奥底から湧きあがってくることが必要不可欠なのです。ここに、執拗な思考・行動力の源「性格発衝動強迫」を適切に引き出すワタナベ式問題解決へのアプローチの大きな役割があるのです。(参考記事 ⇒ 『磨くに値する才能の確信。これが意欲の源』)

 自分の行動力学を知らなかったことが惰性に支配された思考・行動に、この思考・行動がチャンスを逸したり、ピンチに陥ることに結びついている。自分の行動力学を知ることは真逆の状態に結びつくのです。なぜなら、自分には執拗な思考・行動力の源「性格発衝動強迫」があることの理解が可能になるからです。

 人間理解のあるべきスタンスを持ち、「自分を活かせる人生を送れるようになる」と思えることが大事なのです。(関連記事 ⇒ 『老いていくのを待つだけの同級生・同期生悩み相談の事例集


 2014年11月29日Twittter  
適切なアイディア・質問が出にくくなったのは「セクター間の相互依存拡充等→世の中複雑化→好機・脅威が深く潜在化」故だ。難問解決策の熟考→脳細胞間の円滑なネットワーキングへ→斬新な着眼入手→閃き…となることだ。ここにワタナベ式の意義あり。


悩み事相談に使うメディアは原則として三択「skypeその他の導入検討中のWEB会議システム」です電話アールトークEX800等の電話会議システムを使えば、複数の人間が電話を使って会議に参加が可能になります。条件が整えば、古河イノベーションセンターへの訪問も可能→新創業研究所のご利用案内(サービスの選定・発想のためのチェックリストになります)



Google 検索 第1~10位 2020年1月5日現在
日本は人材ミスマッチ大国である適切で好きな道 / 創造力注入 /イノベーション力注入人生・仕事再構築プロジェクト / 閉塞状態脱出 /企業成長の4条件 / 世の中を支配するロジックの変化 /創造的統合戦略 /脳力のピークは80歳代 /総合的創造的脳力 / 創造的衆知結集力 / 難問の創造的解決 / 真空機器振興ビジョン / ノウハウの理論モデル化 /戦略発想力強化 / 交渉成功支援 /チャンス発見の秘訣異変待ち受け新成長機会 斬新な着眼 / 自分自身を命ある限り成長させ続ける / 低迷から躍進に転じた例は数多い / 新成長機会発掘の秘訣 / 今の立場の適切で好きな道化 /性格と歴史的立場 / 最重要なビジネス能力 / 隙間市場の発見・創造の秘訣 /新しいメガトレンドが生み出す好機と脅威 / 世の中を支配する新しいロジック / ウルトラナレジマネジメント / 固定観念の悪影響 / チームプレイの落とし穴「合成の誤謬」 / Q&Aによる創造的問題解決 / 現実直視力強化策 癒着型の人脈依存は時代遅れ / 新創業の心 / 夫婦完全融合 /逆転勝利の大きな可能性 公開可能な特技 / 全員参加型社会は必ず実現する / 性格と歴史的立場(この認識の有無が運命を決めがちです)/ スカイプを使った悩み事相談


 ▲トップ