[TRI] Total Renovation Institute Clear GIF 新創業研究所
E-Mail: info@trijp.com
〒311-1203 茨城県ひたちなか市平磯町414-7
 来客用駐車場があります
TEL 029-229-0225


新創業研究所が掲載した数多くの有益コンテンツがGooleで第1位にランクされています


【「ワタナベ式問題解決へのアプローチ」ご利用案内】


難問を抱えたらいわゆる専門家ではなく総合的創造的脳力者に相談しよう!
── 少女を翻弄した精神的視野狭小症の有名医師等の現実直視力欠如症候群の教訓 ──
 病気に例えると分かりやすいかもしれません。風邪が一向に治らない場合は、対症療法を止めて総合診断を受けてから専門医の世話になるべきです。専門医の治療をいきなり受けることの危険性を具体例で説明しましょう。

 中学生になって卓球部に入った少女がいました・・・・・・。首から背中にかけて激しい痛みに襲われ、睡眠不足も手伝って精神状態がおかしくなってしまいました。そこで、大学病院の整形外科で治療を受けました。ところが一向に良くならず、著名な精神科医に回されました。そして、「生い立ちから来る精神障害」という診断が下され、父親も「なるぼど」と納得しました。なぜなら、この少女は幼少の頃に母親と離別していたからです。

 ところが、はかばかしくない状態が続きました。そこで、父親はこの娘を「天才的」という評判の針医に連れて行きました。すると、この針医は少女をやや時間をかけて凝視してから、「お嬢さん、目が悪いのではないですか。眼科に行きなさい」と宣告しました。

 父親は半信半疑で眼科に連れて行き、視力検査を受けたところ、強度の遠視であることが判明。しかるべき処置をとることになりました。すると、急速に症状が良くなっていきました。(専門医師受難時代を示す他の例 ⇒ 『安易に胃薬を与えて病状を悪化させる精神科医はうつ病の実態に対応できていない』)

 日本の企業についても同じことが言えます。過去の延長線上を突っ走ることが明るい未来に結びつきにくくなったからです。こういう場合はどうすべきなのでしょうか? 下記に結びつく適切な総合診断を受けることです。このことは個人にも当てはまります。

 仕事熱心だし、勉強もよくしている。にもかかわらず、仕事関係での受けが芳しくない。こういうことの背景には、時代の変化に相応しく自分を再構築できていないことがしばしばあるからです。例えば、言語能力の重要性がクローズアップしてきている (詳しくは ⇒ 『適切なコミュニケーション能力が所得増に結びつく理由』) ことに気づいていない等がそうです。

 頑張っているにもかかわらず報われない。「これは」と思われる人から得た助言にしたがった行動を採っても事態は一向に改善されない。こういう場合に必要なのは、平均化社会にどっぷり漬かり続けることが醸成してしまった「人間の脳力には大きな差はない」「人間の脳力は青年期を過ぎると成長しない」という考えを捨て去ることです。(関連記事 ⇒ 『性格に振り回されていることが自分の潜在能力の殆どを未活用にしている』)

下記に示すように時代遅れになっている有名人 (権威筋)が多いことを忘れてはなりません。

 古き良き時代には必要がなかった鋭い直観回路に裏打ちされた「思考の三原則」(全体を見る/長い目で見る/根本的に考える)に基づくジグソーパズル思考力が欠落したまま有名人 (権威筋)になってしまった。そして、時代が変わり、脳力が陳腐化してしまったことが明らかになった。(関連記事 ⇒ エリートの知的能力は万能ではなくなった一人一人の“小宇宙”を理解した対策の必要性』)

 時代遅れになってしまった有名人 (権威筋)の地位が安泰なのはどうしてなのでしょうか? 実績主義、人間関係優先主義に起因する癒着型人間関係が日本の社会に色濃く残っているからです
。(関連記事 ⇒ 『日米のビジネス・パーソンの行動の際立った違い)

有名人 (権威筋)の脳力を判断するための事例
日本最大であったチェーン・ストアー経営破綻の真因
日本の医師は洞察力大幅不足になるしかない
委員会は首相指導力を補完できないままである
大変化に無策であったことが悲劇に発展した日本の製造業
新時代が要求するブレークスルー発想を行わず「枠内思考」に留まってしまう日本のエリートの実態
世界的権威であっても「組織の力学」に嵌ると道を誤る
複雑時代における専門家の陥穽
狭い分野の専門家にいきなり飛びつくことを避けよう!
全体思考力の欠落
日本の指導層が引き起こしているちぐはぐな現象(7例)

 有名人(権威筋)が上記したようなことになってしまった責任の一端は次のような事態に陥りがちな世の中にもあります。

 問題解決策を提起する前に、陥ってしまっている状態の構造を明らかにしようとしますと、過去の成功体験が多い人ほど、「問題点の指摘はもういい。問題解決策だけが欲しいのだ」と発言しがちです。このせっかちさは、単純な問題解決策で十分な時代が長く続いたので、「問題解決策=対処療法的対策」という固定観念ができあがらざるをえなかったことを考えますと、無理からぬものがありますが…

 婚活がうまくいかない。すれ違いがひどくなる一方の夫婦になってしまった。こういう事態の真犯人は固定観念が生み出す独り善がりであることがしばしばです。→結婚難の背景にも空回りの努力があることに気づこう!悪循環の夫婦関係がフィードバック回路を奪った


 創造力注入を急ごう!


トップページ




  企業の変身・成長を確実に成功させる秘訣

  コンサルタントの選定・登用の巧いやり方

  新創業研究所のご利用方法



 日本の企業が衰退路線から抜け出し、成長路線を再び歩めるようになるためには、3つの実行を急がなければなりません。

日常的に発生する問題の創造的解決策を適切なコンサルタントと共に創ることを通じて、ビジネス・パーソンの脳力を抜本的に強化する。

「新時代の特徴」「企業の秘められた得意技」「企業の願望」の3つを踏まえたビジネス・モデルを構築する。

新たに構築されたビジネス・モデルの円滑な運用に結びつく、「組織の革新」「経営のしくみ開発」を行う。


 このの処方箋の役割を担っているのが、なのです。






 悩み事相談skype電話ご訪問…のいずれでもOKです


▲トップ トップページ